鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ランニング時の足の痛みはなくなった!

f:id:hato36:20180818223515p:plain

在宅勤務となってからは、夕方に打ち合わせがない時は走るようにしている。
といっても、週に一度か二度あるかどうか...というレベルではあるが。

 

過去の怪我

私は以前オーバープロネーションで足を痛めている。

それについては下記をご覧あれ。 

hato36.hatenablog.com

hato36.hatenablog.com

hato36.hatenablog.com

とまぁ、こんな感じでナイキ エア ズームストラクチャーを履くことで一時的に足に痛みが出ないように対策をした。(もちろんしっかり痛みが引いてから再び走り始めている)
一時的なものだったのかどうかわからないが、痛みが出てから一年以上経過しているが少なくとも現在は全く痛むことはない。ズームストラクチャーはDynamic Supportによりかかとのブレを抑制してくれている。
が、私はその後痛むのが怖かったのもあってフォームに注意して走るようになった。

走るフォームの注意点

何を注意していたかと言うと...

  • ガニ股にならないように爪先をまっすぐ前に向くように足を運ぶ
  • ヒールストライク(かかと着地)からミッドフット(足裏全体着地)

これだ。これだけである。(おかげで気にしすぎて下を向いて走る感じになってしまったので、その後まっすぐ前を見て走るようにしているw)
その結果、ヒールストライクだった私の走りはミッドフットに変わってきている。これは自分でも実感してきていて、ランニングシューズもうまく使えていると感じる。
ヒールストライクがかかとを痛めた原因でもあると思っていたのもあるし、そもそもフォーム自体を見直したかったと言う意図もあってミッドフットも意識していた。

より強く意識したのには訳があって、ズームストラクチャーは300g近く、当時履いていたズーム エリート9が220gでとても軽くて走りやすかった。ランニングは健康のためにも長く続けたいと思っているが、重い靴で走るなんて嫌だwと強く思ったからである。
実際今でも時々ズームストラクチャーは履いているのだが、履くと足が重いと感じるほどだ。

ズームエリート9は700km弱ぐらいで引退させたのだが、その後に買ったズーム ペガサス36(近所のスポーツ店で激安だったw)がこれまた比較的軽いのだが、かかと部分もしっかりしていて260g弱ぐらい。しかももうかかとが痛むことはとりあえずなさそうなので次はかかと部分のホールド感が強くないシューズを履いてみようかなと考えていたりする。

私はレースに出たりするわけではないし、そんなにロングも走らない。(大抵時間の関係で10km程度なのだ。
さらに先の怪我の心配も無さそうな気がしているので、気に入ったものを履くようにしたいと思う。今気になっているのはナイキのイニフィニティとジョイライドの二つ。
他メーカーだとアディダス の ULTRABOOSTとかも気になるのだが、如何せん高いw
onも履いてみたいところだが、実のところ色味が好みではない。(デザインはすごく好きなのだけどね...)

ということで、ズームストラクチャーは黒だし、散歩には使えるので、散歩用に回してズームペガサスとタッグを組むシューズをどれか買おうかなと迷っている。やっぱりシューズを変えて走ったりするとモチベーションもあがるし、何より違いを感じたりするのは道具の少ないランニングの楽しみの一つだからね。