鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ソニー ブラビア F1 40インチテレビがついに寿命を迎えた模様

f:id:hato36:20201008104413j:plain

我が家のテレビはこれ一台。
2008年2月に発売されたブラビア F1 40インチ。

 

ブラビアF1(KDL-40F1)の故障の状態

テレビをつけると先の写真のように白っぽく画面が表示されるようになった。
しかし、このまま10分程度待つと、以下のように色が戻ってくる感じ。

f:id:hato36:20201008105622j:plain

まぁ、毎回10分程度は暖気だと思えば使えないこともないが、ダイニング側からみると文字が見えづらいと感じていたしちょうど良い買い替え時期なのかもと思っている。

 

ブラビア F1 40インチって?

当時のことを少し振り返ってみる。

www.sony.jp

www.sony.jp

その当時SONYから販売されていた液晶テレビの中で一番ハイエンドなテレビだった。
機能についてはAVに詳しくない私にはあまり興味はなかったが、インテリアとして非常に目を引くデザインだった。

f:id:hato36:20201008104958j:plain

出典:https://www.sony.jp/bravia/products/KDL-40F1/image.html

当時は黒一色の液晶が多い中、確かAQUOSだけが色味のあるフレームを出していたように思う。しかし、このブラビアF1はシルバーでグッときたし、さらにSONYマークの下がトランスルーセントになっていてぐっさに私と妻の胸に刺さった。
金額は20万円弱ぐらいだったのではないかと思うが、その前に使っていたブラウン管のテレビがそれほど大きくなかったこともあり、当時は大画面で目が痛いと思っていたほどだったw

そんなブラビアF1も2008年に購入したはずなので既に12年が経過している。
「SONYタイマー?」そんなの関係ねぇ!って感じ。

 

次に買うべきテレビはどれだ?

正直突然の出来事なので何も調べていないわけだがキーワードはいくつかわかっている。

  • 4K または 8K
  • 液晶 または 有機EL

この組み合わせとサイズだろう。もちろんブラビアF1を選んでいた理由の一つに見た目も含んでいたことから見た目も重要だ。
テレビの買い替えなんて全く想定していないので知識はないのはもちろんのこと何が売れているのかもさっぱりわからないしメーカーもソニーぐらいしか浮かばないのでまずは「価格.com」のランキングを見てみる。(2020年10月時点)

1位 ソニー ブラビア BRAVIA KJ-55X9500H [55インチ]

おお、我が家も大好きなSONYは堂々の1位なのね。

2位 ハイセンス 65S6E [65インチ]

何このメーカー?中国?韓国?

3位 東芝 レグザ REGZA 55Z740X [55インチ]

おお!知ってる東芝w
今もレグザがあるのね。確か義理の兄の家がレグザだった気がする。

 

20位までのランキングに入っているメーカー

  • ソニー(3機種)
  • ハイセンス(5機種)
  • 東芝(6機種)
  • パナソニック(6機種)

以上である。シャープのアクオスは...世界の亀山は傾いているとはいえ一機種も入ってないのは驚きだ。以前実家のテレビを買い替えた時はAQUOSを選んだけど、綺麗さとか見た目は無視して値段だけで選んだもんね...

ハイセンス?センスいいのか?

f:id:hato36:20201008112745j:plain

出典:https://www.hisense.co.jp/tv/?select=size-50v#sort

なななんと。驚きの綾野剛さんを起用しておる。
会社自体は想像通り中国企業。しかし、綾野剛さんを起用しているとは驚きである。
TV-CMもやっている模様。最近録画物を見ることの方が多いのでCMは大抵飛ばしているのでCMは多分見たことない。しかし、印象ってすごい。知らないメーカーだと抵抗を感じるのは誰しもそうだと思うが、有名な人がCMに出ているというだけで安心感を少し感じる。

そして、価格.comの価格帯を見ていてもかなり安いのだ。

SONY 55インチ KJ-55X9500H ¥156,480
ハイセンス 65インチ 65S6E ¥93,779
東芝 55インチ 55Z740X ¥144,000

上位のサイズと価格を見ると歴然。一番大きい65インチが10万円を切っているのだ。
これは安いと言わざるを得ない。もちろん機能の違いがあるのでその辺も見ていく必要はあるが、テレビを見るだけと割り切ったら間違いなく大きくて安いのはハイセンスだ。

 

SONY ブラビアだけがApple AirPlayに対応している!

