鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

BenQ テレワークに最適なアイケアモニター GW2780Tをレビュー

f:id:hato36:20200925151225j:plain

BenQの製品レビューに参加させていただいた。
ちょうど大きな画面が欲しいと思っていたところでこの機会をいただいたのでかなり嬉しかった。BenQさんありがとうございます。

 

BenQって?

名前は知っていたが、私自身は家でも会社でも使ったことのないメーカー。
しかし、最近では会社でもテレワークという話の中で「BenQのモニタがAmazonで安かったので購入した」なんて話は聞いていた。

 

 

モニターが欲しかった理由...それはテレワークと学習のため

元々モニターが欲しかった理由は会社のPCの画面が小さいことと、テレワークで自分の時間ができたので勉強にPCを使っているが同じく画面が13インチと小さいため一日中見ているのはしんどかった。

私がテレワーク対策で購入していたものは以下の通り。

  • Bluetoothマウス(自宅で使っていたものが壊れたため)
  • Bluetoothキーボード(Vinpok Taptek)
  • ノートPC用のスタンド

4月時点ではテレワークが長引くかどうかわからないし、テレワークがなくなったら家にいる時間がそもそも短くなるので自宅のPC環境を増強するような投資は避けるようにしていた。特にモニターは投資額は大したことないが場所をとるので手が出しづらかった。少し前まではノートPCスタンドも購入せずに段ボールの上にPCを置いて目線を確保していたぐらいだ。

しかし、今回製品レビューということで「GW2780T」をBenQさんより提供いただくという良い機会を頂いたので、実際に仕事でも勉強でも使ってみた感想を共有したいと思う。

 

目に優しいBenQのアイケア技術

2013 年に初めてフリッカーフリーディスプレイを提供して以来、BenQ は皆さまにより健康的な視聴体験をお 届けするため、革新的なアイケア技術を継続的に研究開発しています。目に優しいフリッカーフリー技術、ブルー ライト軽減機能に関して、世界を代表する技術と安全における認証機関のTUV Rheinland によって認証を受 けています。
目の疲れを軽減することで快適さや生産性を高める、BenQ独自のアイケアテクノロジーの数々、長時間使用するときでも、目の健康を心配する必要はありません。「生活に楽しみと豊かさをお届けする」というビジョンを持つBenQ は、これからも目への負担を軽減し、快適なエンターテイメントライフを楽しんでいただけよう製品開発とソリューション提供を行ってまいります。

f:id:hato36:20200925163055p:plain

1日中PCを使うということは、若い人には共感を得づらいと思うが、50歳も近くなってくるとかなりしんどい。
ゲームなどの遊びであればTVやモニターを使わなければ(見なければ)いいのだが、仕事ともなるとそうはいかない。さらに、テレワーク前であれば打ち合わせなどでモニターを見ない時間も結構あったが、今となっては会議ですらモニターを見なければならない。これはかなり目には辛い状況である。

40代半ばぐらいから目の疲れを感じ始め、目薬をよくさすようになった。コロナ禍の現在では自宅にHDMIのモニターがないので、13インチ程度のノートPCを一日中見ていることになりかなりしんどい。

会社に通っていた時よりも利用頻度が高くなったのだから、それに見合った機能のモニターを購入するのがベストチョイスだろう。そんな中で、BenQはアイケア 技術について少し前から積極的に取り組んでくれているので、おじさん・おばさんだけでなく、これからパソコンを使い始める若い人や子供にも良いと思う。

 

BenQ GW2780Tの設定

今回は会社のPCを写すのもどうかと思うので、私物のMacbook Pro 13インチを使って見ていく。

このモニターで私が注目しているのは以下の機能。

  • ブルーライト軽減
  • フリッカーフリー
  • IPSパネル
  • ブライトインテリジェンス・輝度調整機能(B.I.)

