鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ナイキ ジョイライド ラン(JOYRIDE RUN)で走ってみた

f:id:hato36:20201113112137j:plain

ナイキのジョイライド ランを履いて実際に走ってみた。
当初クッショニングや履き心地、反発などの見出しでまとめようと考えていたのだが、実際に走ってみるととてもそういうまとめ方のできるシューズでは無いという状況だった。どういう事かは内容をご覧いただきたい。

基本的に現在履いているペガサス36との比較を書いていく。

 

私のレベルと状況

まずレビューにあたって私のレベル感や状況についてお伝えしておく。
コロナ禍のテレワークで少し走る時間が増えている。とは言え、忙しい時は走れないし、明るい時間も人が多いので走るのは避けている。
あまり遅い時間にも走らないので大体月間50km前後。
※5km前後を週に数回走るイメージ

そして、週末に時間ができた時でも10km前後を走るぐらい。
ペースは大体5分x秒〜5分30秒ぐらいで、ミッドフットで走っている。

2年前に走っている最中に足が痛んだことがあり、2ヶ月ぐらい走るのを止めていた。
右足がオーバープロネーション気味になったのだ。
その後、ズームストラクチャー20を購入し、さらにフォームの改善などに取り組んで現在に到る。痛みは全く出ていない。

その際に病院でも言われたが扁平足気味であるようだ。

ランニング自体は既に20年近くやっている。と言っても熱心に取り組んでいるのはここ数年のことであり、それよりも前は月に数回(週末)に走る程度(月20km前後)だった。

 

シューズに足を入れてみた

f:id:hato36:20201113112534j:plain

ジョイライド ランは発売して一年以上経過しているが、私には最新なのでワクワクしながらシューレースを締めた。ヒールの部分が内側と外側で分離していて不思議なフィット感となる。ただ安定感は高い。このヒール部分の作りは一つの正解だと思う。 

もちろん店頭でも履いたが、実際にランニングソックスを履いてシューズを履いたら、意外ときつく感じる。
歩いた感じのクッショニングは良好だがペガサス36とは違う。
ペガサス36は全体のクッショニングが良いが、ジョイライド ランは柔らかい部分と硬い部分とが混在している。

 

最初の2kmまでの感想

敢えて2kmとしている。2kmでシューズのクッショニングが変わったのだ。
走りはじめは硬いと感じた。クッションが効いていないとすら思えるほど。

そして走りはじめはビーズが安定しないからか、足裏外側が走り始めて早々に痛み出した。

f:id:hato36:20201118083403j:plain

普段使わない筋肉が痛む感じ。シューズを変えてもこんなことはなかった。不安定なビーズに乗って走っているためか、足裏の外側の筋肉が使われたのだと考えている。

そんな間も相変わらずクッションが効いている感じはしない。公式でペガサス36に対して14%もクッションが向上していると言われているにも関わらずだ。
しかし、ひょっとしてと思い、ミッドフットからヒールストライクに変えてみたところ、ヒール部分のクッショニングは非常に高かった。
しかし、シューズに合わせて走り方を変えられるほど器用では無いので、普段通りミッドフットで走り続けた。

 

2kmを超えたあたりで様子が変わった

2kmを超えたあたりでこのシューズの雰囲気が変わった。
足裏の外側の痛みも無くなった。おそらく足が慣れたか、ビーズが馴染んだのでは無いかと思う。それと共に、ミッドフットでもショックが吸収されていると感じる様になってきた。要は走りはじめの違和感が無くなってきた。
しかし、ペガサス36と比較してクッショニングが高いと言えるほどでは無い。
そしてショック吸収時の沈み方が不思議だ。砂浜を走っている時の様な沈み方をする。
要はショックは吸収されるが反発をあまり感じない。

履いて直ぐよりは良くなったが、公式で言われている感覚とは程遠い。

f:id:hato36:20201118102420p:plain

出典:https://www.nike.com/jp/running/shoe-finder

公式では上記の様な表現だ。軽めのランという点には同意できるが、クッショニングと反発力についてはいずれもペガサス36の方が高いと感じる。

 

4kmを超えて再び様子が変わった

走り初めに感じていた足の痛みはすっかり無くなった。
そしてクッションも良い感じになってきた。ペガサス36とは明らかに感じが違うが、ショックを吸収してくれる。やはりビーズが馴染んできたという事だろうか?
だとすると、慣らしの必要なシューズだと思うし、ひょっとしたら気温などによってはこのビーズが硬くなったり柔らかくなったりするのでは無いかと思う。
仮にそうだとすると、劣化も早いのではと今から危惧してしまう。

クッションが良くなってきたと共に、徐々にわずかながら反発も感じる様になってきた。しかし、不思議な事にペースが上がらない。先日の歯の処置をしたこともあって、1週間ぶりのランニングではあるが、私の場合は1週間開くことが珍しいことでも無いので、やはりまだ自分がシューズに馴染めていないのだろうか。

さらに走り進めると、つま先側のビーズも馴染んできたのか、足の指先が少しくすぐったい感じになった。ビーズが指の間に入り込んでいる様な感覚。そしてその後には指先にもビーズの凹凸を感じる様になってきた。これがまたくすぐったいw

今回は時間の関係で5km強のランニングだったが、走っていて様子の変わるシューズというのは初めてで、なおかつ次回以降どういう感じになるのか興味深い。
例えば今回4kmで感じた状況ならばまだ良いが、毎回走りはじめに違和感を感じる様なシューズだと少々不安になる。

それでもヒールストライクならばクッショニングは高いし、あまり意識しなくて良いが、ミッドフットやフォアフットの方は不思議な違和感を感じると思うというのが最初の5kmを走った現時点の感想だ。

 

大迫傑さん・他の方の感想

走っていると芝生の上という感覚はないが、むしろ歩いている時に芝生の上の様なふかふか感を感じる。

興味深い。私と同じ様な感覚の様子。
コメントも見てもらいたい。クッショニングについても、反発についても私と同じ感覚だ。そして何気にペースも私とほぼ同じw

ただ、疲労感については私はほぼ普段と変わらなかった。同じシチュエーションや季節じゃないのでその点は考慮する必要はあるが。

 

シューズの重さ

正直重いとは感じない。
これはスリッポンの様にフィット感が高いからかもしれない。
ただ、足の甲が低い私でもフィット感が高いと感じるぐらいなので、足の甲の高い人はきついと感じると思う。もう少し長い距離を走ってみてから、改めて重さについての感想を書かせてもらおうと思う。

 

不思議なシューズ

初回の履いた感想は不思議なシューズ。
そして慣らしが必要なシューズ。これが私の感想。

f:id:hato36:20201118105852p:plain

ヒール部分がシューズの一番分厚い場所で、ビーズが一番多いからか、ヒールのクッショニングは高い。これは間違いない。ヒールストライクの方は初回から全く違和感ない至高のクッショニングが味わえると思うが、ミッドフットやフォアフットの人の場合は先の通り違和感を感じると思う。

初心者向けとか書かれていたりするが、これはヒール部分の安定性が高い点を挙げれば理解できるが、私が走りはじめに感じた不安定感?による足裏の痛みは、知っておいて良いと思う。体幹がしっかりしている人なら感じないかもしれないが、少なくとも私はびっくりした。

今後、並行してズームストラクチャー20とペガサス36とも改めて履き比べをしてみるつもりなので、複数回に分けてレビューをさせてもらう予定だ。