鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ランニングシューズ ナイキ ジョイライド ランを購入

f:id:hato36:20201113112137j:plain

「NIKE MEMBER DAYS」というメンバーならば30% OFFになる期間が11月初旬にあった。現在ランニングシューズはペガサス36とズームストラクチャー19を愛用しているが、ズームストラクチャーもだいぶくたびれてきているので、新たにジョイライドランフライニットを購入した。

 

いくつか試し履きをした

現在はペガサス36はとても履きやすくて気に入っている。
普通に考えたらペガサス37を買えばいいようなものだが、それでは36の出番がなくなる。古い36より37の方が良いのは間違い無いだろう。

ここはあえて別メーカーや別の種類を買ってランニングを楽しみたいので、ペガサス37は試し履きすらしなかった。

試したのは複数あるが、基本的にNIKE。以前 on や HOKA ONEONE、New Balance、adidasも試している。しかし、メーカーによっては試したいと思っていたシューズがなかったりもしたのだが、どれもしっくりこなかった。

強いていうならば、 on はとてもニュートラルな感じがしたのと、軽さがとても良かったが今回は選ばなかった。

NIKEについては、以下のものを試した。

  • インフィニティ ラン フライニット
  • ズームフライ3
  • ズームペガサス ターボ2
  • フリーラン5.0
  • ジョイライド ラン フライニット

まず、以前から一度は買ってみたいと思っていたズームフライだが、やはり私程度(1km 5分前半)のレベルで履くにはちょっとオーバースペックな感じ。
前のめりの感じがスピードを上げていってくれそうだが、スピードよりも距離の方を重要視したいので今回はパス。

ペガサスターボ2もペガサス36と近い履き心地で、ペガサス36より跳ねる印象。
しかし、近い履き心地は求めていないので今回はパス。

インフィニティ ラン フライニットは何度かサイズを変えつつ履き比べたのだが、どうも足にしっくりこない。ミッドフットで着地した時のショックの吸収の仕方が何か違う。安定性も高いようだし、とても良さそうだと思っていたのだが、私はリアクトに馴染めないという事なのだろうか?少なくともしっくりこなかったのと、シューズを試すほどたくさん持ちたくないのもあってパス。

実は買うならフリーランが良いと思っていたのだが、履いてみた感じびっくりするほどショックの吸収がなく不安になったのでやめたw
ショックの吸収がないのは、この靴の特性なので当然なのだが、逆に今のペガサス36などがいかにショックを吸収してくれているのかを実感できたとともに、全くショックが吸収されないことに恐怖を感じた。
フリーランを買うつもりならば、その前にasicsのターサージールとかadidasのタクミとか薄底系の靴を履いてみてからの方が良さそうだ。ゆっくり短い距離をという前提で考えれば問題ないかもしれないが、ここまでショック吸収の靴の恩恵を受けている事にも驚いた。

 

という事で、ジョイライド ラン フライニットを選ぶ事にした。
しかし、ジョイライドにも若干の不安はあった。というのも、ズームストラクチャーはペガサスに対して走っていて重いと感じており、そのズームストラクチャーと同等以上の重さがあるようなのだ。(購入を決める前にスマホで調べたw)
私の持っているランニングシューズの中で一番重い事になる。

  • ペガサス36 重さ 28cm 273g
  • ズームストラクチャー20 28cm 314g
  • ジョイライド ラン フライニット 28cm 323g

しかし、今後どんどん歳を重ねていくと、怪我予防などでサポートのしっかりとした靴を履いていくだろうし、ある程度の重さの靴にも慣れないと靴の選択肢もなくなってしまうので、ここは思い切ってジョイライド ランに決めた。

意外な事に店頭では数値ほどの重さは感じなかった。
まだ走っていないので、走った時の重さなどは別途レビューしたいと思うが、店内を走ってみた程度だと、重いとは感じない。重さは走り続けて疲れてきた頃に感じるものなので走ってみないと現時点ではなんとも言えないが。

買ってしまったものは仕方ないので、重いと感じたら重いと感じないレベルまで筋力をUPするしかないw

走っていない日はSIXPAD Foot Fitもやっているし大丈夫だろう。

 

 

ジョイライド ランの見た目

見た目はそれほど気に入っていないw
これからの季節ダークな色味のランニングウェアが多いので、色味的にはいいかなと思っているが、正直言って見た目だけならインフィニティ ランの方が好きだ。
真冬になればペガサス35シールドもあるので、黒でなくても良かったが、ペガサス36と同じ様な黄色だと面白みがないし、差し色のピンクが気に入ったのでこの色を選んだ。近所のコースで似た色を履いている人がいないのも選んだ理由の一つ。

トゥガードがない

f:id:hato36:20201117095204j:plain

(少々汚くて恐縮だが)私のペガサス36の写真を見てもらうとわかる。一般的なランニングシューズのつま先部分には、トゥガードと呼ばれるソールの反り返った部分がある。(カジュアルなスニーカーは除く)

f:id:hato36:20201113112631j:plain

トゥガードはつま先の保護や摩耗からの保護の役割を果たしている。

f:id:hato36:20201113112324j:plain

しかし、ジョイライド ランのつま先にはそれがない。
ランニングシューズというよりは屋内で使うトレーニングシューズの様に見える。

トゥガードがないおかげでスマートにも見えるし、実際つま先が摩耗する様な走りをしていないので問題はないが、今までのランニングシューズの概念がちょっと変わる。

これだと色にもよるが普段履きをしてもちょっと可愛いかもしれない。

また、摩耗してくることの多い親指の当たる部分にはラバーが貼ってある。
サッカーをやっていた時に、スパイクのこの部分が破れたことがあったが、ランニングでも同様に破れやすいので補強は必要だし、デザイン的にもそれほど崩れていることはない。(全体像は先頭の画像参照)

 

かかと(踵)の紐

f:id:hato36:20201113112425j:plain

ジョイライドがスリッポンのような感じになっているのもあって、このかかと上部にあるループは履く時に指を引っ掛けて履きやすい。
デザインも考えて大きめかつ太目に作ってあるのだと思うが、ワンポイントとしてオシャレだし、何よりとても機能的。履く時に指を通しておけば、足をシューズに入れるのがスムーズだ。年寄りでも安心な設計w

 

快適な履き心地

ペガサス35シールドもそうだが、ジョイライド ランもスリッポンの様な形になっている。ジョイライド ランは踵部分が二重になっていたりと若干構造的には違うが、この靴下いらず(履いているけど)のスリッポンタイプは非常に好きだ。

ちゃんと靴が履けない人ならなおのこと。毎回かかとを合わせて、紐を上から順番に締めてきっちりフィットできる人ならいいが、そうでない人はこのタイプを履くといい。
そもそも靴自体が足にフィットしてくれるので、シューレース(靴紐)は微調整の役割に変わる。

f:id:hato36:20190119113713j:plain

どうせならペガサス35シールドのようなトグルタイプにしてくれても良かったかも...とか思う。これ楽だし調整もしやすいので結構好き。
ランニング時はピッタリフィットする様に絞るし、普段履くときは緩めにして使い分けている。

そういう意味ではペガサス37 By YOUで以下の様にカスタムしたら最適だったかも。

f:id:hato36:20201117105753p:plain

色も自分で決められるし、シューレースもFlyEaseにすることができる。
(私には)少々高めの金額にはなってしまうが好みの色にできるメリットは大きい。

 

いずれにしても、先日の骨隆起とインプラントの抜糸も終わって落ち着いたので、再び走り始める予定。履いてみた感じのレビューは後日UPする予定だ。

新しいシューズではないので今更感は否めないが...。