実際にモニターを使い始めるにあたって、セットアップでは以下のことを行った。

 

ブライトインテリジェンス(B.I.)は既定だと私には明るすぎるので輝度だけ手動設定

期待していたブライトインテリジェンスは、モニター中央下部のBenQというロゴ部分の下にセンサーがあり、手で覆うと明るくなり手を離すと少し暗くなったりする。
この機能自体はスマホでは当たり前だったりするので非常に馴染みがあるし理解しやすい。しかし、そもそもの輝度が明るすぎると感じる。
私が普段Macbookを使っている時の輝度は半分よりも若干下ぐらいなのだが、それと比較するとかなり明るく感じてしまい目が痛いと思った。(この辺は年齢が影響しているので、人によって感じ方は大きく違う部分だろう)

なので、期待していた機能の一つではあったがブライトインテリジェンス機能は無効化して手動で輝度調整をすることにした。

それ以外は全て既定の設定とした。

 

使ってみた率直な感想

最近は仕事を早めに切り上げて、Swiftのプログラミングを勉強している。
私のMacbook Pro(2015 Early)は13インチなので、XCodeの開発環境では少々画面は狭く2画面無いしは16インチのMacbook Proが欲しいと強く感じていろいろ検討していた。

そんな折にこの機会だったので、まず2画面になったことによる画面領域の広さは非常に快適である。さらに画面が大きくなったことと、この目に優しいモニターであるGW2780Tに搭載されているブルーライト軽減、フリッカーフリー、さらに容易な高さ調整が加わって劇的に快適になった。

欲を言えば、4Kモニターならもう少し綺麗かなとか...思うが、それはここでは置いといて、安価なこのFull HDモニターはテレワークの強い味方になることを強く感じた。

f:id:hato36:20200925161846j:plain

例えば、Excelで表を作ろうと思うとこれだけ大きな画面で作ることができるのだ。
同じレベルの解像度にするとMacbookでは文字が小さくて首も前に出てきて姿勢が悪くなるが、GW2780Tは27インチと大型なのでそれも無い。

テレワークだけでなく、テレワークによって時間ができたことによるプログラミング等のデジタル学習でも強い味方になってくれている。

普段はiPad Pro 10,.5インチで読んでいるキングダムだってこんなに大きい画面ならMacのKindleアプリで十分読める。これはすごいでしょ。MacのKindleアプリってそもそも画面小さいし全く使っていなかったが、これなら全然読めちゃうのだ。

f:id:hato36:20200925152542j:plain

日中帯の仕事とその後の勉強でもGW2780Tを使っているのだが、目の疲れが劇的に改善している。普段だったら目薬を1日に数回さすところだが、午後と夕食前に一度ずつさすだけとなった。目が疲れてくると目をゴシゴシと擦ったりもしていたが、それも無くなった。目に優しいモニターとして合格だ。

私の持っているSwithがSwitch Lite出なければこれに繋げてゲームをやったら画面も大きくて快適だろうなと思ったりするが、Switchは相変わらず品薄で買えないようなのでそれは諦めようw

 

写真の確認だとブルーライト軽減って色変わっちゃうんじゃ無い?という心配

f:id:hato36:20200925154928j:plain

仕事の場合は色味を気にするシチュエーションはほぼ無いので気にしないが、プライベートでの利用ともなると写真が好きなので色味は重要だ。
iPhone・iPadのナイトシフトも22時以降は有効にしている私は、ナイトシフトにもだいぶ慣れてはきた。しかし、画面の色が変わって「あぁ22時なのね...」と感じぐらい色味が大きく変わるのは良くわかる。

しかし、このGW2780Tのブルーライト軽減機能はそれほど色味は変わらない。(写真の状態でブルーライトカットはONになっている)
全く変わらないとは言わないのと、マルチメディア・ウェブサーフィン・オフィス・閲覧で多少色味が違ったりするので、好みの色味で選べばいいだろう。
ちなみに私はマルチメディアを選んでいる。

 

意外だったピボット機能の便利さはIPS液晶だからこそ!

