鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

在宅勤務の運動不足をランニングで解消、気分をアゲてランニングを続ける方法

f:id:hato36:20200102164337j:plain

在宅勤務で運動不足...と言いたいところだが、夕方の少し涼しくなってきた頃に打ち合わせがない日は必ず走るようにしている。

 

ランニングは10年続けてきた

NRC(Nike Run Club)のアプリによると、2010年からランニングを始めている。
もちろんNRCのアプリ以前にも走っていたので実際はもう少し長いだろう。

10年続けていると書くと、「そりゃあんたは走り慣れてるから走れるだろうよ。これから走ろうと思うのはなかなか難しいぜ!」なんて思うかもしれない。

私は小学校の頃からサッカーをやっていたし短距離よりも中長距離の方がむしろ得意なタイプ。しかし、20代から30代半ばにかけてはあまり運動をせず、ゲームやアプリ開発の副業などでむしろ勉強や引きこもり?に近い生活だった。まぁ妻と結婚したのものその時期なので引き籠り続けたわけではなく、デートのない日は...ということになるが。

 

きっかけはガジェットとNIKEだった

全く運動のない日が続いたせいで筋力は落ち、贅肉がつき...ぱっと見はわからないが残念な体となってしまった。
私がランニングを始めた10年ぐらい前は、ちょうどNikeがSportBandという製品を出した。

japanese.engadget.com

当時からガジェット好きで、スマホはもちろんだがiPodやiPod touchを使っていたと思う。そんな時に腕にバンドをつけて距離や歩数や速度などが測れるということで、早々に飛びついた。面白いことに靴の中にセンサーを入れる部分があって、Nikeのシューズには靴底を外すとセンサーを入れる穴が開いていたのだ。

その後、NIKE+ SportsWatch GPSという製品が出て、単体でGPS補足ができる製品がリリースされたので、すぐに飛びついたw
これは数年前まで普通に使っていたが、なかなかGPSを補足してくれなくてやや厄介ではあったwが、GPS補足までは準備運動だと思って軽めの走り出しをしたり準備運動を入念にやっていたりしたww

こんな感じでガジェットを使ってモチベーションを上げ、さらに結果を見て次につなげるということを繰り返した。いやそのおかげで繰り返すことができた。
当時はNike+のものぐらいしか知らなかったが、普通に家電量販店でスマートウォッチ/スポーツウォッチが見れて、しかもお洒落なものが多くなってだいぶ変わったなと感じる。

実はそれほど走っていない

飽きっぽい方ではないと思っているが、無理していないからこそ10年続いていると言える。走り始めたら毎日走らなきゃとか毎週走らなきゃとか思うとしんどいと思うが、私の場合は走りたいと思う時とそうでない時がある。

これは誰でもそうだと思うが、「やれ」と言われるとやりたくないw

なので、走りたい時にしか走らないw

8月は在宅勤務で仕事が落ち着いていたこともあり8回ほど走っている。(基本週末+平日に時間があればというレベル)
しかし、9月はすでに今日までに3回走っている。
「時間があり」「走りたい気持ち」の時だけ走っている結果だ。
8月は暑すぎて週末日中に時間があっても走らなかったし、走りたくもなかったのでこの結果だが、9月に入って少し涼しくなってきたのと、週末ではなく仕事終わりの夕方に走るようにしたのもあって回数が増えている。もちろん涼しくなってきたのと気分が乗ってきたのもある。

ポイントは「走りたくない時は走らない」である。

ただ、永遠に走りたくないのは健康上困る(と思っている)ので、過去の履歴を見たり、Instagramで #ハシリマスタグラム のタグをみて気分を上げている。
みなさん走ったログを載せてくれる(GarminやNikeのスマホアプリは写真に記録を表示する機能がある)ので、私の場合は特に女性で速い人を見ると燃えてくる!(子供かw)

 

気持ちをアゲル方法はいくつかある

私の場合は、先のInstagramで #ハシリマスタグラム のタグを見て気分を上げる方法以外にいくつかある。

過去のログを見る

f:id:hato36:20200905104523j:plain

これは直近のログである。
時間帯が仕事が終わってからというのと、暗い時間帯は地面が見辛く走りづらい(田舎なもんでw)というのがあって、比較的短い距離を走っている。(3キロ満たないものは途中で計測を止めてそのまま走ったからである)

短いと運動強度も弱くなってしまうよな...と思って、少しペースを上げつつ走っているが、何せのぼり下りの多い地域なのでなかなかペースが上がらないし一定しない。しかし、徐々に1キロあたりのペースが上がってきているところを見ると気分が上がってくる。これを成果と言わずしてなんと言うだろうか。
これを見ながら「明日はあの登り坂でもうちょっと踏ん張ったら...♪」とか思っているわけだ。これがもう少し涼しくなってくると走りやすくなるので、今度は距離も伸ばしやすくなる。「前回はxxまで走ってxキロだったけど、次はxxxまで走ってxxキロにしてやろう!」とか思うわけだ。

 

ランニンググッズで気分をアゲル

先ほどの過去の記録では気分が上がらない人はグッズを買って自分のお尻を叩くのもいいだろう。私もそう言う時がある。
例えば

  • 日中走るのに目を保護するためにお洒落なサングラスを買う
  • 今とは違う別のシューズを買って履き比べてみる
  • お洒落なランニングウェアを買う
  • 新しいランニング用ガジェットを買う

と言う感じ。

私はそのどれも手段として使っている。
サングラスはオークリーが主ではあるが、オークリーでもFlackJaketもあるし、Flogskinもある。スポーティーなFlackJaketがランニングには当たり前のように思う人もいるかもしれないが、最近はFlogskinのような普通っぽいサングラスをして走る人の方が増えてきている。
お洒落な人が増えてきて、いかにもランニング!という感じよりも、日常の延長にランニングがあるようなイメージなのだと思う。

 

いきなり走らなくてもウォーキング(散歩)から始めてもいい

気分が上がらない人は、そもそもいきなり走る必要はない。
散歩というとちょっと違うかなと思うかもしれないが、ウォーキングだって立派な運動だ。私もランニングの格好で妻とウォーキングをすることも多々ある。

基本的にグッズランニングと変わらないので、ウォーキングでどれぐらい距離を歩いたか?とかどこを歩いたか?と言ったことはGarminが計測してくれる。
ウォーキングでもx日はx方面をxキロ歩いたから、今回はy方面をyキロ歩いてみようと言った感じでグッズで気持ちは上がるし、ランニングと同様にファッションにも力を入れたいところ。ウォーキングだとスポーツタイツを着る人が多いように思う。(私は冬場寒い時に着ている)