鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

フルサイズからAPS-Cへ乗り換え(SONY α7→Fujifilm X-Pro2 Graphite Edition)

f:id:hato36:20181020130329j:plain

とうとうマップカメラから荷物が届いた。
そして、フルサイズからAPS-Cへ移行することが決まった。

 

フルサイズからAPS-Cへ移行

既存の機材一式(主にα7関連)を下取りに出し、APS-Cのカメラを手に入れた。
ちなみにマップカメラには先取交換というサービスがある。

簡単にいうと、下取り予定の機材一式をあらかじめ登録しておき、それを元手に新しい機材を先に手に入れるというサービスだ。

もちろん下取りの機材は1週間以内に発送する必要があるのだが、早く手に入れたい人にとっては嬉しいだろうし、一時的に購入した機材と下取り機材の両方を手元に置いておけるので、発送前の機材で新しい機材を撮影できるというメリットがある。

比較すると言う意味でも良いサービスだ。

 

マップカメラの先取交換

私も手に入れるまで我慢ができなかったのと、先取交換という非常に興味深いシステムを使ってみたかったというのもあって、実際にこのサービスを利用した。

が、いきなりつまづいた。。。

先取りの上記写真の機材はすぐに届いて手元のα7と並べて観たりすることができる状態ではあったのだが、しっかり梱包準備をしていたのもあって並べて写真を撮るのは諦めた。

そして、週末になっていざ機材を梱包して発送して数日後...
マップカメラから残念ながら先取り交換はできないというメールが...(涙

一体何事か?と思ったのだが、メールをよくよく見ると、今回先取交換の交換品として送付したRX10(無印)のレンズにカビが生えていて、ワンプライス買い取りができないということだった。

 

マップカメラの先取交換の条件

先取交換はワンプライス買い取りというシステムになっており、よほどのことがない限りは査定なしでそのまま提示された金額で買い取ってもらえる。
実は私が送付したOM-D E-M5はアイカップを紛失しており、さらにはグリップをつけていたこともあり、底面のグリップ接続部のゴムキャップも紛失していた。ついでに言えば、元々私がキタムラで中古購入したものだが、ボディのみで下取りに出した。箱はレンズキットのものだったが、それでも全く問題なく買い取ってもらえた。
しかし、RX10(無印)のカビ(全く悪気もなく気が付いていなかった)はダメだったというわけだ。

正直ルールはルールなので先取交換NGと言われても仕方ないと諦めるしかないが、先取交換では無くなると査定額が10%アップの恩恵が受けられなくなる。
数万円程度であれば査定アップ率も数千円なので別に気にしないが、2桁万円ともなると、10%はx.x万円ともなり流石にダメージが大きい。

 

しかし!救いの神現る

下取りとしての10%UPを失うことになる予定だったが、今回に限っては下取りとして扱っていただけるとのこと。しかもRX10も査定してくださるというのだ。マップカメラさんありがとう!
ちなみにRX10は32,000円でワンプライス買い取りしてもらえる予定だったが、3,500円となった...(まぁカビが生えていると言われたら致し方ない)
電子防湿庫に入れていたのだが...。そこまで防湿庫を過信してはいけないのだろうか?はたまた持ち歩き時にカビが生えてしまったのだろうか?

HAKUBA 電子防湿庫 E-ドライボックス 60リットル KED-60

HAKUBA 電子防湿庫 E-ドライボックス 60リットル KED-60

 

 

色々あったが下取りで機材を売って新しい機材を手に入れた

長いようだがこれが1週間の出来事。マップカメラ側の対応もスムーズで感心できるレベルだった。また売ることがあれば是非利用しようと思う。

 

そして私はフルサイズからAPS-Cに乗り換えた

f:id:hato36:20181027134357j:plain

と言うことでX-Pro2を購入した。
やはりレンズラインナップとJPGの撮って出しの空気感が自分に合っていた。

X-Pro2 Graphite Edition!「グラファイト」だ

f:id:hato36:20181027134245j:plain

カメラに対して自分史上最高の喜びを感じている。
中古でありながら当時新品で購入したα7よりも高価なカメラ。
大満足。特に見た目には。所有欲は最大満たされる。
Graphite Editionではなくても見た目は十分満足していたが、Graphiteカラーになっていることでさらに満足度が上がった。

 

レンズも同時購入

レンズも買い揃えた。
先ほどの写真に写っているものはXF 14mm F2.8 Rであるがそれ以外に2本揃えた。

  • XF23mm F2 R
  • XF14mm F2.8 R
  • XF18-135mm F3.5-5.6

合計3本。用途は決まっている。

 

XF 23mm F2 R

これは普段のスナップ用。基本的に何を撮るにもコレ。
最短撮影距離は22cmなので何を撮るにも万能。
そのうちF1.4とか欲しくなってきて心が揺れるだろうが、このレンズはグラファイトエディションに付属しているレンズで、レンズボディーもグラファイトカラーなのでX-Pro2を持ち続ける限りは絶対に売らない。

www.810note.com

 

XF 14mm F2.8 R

35mm換算で21mm相当のレンズ。
これは、風景写真で35mmよりも広角が欲しくなることがあることを想定して購入。
風景写真を撮ったりするときに役立つし何気にコレも手放せないレンズ。 

www.810note.com

 

XF 18-135mm F3.5-5.6

このレンズは山登り用万能レンズとして購入。しかし、ずいぶん山登りにも行っていない。いや、2020年はコロナのおかげで行くことができなかった。
忙しかったのもあるがなかなか活躍の場がなかった。

しかし、普段のスナップで使ってみたら意外と写りも良い。
万能でありつつ、馬鹿にできない良いレンズだ。
これは旅行の時とかも役立つと考えていて、単焦点一本とコレがあれば大体満足できそうだ。

www.810note.com

 

XF 100-400mm F4.5-5.6 Rを追加

野鳥撮影用に2019年05月に追加で購入した。

www.810note.com

当初から短焦点レンズはもう数本買いたいと思っていたが、望遠を買う予定は無かった。というのも2017年11月に最強の野鳥カメラであるSONY RX10m4を購入していたから。

www.810note.com

野鳥を見に行く時は妻は双眼鏡で私がカメラを持つ形になることを想定していた。その際に私がRX10m4で撮影するはずだった...はずだったが、この望遠がすこぶる良くて、結局妻がRX10m4を野鳥撮影時に使い始めた。あぶれた私は自分用のレンズを追加購入することになった。600mmの望遠としては安価で、α7のフルサイズからAPS-Cに乗り換えていてよかったなと思った瞬間だw
しかし、元々色味が好きだった富士フイルムで野鳥を撮影する時が来るとは正直思っていなかったが、もうコレも手放せない。コロナ禍でどこにも行っていないが近所の里山で今年もこのバズーカが火を拭くことは間違いない。