鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

iPadで利用する手書きメモアプリはNoteshelfに決めた

f:id:hato36:20200911145441j:plain

手書きメモアプリについては、過去に一度悩んでその時はEvernote社のPenultimateで落ち着いた。無料だったからという理由が大きい。そして、Apple Pencilは遅延なく素晴らしいが書きづらいと感じるのはiPadの画面に貼っているフィルムがガラスのツルツルのものだからだと思っていた。

しかし、これは間違いだと分かった。
決してPenultimateが悪いというわけではなく、Penultimateを使い込んだ結果、さらにペンを活用したいというニーズが出てきた。

 

iPadでの手書きメモの活用の場が増えてアプリへの要求が増えた

最近のiPad Pro 10.5インチは、主に仕事での活用が多くなっているが、プライベートでも活用している。
活用のシチュエーションは以下の通り。

  • 仕事:会議中のメモ
  • 仕事:会議以外のメモ
  • プライベート:Swiftの勉強のメモ
  • プライベート:ゲームのメモ、その他何でも

利用頻度も上から順に...という感じで、大抵はiPadでメモしたものを後からiPhoneやPCで見るという使い方になる。場合によってはそこからToDoアプリに転記を行っている。

 

主に仕事の場面だが以下の要求を強く感じるシチュエーションが増えた。

  • メモの中に写真やクリップボード無いの画像を貼り付けたい
  • メモの中に音声を貼り付けたい

どのような場面でそのように思ったか?どう活用したいかは上記二つを分けて解説する。

 

iPadの手書きメモに画像/写真を貼り付けたい

仕事をしている際に、議題ごとに簡単なスライドを用意して議論するような場面があるが、そのスライドに直接書き込むようなイメージでメモが取れたらより楽だなと思うシチュエーションがある。まさに紙を配布され、そこにメモを取るイメージだ。

macを使用している方ならユニバーサルクリップボードで簡単に実現出来る。(画面キャプチャ→ユニバーサルクリップボード→iPad)

もちろん、仕事でWindowsを使っている私のような方でも、画面を写真に撮って代用できる。あまり美しく無いが実現は出来るのだ。
メモ自体を美しくしようと思う場合は、時間のある人に限られるが、事前に資料PDFにしてiPadに送付すれば可能だ。しかし、個人情報では無いにしても重要情報だったりすることはあり得るのであからさまに会社から自宅に送付はしたく無いので私は写真に取る方法がお手軽で良いのでそうすることにした。

ただし、いずれの場合もNoteshelfと連携するiCloudやEvernoteのセキュリティには細心の注意が必要である。

見易くもなるしメモも効率化される。何より後から見た時に見易さが段違いだ。
さらに紙のノートだとプロジェクトごとにノートを分けていると忘れたり間違えたりということになるが、電子だとノートを分けるのも容易なので探すのも手間が掛からず、前回のノートなどにも容易にたどり着けるというわけだ。

デスクワークでは無い人なら、例えば植物の生育状況を写真に撮って記録をしたり、工事関係者なら工事の進捗を写真に撮ってメモにして、そのメモをPDFにしてすぐにメールすることだってできる。写真を扱えることでメモの威力は数倍にもなるし、使い方は無限に広がると言っていいだろう。

もちろん学生が勉強に使うという方法でもかなりの効果があると言えるだろう。

メモの中に音声を貼り付ける

重要な打ち合わせの時は、iPhoneの録音機能を使って録音することが過去にあった。
言った言わないの水掛け論をするために使うことはあまり無いし、大抵は覚えているのだが、後からそれを作業に落とし込んだ時に改めて確認して意図がずれてきていないか?という確認をしたりすることがある。要はその時は疑問に思わなかったがあとで疑問に思った時だ。打ち合わせをした人にすぐに聞くというのもあるが、上席だったりするとなかなか聞きづらいこともある。そういう時に役立つのだ。

