鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

在宅勤務で自宅のWi-Fiを見直したらメッシュWi-Fiは最高だった!

f:id:hato36:20200410210504p:plain

これまではBuffaloの11nのちょっと古いWi-Fiルーターを使っていた。
我が家はよくあるマンションの縦長形状で、玄関に近い洋室にルーターを設置し、主にリビングでPCやスマホ・タブレットを使っている。

 

自宅のWi-Fiが遅い原因

リビングで通信速度を測ると、良くても15Mbpsであり、これはケーブルテレビのインターネット回線が遅いからだと思っていた。
Wi-Fiの電波強度も高い製品を選んでいたので、Wi-Fiルーターの性能や電波強度には疑問を持たず、完全に回線の問題だと思い込んでいた。

しかし、在宅勤務を始めた初日に自宅のWi-Fi経由でVPN接続したところ、Web会議でセッションがぶちぶち切れて使い物にならず...これも回線が遅いせいで起きている現象だと思い込んでいた。

致し方なく内臓SIMを使ってVPN接続し、スマホもWi-Fiを切って4Gで使っていた。後輩や同僚に聞いたらそんな事ないというので、欲しくはなかったがWi-Fiルーターを買い換えることにした。

f:id:hato36:20200410210714p:plain

 

店頭でWi-Fiルーターを見たら知らないメーカーが多数あった

本当に数年振りの買い替えで、しかも欲しくもないから何も調べずに近所の家電量販店に行ったのだが、最近はメッシュWi-Fi(機能自体は知っていた)もだいぶ安価になっていることがわかった。

買うならばBuffaloとかAtermかなとかその程度しか考えていなかったのだが、多数のメーカーがありびっくりした。
特に目についたのはTP-Linkというメーカー。メッシュWi-Fiも含め多くの種類のルーターが並んでいた。その時点ではメッシュWi-Fiならどれでも良いと思っていたが、調べてみてから買った方が良さそうだと思い購入は踏みとどまった。

 

現在のWi-Fiの速度を測ってみる

我が家はケーブルテレビのインターネット回線を利用している。
中継器を介したリビングの通信速度は以下の通り。

f:id:hato36:20200410213041p:plain

そもそも回線自体は320Mbyteと書かれている。しかし、リビングで出ている回線速度はこのレベルだった。そもそも最大速度は理論値だと思うのでそこまでは出ないのは理解できるが、ここまで遅いとは思わなかった。
確かにUbuntuとかCentOSのイメージを入手するときは困った記憶はあるが、そういう時は夜間にPCを放置することにしてから気にならなかった。

しかし、今回メッシュWi-Fiを導入しこの値が大きく改善した。

 

ルーターをメッシュWi-Fi(LINKSYS VELOP)に変えてみた

今まで使ったことのあるBuffaloやNECではなくLINKSYSというメーカーを選んだ。初期不良はどのメーカーでも対応してもらえるのと、なんとなくWi-Fiルーターって壊れにくい印象で今までも使い捨てのような感覚で使ってきた。なので初めてのメーカーでも抵抗はなかった。それと、AirMacを元々売っていたAppleが、AirMacをやめた後にLINKSYSの製品を扱っていたことが決め手。

早速導入した結果を見てもらおう。

f:id:hato36:20200410213334p:plain

こう変わったのだ。LINKSYS VELOPで!メッシュWi-Fiで。

メッシュWi-Fi全てを試したわけではないので、全てのメッシュWi-Fiで同じ結果が得られるかどうかはわからない。ただ、高速なだけなら他の機種を選んだが、接続性や安定性など、色々なサイトを見て総合的に判断した結果、店頭では売ってなかったこの機種をAmazonで購入した。

その結果は先ほどの速度の通りで、全てのネット接続が早くなり非常に満足。たかだか2万円もしないルーターだったが、10万払ってでもやるべきだったと思ったほど。
それぐらい快適になった。

高速通信できるトライバンドの製品もあるが、無線内のローカル通信では速度は不要だし、外部との接続でさらに高速であってもよほどの通信回線でないとそんな速度は出ないのでデュアルバンドでも十分だ。
お金の余っている人はトライバンドをどうぞw

 

セットアップはスマホで行う

セットアップはスマホアプリから行うようになっておりとっても簡単。
この辺も選んだ理由の一つだが、シンプルによく出来ている。
他との比較はできないが、Wi-Fiの電波強度もアプリで見ると30という数字だった。VELOPに変えてからはリビングでも80以上は出ているので電波もしっかり届いている。

セッション切れも頻繁に起きていたが、それもほぼなくなりダウンロードだけでなくYoutubeやAmazonプライムビデオ(のダウンロード)も快適。
例えるなら電話回線+モデムから光回線に変わったかのようで、無駄にmacbookやiPad Proで通信をするのが楽しい。

世界が変わったと思えるぐらいだ。
自宅の通信環境にうんざりしている人にはぜひメッシュWi-Fiを試してもらいたい。

インターネット回線がそもそも遅い人はいくらルーターを変えても意味がないのでご注意を。例えば光回線なのに全然速度が出ない人にはおすすめだ。

比較として考えていたのはハイパワータイプのルーター。これでも良い結果が生まれる環境はあるだろう。しかし、賭けをするぐらいならメッシュWi-Fiを購入した方がいい。私はそういう結論を導き出して結果大満足だ。まだ気が早いとは思うが、今年一番の買い物になりそうな予感だ。