各社のサイトを眺めていてふと気がついた。
なんと、SONY ブラビアはApple Air Playに対応しているのだ。

液晶モニタが欲しいと思っていたが、先日BenQのレビューに参加させていただいて、取り急ぎフルHDのモニタを入手したのであまり気にしていなかったのだが、新しいテレビを買ったら4Kモニターとしても使えるなとか思っていた。
しかし、HDMIで繋ぐのが億劫だし、フルHDでもかなり便利に使えているので気にしていなかったが、AirPlayでケーブルレスの接続ができるなら話は別だ。

最近のテレビはYoutubeやらAmazon プライムビデオがテレビ自体のアプリ?から閲覧できるので、その点はあまり比較にならないが、大抵の場合は動作がもっさりしているとかリモコンだと操作が面倒だったりするので、MacやiPhone、iPadの画面をリモートで表示できる方が都合がいい。リモート表示ができれば写真の閲覧なども含めて使い勝手がいいと思っているのも理由の一つだ。

そう考えると、Apple Air Playに対応しているのはかなり大きなメリットだ。
同じくブラビアのサイトで見ていてChromecast build-inというのも気になった。
AirPlayでなくてもChromeCastでも画面転送はできたはずなのでこれは大きい。

ChromeCastも大抵のテレビがビルドインしているのかと思ったが、これはソニーのブラビアとシャープのアクオスだけだった。
シャープは微妙に傾いている感じがするのだが、その分安価かな?という期待もあったり。しかし、大体絞られてきた。

 

ブラビアやアクオスの見た目はどうなのか?

どこのメーカーも昔と違ってフレームが薄く、壁掛けなどを意識しているからか大して変わらないというのがWebを見ているところでの結論。
これは正直つまらんね。変に装飾がいっぱいあって無駄に大きくとか重くなるのもどうかとは思うが。

 

後はやはり画面の色味で決まるのか?

そうなると後は画面の色味だ。
過去にも家電量販店で色味を見比べて我が家にはソニーが一番しっくりきていた。
過去には三菱(ブラウン管)も使っていた。ハイセンスの値段も気になるが、レグザだって魅力的な製品だ。いずれも店頭で見比べたいところだが、店頭って証明が邪魔をして自宅で見るような色味じゃなかったりするのが気になるところ。とはいえ、店頭以外では比較のしようがないので、家電量販店も何店舗か見比べてしっくりくる色味のテレビを選びたいところ。ブラビアが気に入れば間違いなくブラビア一択で後はサイズだけの選択となるだろう。(最有力!)

ダークホースはアクオスかも!?

 

あと有機ELと液晶の違いについても調べてみたが、簡単にいうと有機ELは軽くて壁掛けむきであるという点がメリットである。逆に耐用年数が短いとかバックライトがない分暗いというデメリットがある。あとは大型のテレビにしか採用されていない点もデメリットだろう。視野角も有機ELの方が広いようだが、正直斜めからテレビを見るようなシチュエーションもないし、壁掛けしなくてもスペースはそもそもあるので私がメリットを享受できることはなさそうだ。正直現時点で選ぶ理由は無いと判断した。

 

購入店舗はWeb?実店舗?

過去に大型家電をWebで買ったことはない。
基本的に全て家電量販店で買っている。やはり保証とかいろいろ考えると実店舗の方が安心できるからだ。しかし今回のテレビについては、配線も難しくないだろうし、スタンドの設定も大して難しくはないだろう。そう考えると安価なWebで買うのがいいのではないかと思っている。ちょうどAmazon プライムデーも間も無く始まるので、運が良ければ欲しい製品があったりして...と期待している。

www.810note.com

 

10年以上前のテレビからの買い替えの注意点

端子に注意したい。HDMIは新しく買うテレビでも当然のようについている。
しかし、ブラビア F1にはD端子がついていて、それはWiiで使っている。
Wiiなんてやってないし、そもそもPS3もつながっているがほとんどやっていない。
最近はSwitch Liteばかりだ。

このタイミングでゲーム機自体も処分してしまうというのもありかなと思っているが、何気にこれからの季節は明るい陽のでている時間が短くなってくる。
ランニングは暗くなってからは寒かったり景色や足元が見えなかったりと楽しさが半減してしまう。運動とはいえ楽しみたい。
そうなってくると運動不足になりがちだが、我が家ではWiiの卓球が毎年冬になると始まるw

まぁ温泉卓球レベルだと思うが、窓が曇るほど発熱するし白熱するw
画面の綺麗さとかはゲーム的にもどうでもいいのだが、これは今年もきっとやってくるイベントだと思うので、Wiiは使えるようにしたいところ。
しかし、ブラビアもハイセンスもレグザもD端子なんてない!!!

しかし!WiiをHDMIに変換するアダプターは発売されている。

実際に使っている方もWebで見つけられたので、問題なく動作しそうだ。

 

改めて要件を整理

今回ここまで記事を書いているなかで、自分自身の要件が明確になった。

  • 液晶テレビ
  • 現時点で8Kは必要ないが4Kは必須
  • AirPlayまたはChromeCastが使いたいのでソニーかアクオスが最有力

といった感じ。ちなみにサイズも実際のテレビ設置場所と実際の大きさをシミュレートしてみたところ、55インチ程度が良さそう。現在の40インチからすると格段に大きくなるが、テレビ設置スペースは元々広いので全く問題ない。

 

現在のブラビアF1の写りが最初の写真のように白飛びしたようになり続ければすぐに購入するし、改善するようなら少し先延ばしするが今年は旅行にも出かけていないし買い物も大したものはしていないので、ここらで大きな買い物でもして経済を回すかなと。