コロナ禍の在宅ではイヤホンマイクを使っているので少々使いづらいところではあるが、これが解消されたらメモ内に打ち合わせの音声を貼り付けておいてということができるようになるのでこれも便利に使えそうだ。

実際在宅ではあるが、イヤホンマイクは使わずにスピーカーの音声を録音してみたが、聞きづらい場面はあったものの、後から聞き返して聞こえないということはなかった。
スピーカーの近くにiPadを置いてメモしていたというのが大きい。
別途BOSEのスピーカーを使っていたのも良かったかもしれない。

この小型スピーカーは本当に高性能。コンパクトでありながらびっくりする音を鳴らしてくれるので、時々イヤホンマイクではなくこのスピーカーに音を飛ばして会議をしているのだ。

 

Noteshelfを購入し、画像と写真を貼ってみた

どちらも珍しい機能では無いが、Penultimateでは実現出来ない機能だった。
音声の方は今すぐ活用をするところまではいかないが、いずれ使う機能だし今回久しぶりに有料アプリを購入した。 

Noteshelf

Noteshelf

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,220

数日使っているがこの選択は間違いでは無いと思っている。
まず、実際に画像/写真を貼り付けた場合と手書きのみの場合を比較しよう。
その後にそれ以外のメリットについてもまとめていこうと思う。 

ちなみに画像を貼り付けずにそのままメモをとったイメージは以下の通り。
ペンは万年筆で太さは二番目の細さが気に入っている。(もともと万年筆が好きなので)

f:id:hato36:20200914182601j:plain



Noteshelfに画像を貼り付けた

以下はNoteshelfのページにスライドのキャプチャを貼り付けたもの。
もちろんMac → ユニバーサルクリップボード → iPadで行っているため、簡単に貼り付けができる。 

www.810note.com

ユニバーサルクリップボードを理解していない人は是非上記記事をご覧いただきたい。
MacとiPadを使っているならば使わない手は無い。どちらの使い勝手も劇的に向上するので是非試してみて欲しい。このために会社のPCをmacにしたいと思うほどだ。

 

スライドのキャプチャを貼り付ける

キャプチャの貼り付けは、mac側でクリップボードにコピーしたものをそのままNoteshelfでペースとするだけ。左上の「+」ボタンから貼り付けを選べばOK。

f:id:hato36:20200914182651j:plain

見てすぐにわかるが、明らかに書く量が減る。当然だ。書いてあるスライドに必要なことをメモするだけなのだから。もちろん手書きでは情報量は議題の時間を考えると厳選せざるを得ないがそれが全くない。

美しい。これが理想の形ではある。当然だが、写真と違って画面キャプチャはノイズが全く乗らない。この方法だと紙に手書きしている感覚そのものだ。
きっと違和感なくメモが取れる理想型だ。

むしろ紙とペンよりiPadの方が優れているのは拡大ができること。そしてその状態でメモが取れることは大きなメリットだろう。これにより小さな文字を書き込むことも可能なのだ。紙とペンでは限界があるがその限界を超えられるのだ。

 

スライドを写真に撮って貼り付ける

こちらの方法でも手間が多くはないのが救いだ。
Noteshelfの左上の「+」ボタンを押せば、そこから写真を撮ると言うことが可能なので、操作自体は先のキャプチャ貼り付けと大きく変わらない。
しかし、やはりEvernoteなどのドキュメントスキャナなどと違って正直綺麗にはならない。

f:id:hato36:20200914182736j:plain

敢えてPowerPointの画面部分を撮影したまま貼り付けているが、普通の写真であることを強調するためにそうした。一応クロップも可能ではあるが打ち合わせ時間内にWeb会議で画面上に表示されている画像を撮ってクロップするのは至難の技だ。
そして周辺光量落ちというか、紙でいうところの白の部分が白じゃないのが気持ち悪い。気持ち悪いが要件は満たしているので私はこの方法で良しとしようと思う。

