鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

仕事で活用できるスマートデバイス

f:id:hato36:20170304132318j:plain

現在私の持ち歩きしているガジェットは以下のもの。

 

私の持ち歩くスマートデバイス

  • iPhone7(私物)
  • iPhone6(社給)
  • iPad mini3(社給)
  • 軽量ウルトラブック(社給)
  • Microsoft Universal Folderble Keyboard(私物)

という構成、ウルトラブックは1kgを切る軽量のものではあるが、B5よりも大きいサイズなので、持ち歩くとインパクトがあるため、日中の打ち合わせでもない限りは極力持ち歩かないようにしている。

 

スマホの活用

そうなると、スマホ2台とiPadとBluetooth Keyboardになるわけだが、最近は結構文字入力をしたいシチュエーションが増えている。
理由は単純で、担当しているプロジェクトが多く記憶には限界があるため、スマホやiPadやPCでNozbeを開いてタスクやメモを入力している。
PCではWebにしかアクセスできないため、通信ができないシチュエーションだと困ることが多いし、セキュリティの厳しい昨今ではアクセスできないサイトも多数ある。
そうなると結果的に常時通信ができるスマホからの入力がメインとなる。

 

Bluetoothキーボードのススメ

スマホ単体でも問題はないが、スマホを出してキーボードも出してというのが億劫に感じるシチュエーションがある。それならいっそiPadにキーボードケースを付けて歩く方がいいのではないかと思っている。

ウルトラブックは経年劣化でバッテリーがへたり気味だし、最初からiPadで全てをこなす前提で考えておけば荷物も少ないし軽いしで問題にはならない。

そうなるとMicrosoft Universal Folderble Keyboardがちょっと浮いてしまうが、iPadも常時持ち歩いているわけではないので、そういうシチュエーションでは活躍できる場面もある。

 

使いたいアプリは全てiPadで実行できる

使いたいアプリは、WordとOneDriveによる議事録の保管とNozbeによるToDo管理が主なところ。逆にこれだけだからと割り切れるからノートPCではなくiPadでいいかなと考えている。割り切った使い方をする場合で、それがiPadで満たせるとなるとノートPCの出番はないと思えた瞬間だった。(私は大は小を兼ねるという発想で、ノートを持ち歩けばいいじゃないかと思うタイプだった)

最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - シルバー (第2世代)
 
最新モデル Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - シルバー (第4世代)
 
iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)

  • 発売日: 2019/03/28
  • メディア: Personal Computers
 

 

ToDo管理はNozbeを活用 

ちなみにToDo管理アプリは、依然Nozbeを愛用している。(無償版のまま)
ポイントは以下の二つ。

  • ToDoに対してメモやさらにチェック項目を追加できる
  • 無償版で全然使える

2020年の今でも使っているが、仕事用はMicrosoft ToDoに移行した。
プロジェクト関連のToDoはPlannerを使っている。

 

 

2020年08月 追記

現在コロナ禍で在宅勤務が続いている。

そんな中私物のiPad Proが活躍している。 

www.810note.com

Bluetooth キーボードはTaptekを使っており、iPadは私物のiPad Pro 10.5を使っている。また、Apple Pencilでのメモがメインとなっている。
検索等では使いづらいが、ToDoなどは抜き出して後からPlanner、ToDoなどのOffice365に登録しているので問題にならない。
自宅だと文具を自分で揃えなければならないが、それも不要なのは非常にエコ。
まぁ文具好きなので文具は文具で使いたくなるのだが...コロナ禍では買い物にも行きづらいのでそうも言ってられないだろう。