鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

macの写真アプリで初めてのRAWファイルにチャレンジ

f:id:hato36:20170526233654p:plain

大抵のデジカメにはRAWというファイルの保存方式が存在する。
私は、画像をいじるということに抵抗を感じていたため、今まではJPEGの撮って出ししかしていなかったが、カメラとか色々悩んでいる過程で、悩んでいることのいくつかはRAWの現像?をすることで回避できるのではないかと思っている。

 

RAWファイルの現像といったらやっぱりAdobe?それともSILKYPIX?

α7はJPEGでも十分好みの色味なので、あえてのOM-D E-M5でRAWファイルの現像にチャレンジしてみた。RAWファイルの現像に当たっては、SilkypixやAdobe LightRoomを使うのが定石のように思う。  

どちらもかなり高価なソフトで、うまく使いこなせるかどうかわからないし、使いこなせたとしても、現像を毎回やることに嫌になってしまうのではないかという懸念を持っている。まずはお手軽にできるMacの「写真」というアプリを使ってRAWの現像にチャレンジしてみようと思う。

先の画像の通り、カメラの方ではRAW + JPEGという設定があると思うので、RAWで撮影するための設定をした上で写真を撮影する。(今回はOM-D E-M5のRAWで試している)

 

Macの写真アプリでSDカードの写真を読み込む

RAWで撮影した写真をMacの写真アプリで読み込むと、写真の右上に「J」というマークが表示される。

f:id:hato36:20170527004040p:plain

ちなみに上記写真では「R」とういマークも見えると思うが、実はこれがなんであるかを知るのに時間がかかった。ちなみにJPEGだけで撮影してMac取り込んだ写真は「J」も「R」も表示されないが、RAW + JPEGというモードで撮影したものは、デフォルトで「J」が表示される。

 

macの写真アプリでRAWとJPEGの切り替え

f:id:hato36:20170527004955j:plain

RAWファイルの編集をするには、まず写真アプリで編集ボタンを押す

編集状態にした後に、メニューのイメージを選択する。

f:id:hato36:20170527005445j:plain

そうすると、「RAWをオリジナルとして使用」というメニューが表示されるので、これをクリックすると、写真アプリの一覧を見ると「R」と表示されるのだ。これでRAWファイルをオリジナルとして画像を調整することができる。

色々調整は出来るのだが、あまり弄り過ぎるとその時に目で見ていた思い出が変わってしまうような気がするので、あまり弄り過ぎないようにしたいと思っている。(そういう事も踏まえて、RAWのみの撮影ではなくJPEG+RAWの撮影がオススメ)

 

実際にどれだけ変わるのか?

以下はJPEGそのまま

f:id:hato36:20170527012242p:plain

 

JPEGを写真アプリで補正(ちょっと明るくなり色味も鮮やかになった)

f:id:hato36:20170527012325p:plain

RAWそのまま(かなり暗い)

f:id:hato36:20170527012447p:plain

RAWを写真アプリで補正(上品にかつ花の部分を際立たせてくれた)

f:id:hato36:20170527012616p:plain

 

写真アプリで補正というのは、Macの写真アプリの補正ボタンを押しただけで、私の好みで補正をしているわけではない。写真アプリが自動的に画像を元に補正をかけてくれただけである。

 

私の感想

個人的には、JPEGの微妙な空気感というか色味は悪くないと思うが、初めて使ったデジイチがSONYの私からすると派手めなカラーがどうしても好きで、それと比較すると色味に物足りなさを感じてしまう。

しかし、RAWの現像結果(補正後を含む)を見てから、JPEGを見るとちょっと派手すぎるかもと思える。

自然に綺麗だと思えるのはRAWの補正後だと思う。

そういう意味ではRAWでの撮影には意味があるし、RAWの現像が出来るようになると画素数はもちろん関係あるが、カメラとレンズはボケとかノイズとかそういう部分以外はメーカーはどうでもいいんじゃないかと思えてくる。実際最後のRAWの補正後は、OM-Dで撮影したものではあるが、SONY好きな私が見ても、違和感がないというかむしろ好きな部類の写真に仕上がっている。

最近のデジカメではよくあるセピアとかいろんなモード(フィルタ)もMacの写真アプリにはあるので、とりあえずRAWで撮っておき、あとはmacで好きなように変更してあげればそれでも十分楽しめる。

ボケはもちろんデジイチであるが故の特権みたいなものだが、最近はボケにも飽きてきて、むしろバチっとした写真が好きになっている。
そういう意味ではPEN-Fとか高画素で今ある望遠も使えるので(動きが止まっているならw)野鳥もOK!って感じで次期カメラはいいかもしれないと思い始めた。

 

追記 結局PEN-Fは買わず、富士フイルム X-Pro2を購入

PEN-Fは以前持っていたPEN Light(E-PL1)の時に近いイメージでファインダーも内蔵しているしとても良いと思っていた。しかしPROレンズは結構高価だし、それなら初ではあるが興味のあった富士フイルムでAPS-Cの方がいいのではないかという事になり、X-Pro2 グラファイトエディションを中古で購入した。その後については以下を参照。

www.810note.com

www.810note.comwww.810note.com

www.810note.com

www.810note.com

www.810note.com