鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

液晶テレビをブラビアからアクオスへ買い替え

f:id:hato36:20201011112116p:plain

出典:薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ

壊れたテレビの買い替えはブラビアかアクオスで迷ってシャープのアクオスを選択した。

ブラビアの故障の状態については、過去の記事を参照ください。

 

店頭での検討経緯

店頭で色味を見た時に、レグザ(東芝)とビエラ(パナソニック)は色味が馴染めず対象外となった。
そして、ハイセンス・LGなどの安価なメーカーは除外。理由はリモコンが使いづらかったりやっぱりテレビとして考えた時に馴染めないメーカーで...(値段は安いけど)

 

もともと、4K or 8Kと液晶と有機ELの違いで選択と思っていたが、サイズも結構迷った。現在40インチのブラビアだがこれが55インチとなるとかなりでかいが40インチだと文字が見辛いのも事実。(ダイニングからだと小さい文字が読めない)
なので、思い切って65インチも考えた。(設置場所的には問題ない)

あと、MacやiPadなどの画面を映すことも考慮していたが、頻度から行って低いと思われるので、そう考えるとケーブルレスにこだわることはないし、アクオスでもChromecast build-inなのでまぁ困らないかなと。
ということで、ブラビアのAirPlay対応の優位性も消えた。

あとはコストになるわけだが、55インチのブラビア 9500H(KJ-55X9500H)は、最安値でも16万弱であるのに対して、アクオスの55インチ CN1(4T-C55CN1)は、12.5万円と価格の開きが非常の大きい。

この状態で店頭でかなりの時間見比べて、尚且つ家に帰ってきてからWebでかなり検討を重ねた。

決めては価格

画面の色味やリモコンの使い勝手については、ブラビアもアクオスも大きく変わらず。
見た目もどちらも大きく変わらない。

チューナーの数はAQUOSの方が多いので同時録画が増えるメリットが大きいし、倍速という意味ではどちらも変わらない。ゲーム向けという意味ではソニーの方が優位かなと思うが、頻度からしてもそれほど気にする機能でもないように思うので、そうなると価格が大きな要素となる。

ブラビア(KJ-55X9500H)は16万円弱であるのに対して、アクオス(4T-C55CN1)は12.5万円と3.5万円の開きがある。こだわりの強いものなら3.5万円の開きを気にせずにブラビアを選ぶところだが、それほど新しいものにもこだわりもないテレビともなるとやっぱり価格が安い方がいいなと。

そして、液晶TVと一緒にエアコンを買うことで安くしてもらうという作戦も店舗によっては全く効果がなく、有ってもWebの価格ほど安くもしてもらえずということで、設置もそれほど難しくないテレビに関してはWebで買うことにした。
まぁとはいえ、家電量販店のWebサイトから買っているので一応安心もある。

本当ならばAmazonプライムデーまで待ちたいところだったが、毎日以下の状態で10分はテレビが見れない状態だったりするので、待たずに注文をした。

f:id:hato36:20201008104413j:plain

 

液晶テレビと合わせて買いたい物

せっかくテレビも大型になったことだし、他にもいくつか買いたいものが出てきた。

たまたまかもしれないが、今回家電量販店をいくつか周った際に、普通にSwitchが売っているお店がいくつか有った。もう普通に買えるのかな?正直よくわからないが、それこそブラビア買うつもりでいたこともあり、謎の3.5万円安く済んだのでSwitch買ってもいいかなと思っている。