時間のある人はEvernoteのドキュメントスキャナー機能を使えばWindowsでも綺麗になる

Evernoteで画面をスキャンすると以下の画像のようになる。
ドキュメントスキャナ機能が背景を白にしてくれるので、先の画像と比較しても見易さは確実に向上する。もちろんスライド部分を最初から切り抜いて撮影してくれるので効率も決して悪くない。時間に余裕があれば十分使えるし、打ち合わせ前に準備するなら全く問題ないだろう。

f:id:hato36:20200914182821j:plain

作業内容はしては以下のようになる。

  1. Evernoteで取り込んだ画像をコピー
  2. Noteshelfを起動して貼り付ける予定のノート、ページに移動
  3. Noteshelfでペースト

これでOKだ。
一手間かけるだけの時間に余裕のある人だったら全然問題ないだろうし、時間のない人でも打ち合わせ前に準備するのであればOKだろう。多少小さめに貼り付けていても、タブレットならではのピンチインとピンチアウトがあるので全然OK。

f:id:hato36:20200914182907j:plain

 

このメモの方法で業務効率も向上

取り敢えず当分は写真撮影の方法で落ち着きそう。今までのように全て手書きだったり、資料とメモを横並びでみたりという手間はなく、この数日間はむしろ効率化されていると感じる。(過去のメモを同様にしたい欲求は抑えて新規のメモのみこの方法で書いている)

その他PenultimateとNoteshelfの違い、Noteshelfのメリット

ペン先が選べるメリット、書き心地が紙に書いているイメージに近い

まず、ペン先が非常に好みだった。
Penultimateにも太さは選べるが、上が一番細く下が二番目に細い。
しかし、残念なことに極端に太くなる。

f:id:hato36:20200914182959j:plain

これがNoteshelfだと以下のような感じになる。
上が一番細く、下が二番目に細い。私は二番目の細さを使って文字を書いている。

f:id:hato36:20200914183048j:plain

少々わかりづらいと思うが、そもそも画面に引かれている罫線の太さが違うのでキャプチャした画像を横に並べてみたのが下記の画像だ。

f:id:hato36:20200914183134j:plain

※Noteshelfはペン先に万年筆を選んでおり、Penultimateは選択できないのでそのまま

 

枠内に文字を書くという意味では細いものを使えばかけるが、書き心地(上でいうところのインクの乗り方)に違いがあり、明らかにNoteshelfの方が書きやすい。
もともと字が引きずられたように書いてしまう私の癖がどちらも出てはいるが、書いた感じはNoteshelfの方がより実際に紙に書いたものに近くのだ。

わかりづらいと思うが「自分が書いているイメージと一致する」というと分かってもらえるだろうか?

もともとペンがツルツル滑るから、Penultimateだと書きづらさを感じてフィルムを変えようかと思っていた。

もちろん、ペーパーライクのフィルムに貼り替えればより書き心地は上がると思うが、それだけが問題ではなかった。これは実際に使ってみないとわからないものだ。

しかし、私はNoteshelfを買ったことで、取り敢えずフィルムはいったん買わずに使おうと思う。現時点では不満はない。十分である。

ペン先や太さ、筆圧有無も選べるので、この辺は好みに合わせて試してみるといいだろう。強いていうならば、このNoteshelfには評価版とか期間限定利用などができない点が惜しい。ペンでの書き心地は明らかに良いと思ったが、買ってみないと試せないというのはハードルが上がってしまう。是非検討してもらいたいところだ。 

Noteshelf

Noteshelf

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,220

 

