鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

テレワークで活躍するツール6選を紹介

f:id:hato36:20201009104323j:plain

テレワークになって早数ヶ月。
私もいろいろなツールを取り揃えてきたが、改めてまとめて紹介したい。

 

快適に持ち運びできる大型モニター「BenQ GW2780T」

www.810note.com

ブルーライトカット機能などが取り上げられがちなモニターだが、私的にツボなのはスタンド部分の持ち運び用のハンドル。これのおかげで、毎日押入れからダイニングテーブルへの持ち運びや片付けが楽にできている。27インチもあるモニターなのにだ。
朝は、舌磨き→朝食→歯磨き・髭剃り→植木の水やり→着替え→腕時計が毎日のルーティン。この後に、押入れから延長ケーブルとBenQ GW2780Tを持ってダイニングテーブルへ設置するのだが、これが一度でできるのはハンドルのおかげ。
楽に手間をかけずにできるから毎日設置していても気にならないし、時にはリビング側に設置して使うこともある。ケーブルレスではないが設置した後の自由度は低いがケーブル自体はスタンドに巻いておくことで毎回外さなくても邪魔にはならないのでこれも都合が良い。4KではなくフルHDを少々バカにしていたところはあるが、価格的にも年齢を考えた視力や目の疲れなどにも最適なモニターで手放せなくなった。
日中は仕事で使っているが、仕事が終わってからはMacbookをつなげてSwiftの開発でも使っているがもう快適すぎる。Macbookも2015 Earlyでそろそろ買い替えで16インチかなと思っていたが、モニターのおかげで13インチで良さそうだと思って物色中だ。

最近はWordで文書を作ることが多いのだが、その際には縦画面にするともう快適すぎて筆が進む進むw(実際にはキーボードを叩いているわけだがw)
1ページ以上が見渡せるし、縮小すると前後もみやすいので体裁を直したりするときの効率も激しく向上するのだ。

f:id:hato36:20200925153810j:plain

 

通信速度が大幅改善!メッシュWi-Fiでマンションでも快適無線LAN!VELOP AC2600

www.810note.com

LINKSYS VELOPなんて聞いたこともなかったが、メッシュWi-Fiを調べていて出てきたメーカー。まぁメーカーはともかくこのメッシュWi-Fiで我が家の通信環境は劇的に改善した。おかげでSpotifyの音楽ダウンロードも快適になったと思うし、何より勉強用にLinuxのイメージファイルのダウンロードをしたり、画像管理をしているOneDriveに画像ファイルをアップロードしたりという行為が全て快適になった。もちろん仕事の面ではWeb会議は快適だしいうことない。これをテレワーク開始早々に導入したのは大正解だった。今までの通信速度が当たり前だと思っているあなたこそ使ってみるべき!我が家の改善具合は↑の過去記事で是非みて欲しい。びっくりするほど改善しているのがわかるだろう。3Mbpsが172Mbpsにまで改善しているのだ!!!

 

ランニング用だと思っていたがWeb会議にこそ最適な骨伝導イヤホンのAftershokz!

www.810note.com

 

実はまだこれは紹介していないネタ。
テレワークしている時に、Spotifyが快適になってきたのと、たまたま打ち合わせがなかったので音楽を聴きながら仕事しようと思った時に、今までならBOSE Soundlinkを使って聞くところだが、何を思ったかランニングで使っているAftershokzで音楽を聴いてみた。そもそもWeb会議はイヤホン(涼しくなってきたのでヘッドホンにもどうそうかと思っている)を使っているが、耳も痛いし何より外耳炎とか炎症が怖い...(話を聞くとすでにそういう社員が出てきている模様)私も大きな音を聞くと耳がキーンとなって音が聞こえづらくなることがある(病気?)ので、正直イヤホンを長時間つけるのは得意ではない。とはいえ、スピーカーから音を出しているとふとした電話の時にちょっと気まづい気がしたので、耳を塞がない骨伝導イヤホンであるAftershokzを使って音楽を聴いたら快適❤️

さらにいうと、この骨伝導イヤホンをWeb会議で使うとよく聞こえるし音量を大きくしても耳への負担も低いし音漏れも自宅なら気にならないのでWeb会議にこそ最高なイヤホンだったのだ!!これ相当おすすめです。耳への負担を考えてヘッドホンでもいいとは思うが、宅配便などに気が付かない可能性もある。しかし骨伝導イヤホンは耳を塞がずに外音を取り入れることができるので最適なのだ。

ランニングをする人ならランニングでも使えるので間違いなく買いだし、ランニングをしない人でもWeb会議で耳が気になるとか、イヤホンが嫌なのでスピーカーで音漏れが気になるような人には超おすすめである。なんと、9,999円で買えるモデルもあるので在庫がなくなる前に急ぎゲットだ!

