鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

泉の森@OM-D E-M5

f:id:hato36:20171112105320j:plain

まだ葉が多くて野鳥探しには厳しいことは理解しつつも、涼しくなって来たので前々から行ってみようと思っていた大和市にある泉の森に行って来た。

 

初めてのエナガ

そしたらこれなんとエナガ!!
見たいと思っていた野鳥が泉の森のハズレの家のアンテナで見れたw
かなり遠くだったのですごく小さい写真しか撮れなかったのが残念なところ。
とはいえ、背景が空だったのでそこそこ見れる絵に加工ができた(macにて加工)

 

High Sierraで写真アプリの挙動が変わった...

ちなみにOSをHigh Sierraにアップデートしたら、写真アプリの動きも少し変わってしまって少々戸惑っているが、まぁ直感で使えないわけではないのでなんとかなっている。
OS自体はmacbook pro 13inch Early 2015(Core i5 8GB RAM)でも安定している。 

f:id:hato36:20171112111248j:plain

天気が良いとヒヨドリですらなかなか綺麗に撮れて楽しい。本当はもっと他の野鳥の撮影がしたいのはヤマヤマダ...

 


雨が続いたが、やはり秋晴れは気持ちいい!

f:id:hato36:20171112113101j:plain

先日行った西湖 野鳥の森よりも、エリアも広くて散歩にも最適。
実際散歩している方々が多くいた。
そして、ポケモンGOをしている人も多い。年配の方も自転車でポケモンしていた。

f:id:hato36:20171112113551j:plain

大きな鳥はあまり好みではないが、初めてオオバンを見ることができた。
これはこれで可愛い。

f:id:hato36:20171112113442j:plain

そしてバンも見ることができた。
うん。いい!!

泉の森は駐車場も無料で、散歩にも最適だし野鳥も沢山いる!
これからの季節混雑することはイベントがない限りはなさそうなので、茅ヶ崎の里山公園や横須賀のしょうぶ園、宮ヶ瀬ダムあたりを含めてレパートリーの一つに入れたいと思う。

下見ではあったが良い場所を見つけることができた。
しかし、池?の中にある一つの枝に対して10人以上がすごいカメラとレンズで狙っていた。おそらくカワセミが止まるのだろう。
しかし、野鳥目的ではない人たちもかなり多い中であんな場所にカワセミが現れるのだろうか??よくわからないが現れたら近いし良い写真が撮れるのだろうと思う。
しかしながら私の撮影スタイルにはやはり合わない。
あの場で何時間も待って予想通りの野鳥の写真を撮る。別にそれを非難する訳ではなくて、私のスタイルには合わないということである。

 

散歩しながらの撮影は軽量な機材が重要

今回の撮影で、私の撮影スタイルにはやはり手持ちの軽快さが必要であると認識した。
一度はα7で野鳥をと思ったが、RX10m4の24-600mmでα7と一緒に持ち歩けて使い分けられるスタイルの方が望ましいと思った。

ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

  • 発売日: 2017/10/06
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

しかし、今回RX10(無印)で超解像ズームを使ったところ、OM-D E-M5の600mmと変わらないとは言わないが、200mmをデジタルズームで2倍とした写真もそこそこ見れると思った。(下記の写真はRX10)

f:id:hato36:20171112104840j:plain

そうなると、600mmのRX10m4が2倍になって1200mmでも全然見れる絵になると思ったら、フルサイズで400mmのSEL100400GMで800mmよりも、600mmで1200mmになる方が確実に野鳥撮りには向いているなと思った。

f:id:hato36:20171112113036j:plain

 

SONY RX10m4のすごいところ

普通にスナップを撮影しても、この1インチのセンサーを持つネオ一眼は今や昔のデジイチ並みにすごい。
そして、実はこの撮影をした後に、もう一度RX10m4を触りたいと思って、ビックカメラに寄って来たのだが、改めて下記の点においてすごさを感じた。

  • オートフォーカスの速さ

私が持っているα7、OM-D E-M5、妻が使っているRX10(無印)のどれと比較しても凄まじくAFが早い。そして、野鳥を撮るまでは使うことのなかったタッチパネルAFが凄まじく便利。(これは今持っている機種でもできると思うが速さは違う)

像面位相差もすごいと思うし、それが315点というのもそんじょそこらの一眼よりも凄い性能ではないかと思う。

実は昨日まではE-M1 Mark IIの本体だけE-M5と入れ替えることを考えていた。
要は画素数とAF性能が少し上がれば今のM.Zuiko Digital 75-300mmで十分いけると思っていたのだ。

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkII ボディー

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Personal Computers
 
OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkIII ボディー ブラック

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkIII ボディー ブラック

  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: エレクトロニクス
 

まだこの記事を書いている時点で購入をしていない訳だが、このまま考えが変わらなければE-M5およびPROレンズを含むOM-D関連機材を売却してRX10m4を買うと思う。
以前も書いたが私が使うカメラは2台までと決めているので、今以上にマウントを増やすことはない。簡単なことでそんな使い分けはできないからである。

考えが変わらなければ、このままRX10m4に落ち着きそうだ。
そうなると、α7とRX10m4の2台体制で普段の撮影から野鳥撮影までをこなすことになりそうだ。

 

2020年08月 追記

現時点ではRX10m4と富士フイルム X-Pro2の2台体制となっている。
富士フイルムの方はXF 100-400mmという望遠も揃えた。
どちらも野鳥撮影および普段の撮影に使っているが、昔の写真を見ているとα7の良さは今でも後を引いているw 

www.810note.com

www.810note.com

www.810note.com