鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

RX10m4始動! 鎌倉は明月院でテスト

f:id:hato36:20171202095125j:plain

鎌倉は明月院の紅葉を見に行って来た。
目的はSONY RX10m4のテストだ!

すでに過去の記事で書いている通り、SONY RX10(無印)を所有しているので、RX10m4の客観的な感想とRX10との比較について書こうと思う。

 

やはりインパクトのある重さ

まず思うのはその重さ。RX10(無印)は755gと軽量だが、RX10m4は1050gと結構ずっしり。ただ、600mmの望遠レンズが装着されていることを考えると一般的な一眼レフよりはぜんぜん軽い。

これまで私が使っていた、OM-D E-M5 + 75-300mmは425g + 423gなので848gだったので600mの焦点距離ではかなり軽かったのだと改めて思った。

f:id:hato36:20171202095321j:plain

1インチセンサー

OM-D E-M5はマイクロフォーサーズで、それに対してRX10は1インチセンサーとさらに小型である。いわゆる一般的な中級機だとAPS-Cと言うセンサーサイズになるが、1インチセンサーはその半分とは言わないまでもそれぐらい小さい。(マイクロフォーサーズはその中間ぐらい)

しかし、その1インチセンサーでもかなりの写りであることを私は知っている。
以前RX100(初代)を使い、ズームが欲しくなりRX10(初代)を現在も(妻が)使っている。α7(これまた初代w)のフルサイズを使っている私が言うと真実味にかけるかもしれないが、RX100もRX10もうまく使うことでAPS-Cにもフルサイズにも負けない写真が撮れる。

s.tokyocameraclub.com

撮れると書いたが、実際に撮っている写真を見てもらえればわかると思う。
性能によって腕をカバーすることも可能だが、やはり写真は感性などの要素が大きい。(もちろん基本は重要!)

f:id:hato36:20171202100958j:plain

私は大して写真の本も読んでいないし、感覚だけで撮影している。
そんなこともあって、私にはRX10を生かした写真を掲載することはできないが、それでもこれまでAPS-Cのカメラを(SONY α200、Canon EOS 60D)使って来て、それと比較するのは時代が違うので微妙だが、私程度の腕であればセンサーサイズは気にならないほどの写りをしていると感じた。

 

広範囲なズームによって撮影したいものが想像通りに撮れる

f:id:hato36:20171202101039j:plain

何よりRX10m4はボディと交換不可能なレンズというネオ一眼というジャンルだが、そのレンズが24mm〜600mmという非常に広範囲な焦点距離をカバーする。
なので、先ほどOM-D E-M5と35mm版換算で600mmまでカバーできるレンズを装着したものが軽い!と書いたが、実際はもう一本レンズを持っていかないとRX10m4と同じ焦点距離はカバーできない。当然重量も増すし、何より荷物が増える。
荷物が増えて多少重くなるのはリュックなどにすればあまり気にならないが、撮影したいものに合わせてレンズを交換するとなると、いざ撮影!という時にシャッターチャンスを逃してしまう。

f:id:hato36:20171202101220j:plain

風景の撮影などだと動きものはあまりないので数分ずれても大きな影響がないこともあるが、生き物となると途端にそれが顕著だ。スナップでもたまたま見かけた面白いシチュエーションは間に合わない。良い写真を撮るには、すぐにカメラが使えて撮りたい時に撮れる方が確率が上がるし何より撮影に集中できて楽しめる。

動物写真家 小原玲 氏〜後編〜 「感性の赴くままに決定的瞬間をとらえる。動物写真界を変えるカメラ『RX10 IV』」|α Universe | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

 

たまたま通りかかった猫を撮影

f:id:hato36:20171202101348j:plain

この一枚なんかはまさにそれを象徴している。
例えば、OM-Dで望遠レンズを装着していたら、猫のアップを撮ることはできても上の写真のように紅葉と紅葉の写った池を入れた写真を撮ることは出来ない。
これがRX10m4で広角から望遠まで狙えることの大きなメリットだ。
いわゆる1インチ未満のセンサーサイズのカメラだと表現力が若干不足することがあるが、その点をカバーしつつも望遠距離も稼げて本体サイズも抑えられるという1インチが絶妙だということだと思う。 

