鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

小説を読むならKindle FireHD8よりもKindle Paperwhiteが最強だった

f:id:hato36:20190421141053j:plain

以前の記事で弱虫ペダルがKindle unlimitedで40巻まで読み放題で読めることを書き、私はKindle FireHD8で読んでいて便利であることをお伝えしているが、小説はKindle paperwhiteがやはり最強だった。
※ 2020年08月 更新

久しぶりにKindle Paperwhiteを使った

iPad Pro10.5との比較でFireHD8の大きさが最適であることをお伝えしたが、妻が最近父の面倒を見るのに外出が多く、Kindle Paperwhiteを使っていないのに気がつき、ちょっと借りてみた。

購入時に少し画面をみた程度で、動きがもっさりするな...とか、そもそも白黒か...とかそんなことを思っていたが、そもそも私が読む本の大半は白黒だったw
カラーの本は雑誌ぐらいだわなwww

 

小説はFireHDやiPad ProではなくPaperwhiteが最強だった

ちょうど小説をKindle unlimitedで読んでいたこともあり、Paperwhiteを持ち出してみたところ、なんと!FireHD8よりも超快適!!
E Ink(イーインク)ディスプレイで、バックライトも直接目を照らさないからか、いくら読んでも目が疲れないのだ!まさに紙の本を読んでいるようだが、暗くてもバックライトがついているのでむしろ快適!!

ちなみに一週間使って私が感じたメリットは以下の通り。

  • イーインク ディスプレイと目を照らさないバックライトのおかげで目が疲れない
  • 仕事で目が疲れているときは文字を大きくできる(紙ではできない)
  • 片手で持っても疲れない軽さ
  • 漫画が全然読める(弱虫ペダル)

 

Paperwhiteで雑誌を読むのは無理!絶対に無理!

読書に主眼を置く人(雑誌は想定していない人)ならば、Kindle Paperwhiteをメインに使っていて全くデメリットはなし!と言い切れる。

雑誌はどうしても絵と文字が重なるので基本的には絵をみているのと同じになる。
背景に重なった文字を読んだりするのは白黒では限界があるということ。

 

図書館でも電子書籍の貸し出しはやってもらえないだろうか?

図書館でも実際の本を買うのではなく、電子書籍が借りられて、返却できるという仕組みになるといいのにな...とか思うのは問題あるのだろうか...図書館司書という仕事はなくなるだろうけど。でも子供向けの本やちょっとしたスペースはそのまま残し、それ以外の本を全て電子化して決まった人数しか同時には読めない(貸し出しは厳格に行う)という仕組みで成り立ちはしないだろうか?

期間が来たら自動的に読めなくなり返却されたことになるし、汚れたり破れたりすることもない。ましてや借りに来る必要もない。

www.jla.or.jp

先の通り図書館司書の仕事はなくなるかもしれないが、電子化されていても、一部のレクリエーションスペースさえ残してあげるだけで目的を果たしているのではないだろうか?

 

(余談)目的と手段

仕事でもよくあることだが、目的と手段がごっちゃになる人が多い。
電車に乗ることは手段であり、目的地に移動することが文字通り目的である。
子供や乗り鉄などの「電車に乗ること」自体が目的の人ももちろんいる。
それをちゃんと認識しておかないといけないのだが、特に行政などは手段が目的になっていることが多いと感じる。

我々は「本を読むこと」が目的であり、図書館に行くことは「本を借りるための手段」なのである。目的さえ達成できれば図書館とは別の形で本を借りられればいいし、それが効率化されている方が我々にはメリットがあるのだ。

例えば、、、でKindleという話をしたが、確かに誰もがKindleを持っているわけではないし、Kindleも誰もが買えるわけでもない。この辺は考える必要があるが、図書館に毎回行くことを考えた場合に電車に乗る人、バスに乗る人がいるのだとしたらKindleだって決して高くないのではないだろうか?

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック (Newモデル)

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック (Newモデル)

 

是非行政で試してもらえたらと期待している。
コロナ禍ならなおのことではないだろうか?

iPadやFireHDを見続けるのは40代にはキツイ

図書館をどうするかはおいといて、40歳後半の私はPC・iPhone・iPad Proで長時間画面を見ていると疲れ目で焦点が合いにくくなってくるぐらいだが、Kindle Paperwhiteだけは目が疲れない。これはやはりバックライトの明るい画面を見続けることが目に悪いのだろうと思われる。

実際目の疲れ度合いから素人の私が感じることなので、iPhoneやiPad、PCなどで本を読んだりする行為は目に悪いものだと言い切れる。
その点どれだけKindle Paperwhiteで本を読んでも目が疲れないのは目に悪くないと言い切れる。特に私は直近父の手術などで数時間病院で読書をする機会があったので、長時間Kindle Paperwhiteを使う機会があってのことである。
1、2時間程度の話ではないことを付け加えておく。

しかも、ムーミンのおしゃれなケースもリリースされておりびっくりw

読書で使うものなのであまり派手なものはどうかと思うが、ムーミンでありながらシックなカラーリングはポップすぎないおしゃれと言っていいだろう。
ムーミンと言ったらIttalaが思い浮かぶがKindle Paperwhiteのケースがあるなんてね。
また、せっかくの小型の端末なので、ケースはスリーブケースにして、本体にはシックなスキンシールを貼るというのもありだと思う。シックなシールなら大人なビジネスマンにはもちろんだが、病院の待合室などで使っていても威圧感なくとてもいいと思う。

そんなこんなで、Kindle推しです。
小説やビジネス書などの読書なら間違いなし!(雑誌、技術書はNG)
雑誌や技術書なら大型のタブレットで間違いなし!(Kindle FireHD10も安くていいね)

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載

 

私はiPad ProとBluetoothキーボード使ってデータ入力などをやったりするのでFire HD10の購入予定はないが、読書に限定すればやはりPaperwhiteが最強だと思う。

しかし、これだけPaperWhiteの使い勝手が良いと、Reader Storeで購入してしまったキングダムはKindleで買っておけばよかったなと...今更ながら思った。
電子書籍は乗り換えができるか、PaperwhiteでKindle以外の電子書籍も読めればいいのにというわがままが一瞬頭をよぎったが、諦めて途中からKindleで買う様にしている。
時のお大きめな漫画ならばKindel PaperwhiteでもOKだ。(ワンピースは文字が多くかつ文字が小さいのであまり向かない、キングダムは文字大きめなので向いている)