鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

X-Pro2に変えてから初めての箱根ガラスの森(2020年06月)

f:id:hato36:20200616132632j:plain

X-Pro2 + XF 23mm

コロナ禍の箱根ガラスの森に顔を出してみた。
県内なので一応セーフだと思う。

 

気分転換にガラスの森へ

事前に調べていて、紫陽花はまだまだだということはわかっていたが、バラも残っているだろうし、ドライブと気分転換を兼ねてということで向かった。

実際、これまでみたことのない空きっぷり...コロナの影響は本当に大きい。
こういう素晴らしい施設が無くならないようにするためにも、お近くの方は是非足を伸ばしてもらいたい。もう少し日が経つと紫陽花もたくさん咲くはず!!

f:id:hato36:20200616133034j:plain

X-Pro2 + XF 18-135mm

f:id:hato36:20200616133548j:plain
X-Pro2 + XF 18-135mm

こんな感じで全く咲いていないわけではないのでご安心を。
ただ、決して多くないし、期待しすぎるのはよくないので、アナベルの滝がどうなっているかというと...

f:id:hato36:20200616133520j:plain
X-Pro2 + XF 18-135mm

こんな感じで青々としている。
ただ、個人的にはなんども思っているしここでも書いているかもしれないが、混んでいる時期(=満開後)に行くと、混雑しているという辛さもあるし、何より満開の紫陽花の中に、早咲きで枯れ始めている紫陽花が絶対にあり、それを見るとすごく残念な気分になるので、むしろ早めに行って紫陽花を堪能することをオススメする。(にしてももう少しだけど)

 

最後に行ったのは2年前でX-Pro2では初めてのガラスの森

二年前にいったガラスの森の写真は下記でご覧あれ。 

hato36.hatenablog.com

何気に二年前なのだなと...仕事が忙しかったのもあるし、何より父の入院や介護の問題もあったのですっかりご無沙汰となっていた。
私は金曜日にお休みをとって、、、、といっても前日は遅くまで仕事していることが多かったので、午後からガラスの森に行き、夕方は御殿場プレミアムアウトレットで買い物と食事をするというパタンが多い。しかし、それもずいぶんできていなかったのだなと改めて思った。心と体のバランスは重要なので適度に休みを取るということを忘れないようにすべきだと改めて思った。

ちなみに上の記事はα7なのだが、富士フイルム X-Pro2に買い換えてから初めてのガラスの森なのだなと自分自身改めて気が付いた。
そして、X-Pro2購入時に山登り用...と思って購入した便利ズームのXF 18-135mmも、普段あまり使う機会は無いのだが本体性能と合間って意外と良い写りをする。
上手い人からしたらわからないが、素人レベルでは非常に満足度が高い。

f:id:hato36:20200616132733j:plain
X-Pro2 + XF 18-135mm

先に現在は空いているということを書いたが、どれぐらい空いているかというと、、
上の写真に人が一人も写っていないほど空いているwww
これ、写真を撮る人にとっては非常に嬉しい状況ではないだろうか?
外国からいらっしゃっている方もいないし、観光バスももちろんいないしで、ご夫婦やカップルが多く、一部親御さんやお子さんといらっしゃっている方がいるレベル。(平日だよ)

今なら写真取り放題だ!!

バラや紫陽花の撮影を楽しむのはもちろんですが、空いているので空いているベンチに余裕で座れるし、ベンチに座ったまま写真撮影も可能。(コロナ前なら人がかぶるし映り込む)

XF 18-135mmって便利ズームだと思っていたけど結構やるね

f:id:hato36:20200616133008j:plain

X-Pro2 + XF 18-135mm

f:id:hato36:20200616133014j:plain

X-Pro2 + XF 18-135mm

ガラスの森としては、ガラス細工と庭園内の花の撮影という印象が個人的には強かったが、ある時からこの雰囲気を撮影するということが楽しいと思い始めていた。
今回はバラも終わりかけてきていたし、人もいなかったことから庭園内のちょっと違ううところにも目をつけて光や緑(コケなど)も撮影してみた。

そして、改めて思ったのは、写真の上手い人は何か特定のものを撮影する能力はもちろん高いのは分かるが、それ以外のものに対して目の付け所が鋭いと感じた。

私がそうだとは思わないが、少なくともそう感じた。感性の問題とか詳しいことはわからないが、上手い人は何気ないことに目をつけてそれを美しく切り取る。
私も常にそう心がけて写真を撮りたいと思った。

f:id:hato36:20200616133841j:plain

X-Pro2 + XF 18-135mm

単焦点のレンズも面白いし、工夫しながら撮影することに楽しみがあることはこれまでの写真撮影の中で学んできたつもりだが、RX10m4を野鳥撮影などでも併用してズームの便利さには改めて気が付いていた。
ボケとかはかなり厳しいことになるが、最近はスマホでもボケの写真が取れるようになり、多用されている現状からすると、むしろパンフォーカスの方が美しいのではないかと思えるほど。単に食傷気味なだけかもしれないが。

f:id:hato36:20200616133906j:plain

今回は23mmのレンズと18-135mmの二本を持ち込んでの撮影だが、大半はXF 18-135mmでの撮影となった。 

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 付属品
 
FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

  • 発売日: 2014/07/05
  • メディア: Camera
 

XF18-135mmのレンズの撮影サンプルをご覧いただくと分かるが、レンズ自体の性能はもちろんだが、それ以上に被写体をどう捉えるか?何を被写体とするか?が撮影のそもそもの話で、その後に構図とかの話になるのかなと思う。(素人レベルでは)

fujifilm-x.com

その構図とか、状況に応じて単焦点の明るいレンズだとか癖のあるレンズだったら...なんて話が出てくるのかなと。ただ、趣味で撮影している以上は好きなように楽しめればそれでいいというのが結論なのかな。所詮素人が何を言っても説得力にはかけると思うが、皆でフォトライフを楽しもう!X-Pro3が発売されて中古がほとんどだが、いまだX-Pro2の性能は使いきれていない私でした(汗

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

  • 発売日: 2016/03/03
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 ブラック FX-X-PRO3

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 ブラック FX-X-PRO3

  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

hato36.hatenablog.com

 

 

hato36.hatenablog.com

 

 

hato36.hatenablog.com