鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

2020年 山中湖の紅葉観賞

f:id:hato36:20201112132621j:plain

山中湖に紅葉を見に行ってきた。
事前の天気予報では晴れだったのだが、残念な曇りの天気だった。
青空と紅葉も見たかったがそれはまたの機会にとっておこう。

 

思っていたよりも人出は少なかった

f:id:hato36:20201112133940j:plain

かなりの人がいるのではないかと想像していたが、予想よりも人は少なかった。
団体客がいないというのが大きいのかもしれない。
観光バスも何台かは止まっていたが、ピーク時よりも圧倒的にすくない。
やはりコロナ禍の影響を受けているのだろう。

f:id:hato36:20201112135249j:plain

車移動が基本の人からすれば、車が無料で止められて紅葉が見れる場所としては最適だ。私の隣の駐車場にはおばさま4人が一台に乗って来ていた。

 

だいぶ葉っぱが枯れていた

f:id:hato36:20201112133849j:plain

ひょっとしたら先週の方がよかったかもしれない。
落ち葉が多いので、曇っていてもなんとなく紅葉を味わうことができたのだが、木についている葉の方はだいぶ枯れてしまっているものが多い状況だった。

f:id:hato36:20201112133630j:plain

しかし、紅葉した葉が風に当たって落ちてくるのは見ていて心が洗われる様だ。
横を走る車の音が聞こえる場所だが一瞬無音になる様な感覚になる。

今更ながら動画を撮ればよかったと思ってしまった。

 

被写体さがし...落ち葉だって綺麗

f:id:hato36:20201112133024j:plain

被写体としては落ち葉も面白い。
過去にもいろいろな落ち葉写真を撮っている。綺麗な落ち葉は持ち帰り、ラミネート加工をして栞里にしても良い。

f:id:hato36:20201112133544j:plain

松ぼっくりなんかも結構あるが、確か昨年野鳥観察をしていた時に松毬を大量に拾っている人がいて、「なんでだろう?」と思っていたが、妻に聞いたらメルカリで打ってるのかもよ...と言われてびっくりした。

別に悪いことでもなんでもないが、松ぼっくりが全く落ちてない林というのも不思議なので限度を持ってやって欲しいと思う。

 

今週末が限界だろう

f:id:hato36:20201112132823j:plain

しかし綺麗な葉も探せばなんとかなるが、今週末が限界と言った感じだろう。
この紅葉エリアを往復したのだが、往路はXF14 F2.8 Rで撮影していたが、広範囲に撮影してしまうとどうしても枯れた部分が目についてしまうので、復路はXF 100-400mmにレンズを変更して撮影した。

枯れている葉を避けて撮影しようと思うとズームがないとかなり厳しい状況だ。
寄って撮影するには植え込みに入らないといけなくなるので、あまり良い行為とは思えない。

今週末に撮影に行く人はズームレンズも持っていくと良いだろう。

 

しかし三脚を通路に立てる迷惑なおじさま

f:id:hato36:20201112133924j:plain

同じ富士フイルムのX-T?のカメラを三脚を立てて撮影しているおじさまがいた。
動画だろうか?
いずれにしても通路の半分以上に三脚を立てて通行を邪魔している。
犬の散歩をしている人も迷惑そうだった。空いている日ではあるが、迷惑を顧みない行為はやめて欲しいし、こんな親を持つ子は同じ様に迷惑をかける子供になるのだと思うと怖い。

せめて一脚ですぐに移動できる様にしてもらいたい。

 

野鳥は少なかった

f:id:hato36:20201112135309j:plain

残念なことに人も多いからか野鳥はあまり見れなかった。

シジュウカラは鳴いているものの松の木の上の方を飛んでいて紅葉や松の木々でかなり厳しかった。そしてコゲラも見たかったが残念なことに見ることはできなかった。

全く見れなかったわけではない。
野鳥についてはこちらのブログに移動するので、こちらを見てもらえたらと思う。

snapbird.hatenablog.com