 

RX10m4はEVFが進化した

f:id:hato36:20171202101501j:plain

RX10(無印)との大きな差を今回感じたのは、焦点距離だけでなくEVF(電子ファインダー)の綺麗さだ。
解像度がRX10の倍近く高い。RX10(無印)を使っていた人が見るとかなり感動するはずだ。私も店舗で見ているときは気がつかなかったが、外で撮影していて初めて気が付いた。解像度はα7のファインダーと同程度となり、明るさも相まってRX10m4のファインダーはとても見やすかった。(解像度は同程度のα7は、ファインダーがさらに大きい点は注意。大きい方が見やすいと感じる人もいるだろう。)

RX10m4の選択は正解だった

f:id:hato36:20171202101638j:plain

今回鎌倉を散歩して、改めてRX10m4を購入したことが間違いではなかったことを感じた。(ここで掲載している写真はリサイズしているので実際はもっと綺麗)

f:id:hato36:20171202102236j:plain

そして、広角から望遠まで普通のカメラだと写りのいまいちな焦点距離(例えば望遠側はかなり甘い写りになる等)があったりするが、今回使った感じだと全く感じない。広角から望遠まで素晴らしい写りをする。

f:id:hato36:20171202102934j:plain

APS-Cでこの焦点距離だったらパーフェクトな気がするが、1インチでも十分!スマホでは撮れないものがバッチリ撮れるオールインワンのRX10m4は最高のカメラだ。

 

RX10m4はボケも十分

f:id:hato36:20171202103829j:plain

ボケはそれほど綺麗だとは思わないが、私の場合はそういう写真はα7を使うという使い分けをしようと思う。ただ、RX10m4でもズームを使うことでとろけるボケを撮ることが出来る。

f:id:hato36:20171202115542j:plain

もちろんズームを使わなくてもF2.8であることを生かしてボケた写真を撮ることは可能だ。想定通りの高性能且つ万能カメラだ。
コンパクトさを重要視するのであればRX100m5という選択もあるが、24mm〜70mmのズームだと今回私が感じた便利とは程遠い。
確かにズームは無いよりは有った方がいいが、私程度の腕ではその差をうまく使えるほどの写真はそうそう撮れない。24mm〜70mm程度であれば十分足で稼げるのでそれ以上の望遠でないと「ちょっと違う写真」は撮れない。

そういう意味で、24-200mm(F2.8)のRX10m2かRX10m3/m4あたりが最適なネオ一眼だろう。今回は書かなかったが、m2とm3/m4の大きな差は望遠である。
この望遠については次回以降に野鳥撮影で使った感想を書こうと思う。

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

 

 

世の中だいぶミラーレスが増えた

ちなみに今回鎌倉を散歩していたら、α7ユーザーが多く見受けられた。
普通ならキャノンやニコンの大型一眼レフが多いが、α6500のようなAPS-Cタイプも多数いたし、だいぶミラーレスへのシフトが進んできているのだろうか?

個人的にはカメラを持ち出すのが億劫と感じるようなサイズはやはり厳しい。
常に持ち歩けるサイズ。持ち歩いても苦にならない重量というのは最重要ポイントだ。
もちろん大型のカメラを持ち歩いてる人達には苦ではないと人もいるし、大きなカメラ自体を否定することもしない。大きなカメラが格好良いと思って再び一眼レフが使いたいと思うこともある。
しかし、私がミラーレスにシフトした際は、EVF(電子ビューファインダー)で拡大することで視力の悪さをカバーできるからだった。拡大してピントが合っているか?という操作はマニュアルレンズだととても便利に使えるのだ。
マニュアルレンズで無くても視力の悪い方にも拡大出来るEVFが搭載されたRX10m4はおすすめだ。