鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

城ヶ島のアジサイ@OM-D E-M5

f:id:hato36:20180609152520j:plain

城ヶ島に紫陽花を見にいってきた。
足の痛みは引いたが若干腫れているので無理せずゆっくり歩いた。

 

OM-D E-M5とM.Zuiko Digital 10-100mm PROレンズの構成

今回もOM-D E-M5 + M.Zuiko Digital 12-100 PRO。
前回使ってからかなり気に入っている。α7よりもコンパクトなのがやはり良い印象。
特にこれからの季節は汗を掻くのでカバンも大きいものは持ち歩きたくない。この時期だからこそと言うのもあるがコンパクトさは魅力だ。とはいえ12-100 PROレンズはかなり大きいのでそれだけで嵩張るので、17mmのレンズが欲しくなってきてしまった。

OLYMPUS 金属レンズフード マイクロフォーサーズ用 ブラック LH-48B BLK

OLYMPUS 金属レンズフード マイクロフォーサーズ用 ブラック LH-48B BLK

 

このレンズを使うならば、PEN-Fを使ってさらにコンパクトに持ち歩きたいところだ。
PEN E-P5でもいいかもしれない。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

 

PEN-Fと比較するとE-P5は半額以下で外付けEVF付きで17mm F1.8のレンズ付が買えてしまうwww
しかし、E-PL1(初代 PEN Lite)を使っていた私からすると、外付けEVFは全く問題ないしデザインとして気に入っている。
さらに言うと、外付けEVFはファインダーの向きを変えられるので、低い位置での撮影時に上から覗き込むようなスタイルを取ることができ、花撮りなどの時に非常に使い勝手が良い。なので私は他社のものは知らないが、オリンパスの外付けEVFはメリットが多く好きだ。

ちなみに現在のPEN-FとE-P5を敢えて比較している理由は単純で、細かい仕様はともかくとしてOM-D E-M5と同じ画素数なのである。これからカメラを始めたいと言う方にはとてもオススメだ。私も最初にSONY α200でデジイチを始めたが、旅行の時にコンパクトなカメラを持ち歩きたくなってOlympus PEN Lite E-PL1を買い足した。
そして、元々妻が持っていたCONTAX G1のレンズが使いたくてマウントアダプタを購入してカメラにのめりこんだと言う経緯の持ち主だ。

今ならば、E-P5あたりと新しいEVFであるVF-4でファインダーも美しく画素も決して悪くないセットを買うのが良いだろう。

www.net-chuko.com

キタムラの中古だと、E-P5が2.5万ほどでVF-4が1.4万ほどなので4万円で一揃いできる。これは魅力的だ。(ちなみに今私も欲しくなっているほどであるw)

CONTAXのCarl Zeissレンズはだいぶ人気が出てしまったので結構値段が上がってしまったし、探すのが難しいだろうがコスパは非常に良いし、マウントアダプターも豊富だ。こんなセットでマニュアルフォーカスを楽しむのに最適なカメラなので、非常にお薦めである。

 

E-M5で撮影する紫陽花

f:id:hato36:20180610195943p:plain

話を紫陽花とE-M5 + 12-100 PROに戻す。
トリミングをしてもこんなに綺麗に撮れている。これは9日土曜日の夏日な撮影なのだが、朝までの雨のせいか紫陽花も生き生きしている。
そしてPROレンズの写りはさすがだ。

 

アートフィルターで撮影をさらに楽しむ

f:id:hato36:20180609153932j:plain

最近は普通に撮影してから、自宅で加工したりもしていたが、今回は撮影時にアートフィルターを使って撮影した。
被写体に合わせてジオラマを使うと普通に撮影するよりも絵になるので面白い。いい被写体を探すのはもちろんだが、ありきたりな被写体もアートフィルターのおかげで面白く撮影できるのはデジタルカメラの大きなアドバンテージだろう。

 

水仙のイメージが強かった城ヶ島は紫陽花もすごい

f:id:hato36:20180609160043j:plain

城ヶ島というと私の中では水仙のイメージが強いが、紫陽花もかなり多い。
城ヶ島公園の中も紫陽花があるし、降りてきて白秋の碑のあるあたりでも紫陽花が楽しめる。

f:id:hato36:20180609160155j:plain

雨上がりなので花のイキも良いが、敢えて梅雨時の雨の中を歩いて、より生き生きした紫陽花の撮影もやってみたい。
雨だと出不精になりがちだが、雨だからの撮影というのも楽しいだろう。
最近はオシャレな長靴もあるので、気に入った長靴を履いて雨の日に出かけるのも良いと思う。うちの妻はどうやら↓を狙っている模様www

 

たくさん写真を撮ってきた日は整理をするのも楽しい

f:id:hato36:20180609160500j:plain

これからの季節の撮影は歩くだけでも汗をかくので非常に厳しいところであるが、帰宅して写真を見るのも楽しい時間だ。
スマホのカメラはお手軽だし見たままを撮るのには困らないと思う。
しかし、やはりいいカメラとレンズで綺麗に撮影したい。

実際私と妻の前を若い女性の3人組が楽しそうに撮影していたが、コンデジ、パナかオリンパスのマイクロフォーサーズ機、小型のデジイチで撮影を楽しんでいた。どんな写真を撮っているのかわからないが、楽しそうに撮影をしていた。

 

城ヶ島の海も綺麗だった

f:id:hato36:20180609161840j:plain

ちなみに岸壁絡みた海は非常に綺麗で魚がたくさん泳いでいた。
梅雨の合間の晴れ間だったが、気持ちの良い1日だった。

f:id:hato36:20180609162022j:plain

海岸からは城ヶ島大橋と夏のような雲が見えていた。
また是非撮影に来たいが、次来るときは夏ではなく秋が良いだろう。
富士山も見えるので、秋か冬の夕暮れが最適だと思う。