鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

城ヶ島をラフモノクロームで切り取る@OM-D E-M5

f:id:hato36:20180609162042j:plain

オリンパスのカメラにはアートフィルターと呼ばれる撮影時にフィルターをかける機能が搭載されている。これが面白いからオリンパスのカメラを選んでいる人もいるだろう。

 

デジカメのフィルター機能

オリンパス以外のカメラメーカーでも同様のフィルターをもつカメラは多数ある。
スマホでも一般的となった。
私は今までジオラマとか明らかに効果の大きいフィルターをいくつか使った程度でそれほど使い込んではいなかった。
富士フィルムのカメラではフィルムシミュレーションという機能が搭載されている。私は富士フィルムのカメラは持っていないが、この機能に憧れている。

 

OM-Dのフィルター機能

オリンパスもE-M5 Mark II以降の機種だとヴィンテージなるアートフィルターを搭載した。私はこのヴィンテージに興味がある。特にタイプ3がいい。

ミニレポート:新アートフィルター「ヴィンテージ」にハマる!! OLYMPUS PEN Lite E-PL7 - デジカメ Watch Watch

私も是非これを使って見たいが、残念ながら私のE-M5にはこのアートフィルターは搭載されていない(涙 

OM-D E-M5のラフモノクロームで撮影

f:id:hato36:20180609153537j:plain

いわゆる白黒写真とは違う。このラフモノクロームもアートフィルターの一つだ。このアートフィルターは普通の写真をドラマチックな写真に変えてくれる。これも面白い。
上手い人はこういう風景でも私なんかとは違う切り取り方をする。
上手い人は構図の基本などがしっかりしているのはもちろんのこと、目の付け所が違うのだろう。
私もそういう写真を是非撮りたいが、今のように自分の感覚だけに頼っていてはいけないだろう。まずはしっかり基礎を身につけるべきだろうが、どうしても楽しむことばかりが先行してしまう。

f:id:hato36:20180609153914j:plain

これは雲が引き立つように露出をだいぶ下げている。確か-0.7とか-1.0とかだが、このおかげでドラマチックなアートフィルターがさらにドラマチックな写真に仕立ててくれている。写真は加工すべきじゃない!なんて素人ながら思っていたが、知人友人のインスタを見ているとうまくインスタアプリを使って写真を見せているのがきっかけになりこの撮影に至る。私にも今までと違う感性が芽生えたかもしれない。

Instagramは好きではないが、きっかけを与えてくれたことに感謝。

f:id:hato36:20180609155047j:plain

 

モノクロの写真なら構図に集中出来るかも

このアートフィルターを使うことで色味は関係なくなる。色を気にしなくなるので構図に集中できる。単焦点レンズで焦点距離について学ぶのと同じように、白黒写真にすることで構図のみに集中できるメリットがあるかもしれないと感じた。

 

皆がどういう風に写真を学んでいるかしらないが、白黒写真を撮ることで学べることがあると気が付いたのは今回の成果。デジイチを初めて買ったのが2007年とかだったからここまで11年。α200→E-PL1→EOS 60D→OM-D E-M5→α7→RX10m4 と遷移してきた私のデジカメライフ。レンズを多数買ったということはないがほどほどに楽しんでレベルアップ?してきていると思っている。