 

モニターと併用で効率UPのノートPCスタンド!

モニターを手に入れたので、不要になるかなと思っていたノートPCスタンド。
しかし、モニターと並べて使うことで視線の動きも減らせるし、何より姿勢をキープできるのでモニターとノートPCの画面を併用するなら必須のアイテムである。

www.810note.com

このおかげだと思うが、整体でも凝りが改善していると言われている。
たったの3,500円なので、買ってない人は首がストレートネックになる前に購入すべきものだ。

かなりしっかりした作りなので、当初心配していた可動部分が勝手に動いちゃうなんて心配は皆無だ。むしろ硬くて稼働させるのが大変なほどの安心感である。

 

Apple Pencil+iPad ProとNoteshelfの組み合わせで記憶に残るメモをとる

www.810note.com

www.810note.com

キーボードでメモをとるのもキータッチの速い私は問題ないし都合はいいのだが、どうも頭に入らないというのが気になっていた。なので紙のメモを併用していたが、テレワークになると会社のノートをもらうこともできず、自分で買う羽目になりコスパわるいなぁと。まぁケチるほど高くないし、Amazonでまとめ買いしてもいいのだが、iPad ProとApple Pencilを活用する方向にシフトした。アプリをNoteshelfにしたことでさらに快適になり現在では手放せない一品に。会社内だとセキュリティ的に私物は使いづらいなぁと思っているが、テレワークなら気にする必要もないのがいいところ。

最新 Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB) - スペースグレイ (第2世代)
 
Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Personal Computers
 

やはり手書きをするというのは、学生時代の勉強と一緒で記憶に残る。キーボードで打つと後から検索しやすいというメリットはあるが、検索より記憶の方が速いのは間違いない。忘れそうなことは後からToDoアプリに登録しておけばいいし、重要なことはメモを画像で送っておけばOK。テレワークが終わった後も会社にはiPadを持って行こうと心に決めているほどだ。

 

Bluetoothキーボードを買うなら、コンパクトで使い勝手の良いものを!Vinpok Taptekが気持ちいい!

www.810note.com

経理などの人で、テンキーが必要な人は読み飛ばして欲しいw
私のように数字が苦手でテンキーが不要な人はこのBluetoothキーボードがおすすめ。
キータッチが軽やかで叩いているのが気持ちよくなる。コンパクトなのでノートPCと一緒に持ち運びやすいし、何より私の場合は仕事中横に置いているiPadやiPhoneにBluetoothの切替でさくっと繋がるので、メールの返事は会社のiPhoneでそのまま返信したり、チャットなんかはスマホの方だけで済ませたりしている。

切替が簡単にできるメリットと、軽快な打ち心地とコスパのバランスが取れていて私には最適だった。ノートPC慣れしているのでコンパクトなのが一番かな。スタンドを使うとノートPC本体のキーボードは打てなくなるのでスタンドと合わせて購入することをおすすめする。

たかがキーボード。有線でx000円でいいや!と思うか、少し高価なキーボードにするかはコンビニのボールペンにするか、モンブランを買うかというのに似ていると思う。
いい道具はいい値段になるが確実に気分がアガル。
メカニカルなのでパチパチ音がしてしまうが、音が気になる人や英字配列では...というひとには同じような以下の製品をおすすめする。
実は最後まで悩んだのはまさに以下の製品だったが、今となっては持ち歩き用のケースがついている以下の製品の方がちょっといいかなと思っているw
まぁいくつあっても困らない?ので、持ち歩き用として追加で買ってもいいかなと思っているほどだ。どちらもクラウドファンディングによるもので、どちらも人気は高いのでキーを叩いたときの音と持ち運びを前提にするならNuTypeを。そうでないならTaptekをという感じで選ぶと良いだろう。

 

以上が私がこれまでに揃えてきたテレワーク・在宅勤務のツール類だが、これからアマゾンプライムデーが始まるので、この機会に新たなツールを導入することも考えたいと思っている。壊れかけのテレビもなんとかしたいところだ...

www.810note.com