鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Spotifyを2ヶ月ほど使って使い方がわかってきた

f:id:hato36:20200813124000j:plain

操作方法とかそういうことではなく、どうやって使うと効率よく聴きたい音楽が聴けるのか?ということ。

 

集中して聴きたい音楽を選びながら聴いているような人には当てはまらない。
車で音楽を長い時間流し続けるような場合に、都度プレイリストを変更するのは危険を伴うので、それを回避するための方法を記載する。

 

私の使い方の場合の問題点

最初はあまり意識せずに、好きなミュージシャンの好きなアルバムをアルバム単位にダウンロードしていた。アルバム1枚=1プレイリストの状態だ。ランニングの時は大体40分程度なのでそれでも全然問題ないし、アルバムを一周して変更したいなと思えば、途中休憩する機会にもなる程度であった。

しかし、車で聞くとなると乗っている間はずっと流しっぱなしで、アルバム1枚だと繰り返し頻度が高くなる。昔は好きなミュージシャンの歌を繰り返し聞くことが当たり前だったが、iPodでシャッフル再生が当たり前になってしまったからか、いろんな音楽を聴くことに楽しさを覚えている体にはちょっと退屈になってしまう。
また、車で聞いている時は先に書いた通り操作は危険を伴うし、信号などの停止中でも選択する行為をするのはできれば避けたい(スマホもカーナビもできれば触りたくない)ので、大量の曲からシャッフルで流し続ける形になっている方が都合が良い。

しかしこの方法がわからなかったのだw
できればダウンロードした曲だけをシャッフル再生する機能があれば良いのだが...
まぁお気に入りを使ってまとめてダウンロードする機能もあるが、気にいるかどうかわからないのと、お気に入りはプレイリスト違って一つしか使えないので本当に気に入った曲のみアルバムなどから抜き出して入れるようにして成長させている。

 

プレイリストを自分で作れば解決!

Spotifyであれば、最新のシングルもアルバムも登録されている楽曲ならばすぐに聴ける。
例えば、私の好きなBUMP OF CHIKENであれば、今なら「アカシア」という曲が最新だ。しかし、そればかり聞いていたいわけではないし、他のミュージシャンの新しい曲だって聴きたい。新しくなくても新たに知った曲なんかも織り交ぜたい。

そういう時に自分でプレイリストを作って、それをダウンロードしておけば良いということ。ただ、スマホでチマチマプレイリストを作るのは正直あまり得意ではないので、MacのSpotifyアプリでプレイリストを作っておき、それをスマホ側でダウンロードするという方法をとるようにした。

これにより、新し目のシングルをまとめてみたり、そこに興味のあるミュージシャンのアルバムを入れ込んでみたりという感じにして数十曲〜百数十曲にプレイリストを膨らませば、1日に同じ曲を聴くことは数回あるかどうかという感じのプレイリストが出来上がった。

さらに、徐々にこのプレイリストを膨らましていけば、無限のシャッフル再生がいつの間にか出来上がるというわけ。

ちなみにプレイリストは以下の二つを作成している。

  • 新しい曲、知らない曲ばかりを集めたプレイリスト
  • 好きなミュージシャン、好きなアルバムを全部入れたプレイリスト

大きくはこの2パタン。
新しい曲の方は、いままでアルバムが出るまではなかなか聞けなかったシングルを中心に、例えば瑛人さんの「香水」やdish//の「猫」など、比較的最近耳にすることが多くなった音楽を入れている。もちろんBUMP OF CHICKENの「アカシア」や、Mr.Childrenの「turn over?」、Perfumeの「Time Warp」などの新しいシングルも入れてみた。
飽きるまでは新しい曲の方を聴くし、そのまま気に入れば好きなミュージシャンや好きなアルバムのプレイリストにも追加をする。そんな感じでプレイリストの運用をして、プレイリストを成長させれば安心して長時間聴けるプレイリストが出来上がるというわけだ。

 

最初こそダウンロードに時間がかかると思うが、自宅にいる時にSpotifyを起動しておけば勝手にダウンロードしてくれるので問題ないだろう。(以前も書いたが我が家の環境だと1曲1秒)

 

初めてのミュージシャンの場合はThis is ○○○○も活用

とはいえ、知らないミュージシャンとか名前だけ聞いたけどどんな歌か知らないとか、一曲だけ知っていていい曲だなと思っているミュージシャンの場合は、Spotfyが用意している「This is ○○○○」というプレイリストも活用する。
結構便利なもので、例えば「Official髭男dism」の「This is Official髭男dism」というプレイリストが作成されていて、「HELLO」や「Laughter」はもちろんだし、「Pretender」「115万キロのフィルム」など私でも知っている有名な曲は大抵含まれている。ま、行ってみたらThis is ○○○○はそのミュージシャンのベストアルバムだと思えばいいのだ。

f:id:hato36:20201009085317j:plain

上記のThis is Official髭男dismは、3時間20分のプレイリストとなっており、髭男を知らない人でもこのプレイリストを聞いておけば有名な曲は一通り聞いたことになるし、有名でなくても人気のある曲などは耳に入れることができるというわけ。

ちなみに歴の長い松任谷由美さんだとThis is 松任谷由美となって、7時間19分ものプレイリストが登録されているのだ。

This is 米津玄師だと4時間13分で、「ハチ」という名前で活動していた頃の楽曲まで含まれているのだ。

このThis is ○○○○は便利なもので、古い人だけど久しぶりに聴きたいなという場面でも活躍する。「This is 大江千里」とかねw

Spotifyの活用はプレイリストにあり!

ということで、Spotifyが用意してくれているプレイリストと自分で作るプレイリストの両方をうまく活用することで音楽を上手に生活に馴染ませることができるようになる。
最近だと打ち合わせの少ない日は、音楽を聴きながら資料を作ったりということもやっている。自宅での仕事に慣れてきたということと、慣れて余裕が出てきたということだと思う。自分なりに在宅勤務ってこういうことなのかなと考えつつ、集中とリラックスをうまく織り交ぜて仕事をすることで効率をうまく上げていければと思う。

 

プレイリストは作って終わりではない!成長させるもの!

一度作って終わりと思いがちだが、プレイリストは成長させるものだ。
先の最新は不要なものは削除していくし、気に入ったものは定番の方にシフトしていく、さらに新しいものは最新のプレイリストに追加していく感じで成長させていくものだ。

お気に入りと違って、そこから派生のプレイリストを作ってもいい。
気分を上げるプレイリストや海外アーティストのみのプレイリストなどいくつも作ることができるので、自分の好みに合わせて新しいプレイリストの作成や既存プレイリストの成長をさせていくとどんどん自分好みの音楽リストに成長するのでおすすめだ。