鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

軽井沢 ブレストンコートに宿泊

f:id:hato36:20180927174035j:plain

これがブレストンコートのフロント。
朝食をいただくノーワンズレシピは右奥手にある。

 

フロントからお洒落

f:id:hato36:20180927175645j:plain

フロント脇にはこんなインスタ向きwな飾り付けがそこかしこにされている。
インスタやっている女性は写真をUPするための通信料も旅費と合わせて計算しておかないと通信制限必須だw

私が宿泊したのはテラスヴィラというお部屋。
要はテラス付きのコテージだが、コテージは別途あるのでヴィラなのだ。ヴィラは敷地内の通り沿いにあるので、一般の方が教会を見にきた時に通る。
部屋によっては人が気になるかもしれない。

デザイナーズコテージはおしゃれなコンクリートの建物で、中は大理石的な雰囲気のお部屋だ。これはこれでおしゃれで泊まりたいところだが、今回泊まったテラスヴィラもとてもおすすめ。

しかも、私が泊まった675というお部屋とそのお隣は一番奥手にあって通る人も宿泊者以外に居ない。

テラスでくつろいでも誰にも見られないというのが特に良い。
さらに紅葉が終わったシーズンならばテラスでお茶をしながら野鳥を見ることも可能!
シジュウカラだけは私も見れたが、まだ葉が多くて野鳥観察には少々厳しかった。

f:id:hato36:20180927172744j:plain

テラスはこんな感じ。
喫煙者もテラスで一服可能だ。(灰皿は言えば持ってきてくれる)
ここでお茶をしながら一服とかどんだけ贅沢か。

f:id:hato36:20180927172957j:plain

こんな感じで敷地内にテラスヴィラが並ぶが、この左手の部屋などはテラスでくつろいでいると奥のヴィラに宿泊している人が通るたびに目があうことになる。なので、おすすめは再奥に位置する674と675だ。

こんな外観だと部屋の中が虫だらけとかちょっと古めかしいイメージを持つかもしれないがとんでもない。

f:id:hato36:20180927165904j:plain

ちょっとおしゃれな広いホテルだと思った方が良い。
ベットと脇の棚の写真だが、ハーブティーやらコーヒーやらのセットが置いてある。
設備は常に普通のホテルの上だ。

コーヒー飲みたいなという人もいれば紅茶を飲みたいなという人もいると思うし、もう一杯温かい飲み物を部屋でゆっくり飲みたいなとか望みを叶えてくれる。
強いて言えば、コーヒー好きの私はコーヒーを2杯飲みたい時にもう1セットとか交換してもらえたらさらに嬉しい。

f:id:hato36:20180927170036j:plain

ちなみにカップはittala!さすが!
星野リゾート万歳。これだけで星野リゾートが好きになりましたw

ちなみにマイクロソフトの社内のカフェはル・クルーゼの食器を使っていてお洒落だとは思うが重すぎて使い勝手が悪いw

夕食はホテルフロントの近くにあるユカワタンが最高!なのは間違い無いが、すでに朝食のバイキングでお腹いっぱいで、さらにお昼に美味しいお蕎麦をいただいている我々は、食事はそこそこでお酒をむしろいただきたかったのもあって、近くのハルニレテラスに車で送ってもらった。

ちなみにヴィラからホテルのフロントまでは歩くのだが、その途中に教会があるものだから写真撮影に時間がかかって足が進まないので注意が必要w

f:id:hato36:20180927173229j:plain

f:id:hato36:20180927173427j:plain

f:id:hato36:20180927173635j:plain

f:id:hato36:20180927173701j:plain

f:id:hato36:20180927174515j:plain

f:id:hato36:20180927174808j:plain

f:id:hato36:20180927174613j:plain

私は16時半頃にフロントに到着して手続きをした後に部屋に通してもらったのだが、そこで一休みをして丁度写真を撮るには最高?のライトアップの時間帯だった。 

ちなみに夕食はトンボの湯の脇の村民食堂でお酒とともにいただいた。これまたなかなかでお水の美味しい場所だけに美味しい日本酒もたくさんあるので食事というよりもお酒を飲むのがとても楽しかった。
本当はイタリアンなどにしてワインを...とも思ったのだが翌日の昼にはハルニレテラスで食事をして帰る予定だったので、あえての日本酒をチョイス。ビールも飲んだけどw

ビールは、軽井沢高原ビールの秋限定 Blown Aleがとても美味しかった。(お土産も買った)

yohobrewing.com

 

木曜日は空いていたが金曜日は混雑していた

f:id:hato36:20180927181131j:plain

この日は木曜日の夕方だったこともあり空いていたが、翌金曜日の午前中は駐車場は待ちが出るほど混雑していた。平日なのにすごい。休みをとって金曜土曜で軽井沢を楽しむ予定なのだろう。止まっている車のナンバーもバラバラで県外も多くいた。

f:id:hato36:20180927180949j:plain

ゆっくり過ごすならば月曜から木曜の夕方だ。
注意しなければならないのは平日だと18時頃に閉まる店舗がある。

f:id:hato36:20180927180503j:plain

写真を撮るなら夕方以降が楽しい。
真夏だったら虫とか気になるのだろうか?その辺はわからない。

 

トンボの湯はちょっとぬるめ?

食事をした後に一度部屋に戻り、再度トンボの湯に車で送ってもらった。
トンボの湯は写真無しだが、温度が熱すぎず丁度よかった。
露天風呂も気温が涼しめだったこともあって気持ちが良かったが、もっと寒い季節だともう少し温度が高い方が良いと思う。

温泉自体は普通で、ヌルッとするとか色があるとかそういう特徴はあまり感じなかった。(前日の水上高原の温泉の方がヌルッとした感じが温泉ぽくて良かった)

www.hoshino-area.jp

お風呂に上がった後は、妻と待ち合わせをするために、再び村民食堂の脇にあるハングリースポットというカフェで再び軽井沢高原ビールを頂いて待ったが、これが一番良かった。
「お風呂上がりにスマホで読書をしながらおしゃれなカフェでビールを飲む」こんな感じ。なかなか日常にはないシチュエーションというのがそういう気持ちにさせたのだろう。

さらに部屋に戻ってからは冷蔵庫にこれまた軽井沢高原ビールが入っているので、そこで再びビールをいただき眠りについた。

しかし普段眠りについたら目を覚ますタイプではないのだが、おそらく枝から落ちた葉が屋根に当たってコツコツと音を出しているか、小動物が何かをやっていたかわからないが物音がして目が覚めた。
ま、それだけ自然の中にいるということだから致し方ないと思う。
物音が気になって目を覚ますような人は、テラスヴィラではなくデザイナーズコテージを選ぶべきだろう。参考になれば幸いである。