鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

野鳥撮影時のシャッタースピードの目安

f:id:hato36:20201115132757j:plain

少しずつではありますが、シャッタースピード、ISO感度、F値の関係がわかりつつあります。野鳥撮影は私のカメラ知識向上にも役立ってくれています。

今なら明るいレンズがなんで良いのか!何が良いのか!をちゃんと答えられます!

 

野鳥撮影時の目安として、障害物のない明るい所では1/1000sから、木の合間などの暗いところは1/250sから撮り始める

どこかのブログで、野鳥撮影時のシャッタースピードが1/250sと書かれていたのを見て、まずは1/250で撮影をしていました。しかし、明るい場所でそのシャッタースピードにしてしまうと、少し明るすぎたり明るさに対してシャッタースピードが遅くてぶれたりする事が多々ありました。最近の失敗例のほとんどはこれによるものです。

しかし、明るいところでは1/1000sで始めればだいぶ安定してきました。
素人の私なりに試行錯誤した使い分けと補正について以下にまとめていきます。

 

現在はSONY RX10m4も富士フイルム X-Pro2もシャッタースピード優先で撮影

主にはX-Pro2での撮影の練習ですが、まず以下の様な明るい場所での撮影は、1/1000sでOKです。むしろもう少しシャッタースピードをあげた方がブレが少なくて良さそうです。

f:id:hato36:20201212134608j:plain

f:id:hato36:20201212134507j:plain

上の写真は1/1000sで下の写真が1/250sです。ぱっと見どちらも普通に撮影できている様に見えますが、下の写真はブレています。(拡大するとわかります)

さらに上の写真はノイズも少ないですし、もう少しシャッタースピードをあげれば、ぱりっとした良い写真になりそうです。(あげすぎるとノイズが乗ってしまいますが)

 

明るいレンズならばシャッタースピードが稼げる

この辺が今まで間違えていたところで、具体的には今まではどんな場面でも1/250sから撮影し始めていたと言うことです。
明るいところでは1/1000sから始めて、結果を確認しつつシャッタースピードを変えていく方が間違いなさそうです。暗すぎればシャッタースピードを早くし、明るすぎれば遅くする感じです。

実際、いままで普通にAUTOの設定で、スナップで撮影していた写真のシャッタースピードを見てみました。

F2や、F2.8のレンズですと、シャッタースピードがそもそも変わる点も含めて面白いです。よくこの手の比較ってありますが、自分がその場にいたわけではないので、明るさもよくわからないので理解しづらいと思います。私もそう思って流し見していました。
しかし、いざ自分の撮影した写真を眺めていると、F2ぐらいだとシャッタースピードは1/8000sとかだったりするのです。

今までであれば、そもそもシャッタースピードを意識していなかったので、木にもなりませんでしたが、野鳥撮影を機に、シャッタースピードを理解する様になり、ようやく理解する気持ちになってきましたし、少し理解できました。

これで明るいレンズが必要だと言う理由を聞かれても答える事ができますw

明るいレンズならば、シャッタースピードをより早くできる=ブレを抑制できる 

 です。ボカせるとか、スナップだとまた別のメリットもありますが、野鳥撮影においての明るいレンズはシャッタースピードをより早くできるメリットがあります。
そう考えると、私の持つX-Pro2+XF100-400とRX10m4で比較すると以下の通りです。

RX10m4 最大望遠時 600mm F4.0

X-Pro2 XF100-400mm 最大望遠時 609mm F5.6

もう言いたいことはお分かりかと思います。X-Pro2よりもRX10m4の方が暗所の撮影において優れていると言うことです。

もちろんAFやセンサーサイズによる表現の違いなどはありますので一概にどちらが良いとはいえませんが、暗所において撮影のしやすさはRX10m4の方が優れているのです。

 

理解できるとどうすれば撮影しやすくなるかに納得できる

今までならデタラメに焦点距離の長いカメラを選ぶぐらいしかできませんでしたが、今回シャッタースピード、F値(明るさ)、ISO感度(ノイズ)について理解ができました。

ISO感度で高い数値まで使えるカメラならばシャッタースピードをあげても良いですし、明るいレンズならばシャッタースピードをあげる事ができます。

そして、明るいレンズはボケだけでなく、シャッタースピードをあげるのに役立つため、望遠レンズが明るいと言うことが、野鳥撮影においてものすごい武器になる事が理解できました。
白いバズーカで、高価なレンズを持っている方の意図がわかります。(趣味でどこまで必要かは別の議論なのでここでは触れませんw)

いままでAUTOだけでしか撮影してこなかった私からすると、目から鱗状態です。

野鳥撮影もAUTOで全て済ます予定でしたがw、想定外のレベルアップができそうです。実は焦点距離がもう少し欲しいと思っているところもあり、レベルアップついでにXF1.4 TC WRも欲しいなと思っている次第です。サンタクロースが持ってきてくれないかなー。

 

ま、急ぐものではないですし、色々試しているのが楽しいところではあるので、次の週末にも時間があれば、探鳥と合わせてシャッタースピードの検証をしてみようと思います。新しい野鳥スポットを近場で見つけたので、ひょっとしたら今まで見れなかった野鳥が見れるかもしれません!