Evernoteとの連携

やはりクラウド連携はしていてもらいたい。
乗り換える前提でいるわけではないが、慣れているアプリでデータ管理したいというニーズがあるからだ。先のメモをEvernoteで開きキャプチャしたものが以下の画像になる。iPadのEvernoteで表示してキャプチャしているが、スマホだってPCだって、ブラウザだって閲覧できる。これはやはりメリットだろう。

f:id:hato36:20200914183237j:plain

私の場合は、後からPCで閲覧したりすることがあったり、ふとした時にスマホから閲覧できるのが大きなメリット。買い物でちょいと思い出して、そういえば「あの時あぁいったっけ?」なんて自分が言ったことを思い出したりしている。
もしくは、「xxに◯◯をx日に報告しろと言ったっけ?」なんてこともある。
ちゃんとToDoに落としている時はそれでいいが、忘れいた時にノートを開いて改めてToDoに落とし込んだりしている。

手書きはキーボードを打つより頭に覚えている確率が格段に上がるのと、何より頭の中にイメージとして記憶されていることが多いと感じる。

例えば、「あの図のところに書き込み入れたよな?なんて書いたっけ?」なんて思い出し方ができる。これがキーボードで文字を打っているだけだと、なかなかそうはならないのではないだろうか?少なくとも私はそうだ。いっとき記憶力が落ちたなぁと感じていたが、最近それは杞憂だったな...単純にキーボードで打って覚えた気になっていただけだったなと改めて思った。記憶力が不安になってきた人は是非手書きを試して欲しい。

 

Kindleのメモが取りやすくなった

Kindleで技術書を読んでいると、ここをコピーしておきたいと思うことがある。
その際に、画面をキャプチャしてクロップした上で書き込みをして保存していた。
手順としては以下の通り。

  1. Kindleで記録したいページをキャプチャ
  2. ページから該当部分だけクロップ(切り抜き)
  3. そのまま編集して書き込み
  4. 画像として保存(本ごとにフォルダわけ → 後にEvernoteにまとめて貼り付け)

という感じだったものが、以下のような手順に変わった。

  1. Kindleで記録したいページをキャプチャ
  2. コピー
  3. Noteshelfの記録したいノートにペースト
  4. 書き込み

手数としては変わらないが、最初から記録したいノートに保存するし、クロップせずとも書き込みは比較的容易なのがメリット。
また、なんなら手書きだけでなく文字を打ち込んだりということも出来るので、結構快適なのだ。もちろんラインマーカーも使えるので紙と同様になんでもできる。
これは勉強の際にかなり活躍する。

 

PDFのホワイトペーパーや資料は、まとめて取り込んで添削可能。

これも先のKindleに近いが、技術関連の資料はPDFで配布されていることが多い。
じっくり読みながらメモを直接書き込むということがPDF取り込みならば容易だ。
言ってみたら、紙の資料に直接書いているのとなんら変わらない。いやピンチアウト・ピンチインが出来る点は紙よりもメリットが大きい。

私物のiPadでなければ、資料のチェックなども容易だ。
私も部下の作った資料を添削したり、マニュアルを添削したりという機会は多々ある。
そういう時にPDFにしたものを丸々取り込んで直接添削しておけば、過去にどういう添削をしてここまで修正されたかとか、過去にあったページを確認したりということが非常にやりやすい。

残念ながら私のiPadは私物なので、自分で作った資料の添削ぐらいしかiPadでは行っていないが、ホワイトペーパーを読みながらメモを撮ったりするのには重宝している。
Penultimateにはなかった機能で、PDF取り込みはもともと想定していなかったが、使ってみるととても直感的で快適だった。
在宅勤務ならより資源を意識するだろうし、のちの廃棄を考えると印刷もしづらい状況だと思うが、これなら非常に快適かつ効率よく業務をこなせるようになるのでオススメだ。

 

結論 Noteshelfは当初想定していたよりも快適かつ満足度が高い

他の手書きアプリでも同様の機能があるかもしれない。ただ、パッと比較の雑誌などを読んで直感的に「これだ!」と思った以上に快適で使いやすかった。

特に書きやすさは想定外だったし、PDF取り込み機能は考えていなかったが想像以上に便利だ。こんな時だからこそ自分に投資して、今以上の業務効率化を加速させてみると良いだろう。