ピボット機能はMacでももちろん使える。(Windows10でも使えるのを確認した)
この機能はいわゆる液晶を縦に出来るのだが、Wordで文書を作っているときや資料の確認をする際に、横はそれほど使わないのでサクッと縦向きに変えて文章全体や資料の体裁を確認するのに非常に便利だ。

Swiftはまだまだ勉強中なのでそれほど長いコードは書いていないが、プログラミングをする時にも役に立つだろう。実際13インチ画面(左)に対してピボットで縦に表示するとこれほど長くコードを表示できるようになる。

f:id:hato36:20200927203226j:plain   f:id:hato36:20200927203245j:plain

昔使っていたディスプレイでもこのピボット機能はついていたが、当時のTFTモニターだと向きを変えると画面の端っこが暗くなったり色味がおかしかったりということで使わなかった。しかし、GW2780Tでは普通に使える。この辺はIPS液晶であることに意味があるのだろうと思う。

モニターを置く机と電源ケーブルに余裕を持たせておいて、必要な時にサクッとピボット出来るようにしておくことで業務効率も改善すると感じた。

ただ、縦長にすると画面上部を見る時は、顔よりも上を見ることになるので、首が苦しい場面が...ピボットする前提ならば、24インチぐらいのモニターの方がいいかもしれない。ただ、いわゆるブログなどは縦に長くなることが多いので、かなり縦長の方が良いと思うシチュエーションは多い。設置するなら写真などを見る際の横とインターネットを閲覧するときの縦のどちらもすぐに切り替えられるようにスペースを確保して設置するのが良いだろう

 

 

ダイニングでの使い方

普段Macbookを使う時も現在のテレワークでもダイニングのテーブルを使っている。
よって、食事のたびに片付けし、仕事の度にパソコンを出すということを行っている。
これはノートPCならでは...ではあるのだが、ここでモニターを使おうと思うと常設は厳しい。しかし、このGW2780Tはスタンドの上部が持ち手になっているので持ち運びがしやすいのだ。

f:id:hato36:20200926153418j:plain

今時点でダイニングやリビングの改造に着手はせずに、仕事や勉強をする時に押入れ部屋からモニターを持ってきてダイニングテーブルで使う運用にしようと思う。
設置に2分もかからないし、電源も確保はしやすいので大きな問題にならない。
モニター利用が定着してきたらダイニングに棚でも設けて常設できるように改造するのも良いかなと思っている。ちゃんと書斎がある方ならこんな使い方はしないと思うが、急遽始まったテレワークなのでこういう運用を少ししてみて様子を見てもいいかなと。

 

ネット配信の映画鑑賞にも使える!

少し期待していたのだが、4Kではないので多少荒いかなとか思っていたAmazon Primeビデオだがこれは全然あり。普通に綺麗に見れる。

f:id:hato36:20200925155426j:plain

取り敢えずは、押入れ部屋から持ち運んでダイニングで使おうと思っていたが、Primeビデオがここまで綺麗に見れるならダイニング側でお酒を飲みながら映画を見るのもかなり楽になりそう。(ただ、スピーカーは残念なので別途用意した方がいいだろう)
私が使っているこのコンパクトなSoundLinkは小さいのにびっくりするほどいい音を出してくれるのでおすすめだ。(私はMacやiPhone・iPadで音楽を聴くこときは必ずこのスピーカーを繋げている)

 

 

その他の便利な機能

私には関係ないのだが、色覚異常の方向けの機能も搭載されている。

f:id:hato36:20200926155925p:plain

色覚異常については知らなかったが、数年前に友人がそうであることを知った。
少なくとも言われるまで私は気がつかなかったし、当人もそれほど日常生活に困ることはないようだが、そういう症状の人が人口に対して数%もいるとは知らずびっくりした。でもその数%の人たちに対して機能を提供しているというのにはびっくりした。

 

外部モニター且つ2画面はやっぱり最高だった

テレワークが始まってからもすぐにはモニターを買わず、いずれ元に戻ると思っていたがすでに9月も終わりに近づいた。
この後すぐに解消することもなさそうだし、個人的には年度末ぐらいまではこのままなのではないかと思っている。そう考えると今コスパの高いこのモニターを買うのはアリだろう。自宅での学習などにもPCを使おうと思っているとか、FPSなどではないゲームをやろうと思うのであれば全然このモニターも使えるのでおすすめだ。

何せ2020年9月27日時点で2.5万円ってのは最高でしょ。 

 

製品についての詳しい情報は下記のリンクを参照ください。

https://bit.ly/3mmafho