鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Vinpok Taptekを購入したら幸せになった

f:id:hato36:20200703093941j:plain

在宅勤務様に新しいキーボードを購入した。
もともと自宅にはHHKB Liteがあったが、これがリビングのテーブルの上だと煩くて、打ち合わせ中に「うるさいの誰だ!」とか言われる始末だったための購入である。

購入したのは、HHKBなども検討したのだがこれを買った。

ゲーミングキーボードと書かれているが、何がゲーミングかよくわかっていないが、撃ち心地が良くてコンパクトなもの且つBluetooth接続も可能である事という定義で探したらこれに行き着いた。

実はこれも考えていたのだが、値段の兼ね合いなどもあって先のTaptekにした。

結果としては比較できないので何とも言えないがコスパは良いと思っている。
カニカルなのでぱちぱちという音はするが、それが嫌でなければいいと思う。
カニカルといっても昔ながらの音よりは小さめで、どうやら独自の軸を使っている模様。まぁその辺は色々情報があると思うので割愛するが、軽めのパチパチ音とコンパクトさが非常に気に入っている。

f:id:hato36:20200703093950j:plain

また、この様に枠の無いデザインなので、よくあるキーボードにゴミが入ってしまうという問題も、毛の長いブラシで擦ればゴミも全て落とせるのは非常にメリットが大きい。(お菓子食べているとよく入るよね?お菓子じゃなくても色々入ると思うけど...)

f:id:hato36:20200703094054j:plain

PCとの接続はBluetooth以外にもケーブルで接続することが可能。
ケーブル接続をしていると充電もされるのでとても便利。ただ、Cabel OFF Bluetoothとスイッチがあるが、この切り替えがすげーやりづらい。なんかもう少し別のインタフェースを考えて欲しかったけど、HHKBと比較すると安価だし、電源が強制的にOFFに出来てバッテリーを無駄に使わない姿勢は評価しよう。(自動電源オンの場合はすぐにオンされてしまうから)
また、maciOSWindowsAndroidの切り替えが出来るのも便利。
ただ、接続できる機器は3台までなので、平日は会社のWindows、会社のiPhone、自分のiPhoneという構成で、休日はmacbook ProiPad Pro、自分のiPhone XR という構成で繋いでいる。で、この切り替えが一瞬なのよ。これすごいwww
ストレスがないので、macbookを使いながらちょっとiPadで表示しているEvernoteにメモとかも出来る。もちろん全てmacbookで出来ることではあるが、画面を切り替えたりする手間よりも楽チンなのだ。それぐらい切り替えが速いのである。

f:id:hato36:20200703094113j:plain

横から見ると厚みがわかると思うが、意外と分厚いw
そして、残念ながら高さ調整をする足は無い。現時点で高さを不満に思うことはないので特段問題はないが、調節が必要な人は何かしら台の上に乗せたりしないとダメだと思う。
先の厚みについては、厚みがあるからか重量もそこそこあり非常に安定している。
軽量キーボードって動いちゃったりもするのでむしろキーボードを使ってしっかり入力することを前提に考えるとこの厚みも重量も納得できる。

f:id:hato36:20200703094126j:plain

右上にキーボードのライティングを操作するライトボタンがついている。
これを押すと、色々なカラーリングでキーボードが光るわけだが、これについては全く興味なし。無駄なバッテリー消費だと思っているが、一応固定で光るパタンを採用している。(もしくは光らせない)
見ていただくとわかるが、macのキーボードのファンクションボタンと同様にボリューム等のボタンが配置されており、全てちゃんと動く。(Windowsの場合は普通にファンクションボタンとして機能する)
と言う感じで、どちらかと言うとmacで使う方が自然な気がするが、Windowsでも普通に使えるので安心あれ。在宅勤務が終わってもmacbookでこのキーボードをそのまま使おうと思う。場合によっては会社用と自宅用で2個買ってもいいかもしれないと思っている。(それぐらい気に入っている!)

f:id:hato36:20200703094423j:plain

自宅はこんな感じ。マウスも別途使っている。(これも在宅勤務様に買ったものw)
最近macbookのキーボードがキコキコと音をあげていると言うのもあって、ちょうどいいタイミング。(本体は元気だが、モニターの表面のコーティング?が剥げてきてもいる)当分はこの構成で使いたいと思っているが、iPhoneiPadで使っているMicrosoft foldable keyboardを常に持ち歩いていてだいぶくたびれてきてもいるので、何ならTaptekを持ち歩いてもいいかなと思っている。(もちろん小さいバッグの時はFoldable keyboardしか入らんけどw)

この手のコンパクトキーボードは、ごくわずかな荷物の時にも持ち歩けるので、一つ持っていると便利だし、iPhoneiPadをちゃんとコンピューターとして使えるのでメリットは大きいので是非試してもらいたい。
常にリュックな方だったらTaptekを持ち歩いても幸せになれると思うので是非お試しあれ。HHKBを買おうと思っているぐらいならこれを買っても充分幸せになれると思うよ。

個人的にはTaptekが入るちょうどいい大きさのポーチが欲しいのよね。
無印良品とかにあるんじゃないかなと思っているので今度Taptekを持って無印良品に行ってみようと思っている。

HHKB Pro2のサイズ 294(W) x 110(D) x 40(H)

Taptekのサイズ 281(W) x 117(D) x 19(H)

なので幅さえ問題なければ入るはずなのだ。
トランスポーターのサイズは外寸しか記載なく、W: 140 x D: 310 x H: 55 mmとなっているのだが、果たして内寸がどうなのか...

と思ってさらに探してみたところ、Hybrid Type-Sでトランスポーターを使っている人を発見。
HHKB Hybrid Type-Sのサイズは294(W)×120(D)×40(H)なので、Taptekよりも全て大きい外寸となっている。この方はそれをトランスポーターに入れていると言うことなので、入ること間違いなし!!

life-developer.com

買おう。持ち歩こう。それぐらいTaptekが気に入っているのだ。
先立つものはないのでお小遣い稼ぎも頑張ろうw
さすればiPadiPhoneもLINEのコメント打つのがめんどくさいと思っていたけど少しは友人にも返信をする気になるだろうwww
そして、iPad Proが最高のインプットマシンとして活躍できると思う。
何せ入力が快適だし、PCと比べるとバッテリーの持ちが良いからね。

最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB) - シルバー (第2世代)
 

うーん。ワクワクが止まらない!