鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

久しぶりの鎌倉散歩@浄智寺

f:id:hato36:20170514121116j:plain

久しぶりに鎌倉散歩をした。

 

本日はOM-D E-M5のみで出撃

今回は野鳥撮影を始めてから頻繁に持ち出しているOM-D E-M5。
メインカメラ(ガンダムっぽいw)をOM-Dに変えるかどうか悩むのも含めて試したいことがあったので、OM-Dのみで撮影した。

f:id:hato36:20170514121830j:plain

Contax G Carl Zeissでの撮影

この辺はOM-D E-M5でもレンズはCONATAX G Zeissを使っている。

f:id:hato36:20170514125237j:plain

ここら辺からは75-300mmなどを使いつつの撮影。
今回はこのハクウンボクという咲いているうちに花が落ちてしまうお花を撮影しに行って来た。
私は単純にハクウンボクなんてあまり聞いたことがないなと思って撮影しに行ったのだが、たまたま近くにいたおじさんが妻と撮影に夢中になっている私達に話しかけてくれて、色々教えてくれたのでさらに撮影を楽しむことができた。

この浄智寺にはこの花のことを教えてくれるおじさんは必須だと思ったw

実際、我々が会話を終えてお寺の中に入って行った後には別のご婦人方に説明しながら一緒にお寺の中に入って行ったwwww
ひょっとしてご婦人目当て???と思ってしまった私には邪念がいっぱいあるのだろうか???

 

ハクウンボクがすごい

f:id:hato36:20170514125507j:plain

実際すごいんのだ。
こんな感じでこの木の下には花が山ほど落ちていて積もっているのだ。
こんな風景はなかなか見れないのではないだろうか?
天気はイマイチだったが、なかなか興味深いものが見れた。

f:id:hato36:20170514130815j:plain

またこのお寺の中には面白い被写体がたくさんあるので、撮影を主にする方も十分楽しめるお寺だ。

f:id:hato36:20170514131031j:plain

こんな三角コーンも初めて見たw

f:id:hato36:20170514131550j:plain

ちなみにハクウンボクについて教えてくれたおじさんは、この布袋さんを鶴瓶さんみたいな像と言っていたwww
実際に見て、あぁこれかと思ったほど的を得ていると思う。

f:id:hato36:20170514131640j:plain

しかし、久しぶりのOM-D E-M5だが、マイクロフォーサーズということもあって、α7と違ってセンサーサイズが小さい。その分カリッとした写真を撮るのには向いているし、画素数も低いのでSDカードの容量も気にしなくていいぐらいなのでこんなちょっとしたお花の撮影も気にせずできる。
私はやっぱりバラとかの撮影よりもこういう道端でどこでも咲いているような花の方が好きかなと。しかも小さい花が好きだと改めて感じた。

 

某練レンズは野鳥以外でも楽しい

f:id:hato36:20170514131744j:plain

望遠レンズが使えるのも撮影の幅を広げてくれるのが良い。
広角域のレンズが現時点では持っていないのだが、望遠域のレンズは野鳥用に75-300mmがあるので、遠くの建物の窓に映っているこんな反射物も撮影することが出来る。

f:id:hato36:20170514132213j:plain

綺麗な写真ももちろん撮りたいが、ちょっと他の人には撮れないような望遠域の写真も楽しい。野鳥撮影にちょっとハマった副次効果と言ったところか。
通常撮影でも十分使える。

これに、私が気になっているOlympus M.Zuiko Digital 12-100mm F4.0 PROがあったら2本だけでずいぶん撮影が楽しめるだろう。

f:id:hato36:20170514132315j:plain

浄智寺にはハクウンボクは3本ある。
いずれも見逃さないように歩かないともったいない。
おそらく今日明日に行った人しかこんなにハクウンボクの綺麗な花びらが落ちている写真は撮れないと思うが、ぜひ来年を楽しみにして欲しい。
それぐらいびっくりする光景なのだ。

f:id:hato36:20170514132322j:plain

α7(というかフルサイズ)だったら、せめて400mmぐらいのレンズがないとこんな写真は撮れないので来年までにそういう装備を準備した方がいい。
私はα7でここまでの準備は出来ないので、やっぱりOM-Dというかマイクロフォーサーズに移行してPROレンズやLEICAを揃える方が現実的かなと思った。

しかも、OM-D E-M5を使っていて、やはりグリップがないのが辛いので、PEN-FではなくE-M1のようなデザインのボディを選ばないと辛いかなと思う。
あとは、1600万画素のE-M1か2000万画素のE-M1 mark iiか...という選択になるが、金額があまりに違うので悩ましいところだ。

f:id:hato36:20170514132403j:plain

しかし、写真って面白い。
まだまだ腕が伴っていないので、機材を語るレベルになっているとは思っていないが撮りたいものが撮れるか!?ということにおいては自分なりに考えているつもりだ。
初心者だって、自分なりに考えてレンズやボディー、色味やテクニックなどを考えて作品(写真)の撮影に夢中になれるのは楽しいものだ。
もともと私はデザインのセンスや美術や図工といった成績が良い方ではなかったので、少し頭を使い、さらには人の作品を見ながら感性を磨く。これはこれで休日の楽しみ方としては最高だ。歳をとって激しい動きが出来なくなりつつある人には最高の趣味だと思う。何より歳をとっても歩けさえすればできることだ。

f:id:hato36:20170514132816j:plain

野鳥は撮影できなかったが、どこにでもいる台湾リスを撮影してとりあえず満足しようと思うw
春は桜やその他新緑、秋から冬は野鳥と単純にいろんな場所に行っての撮影に新たな目的というかターゲットにしたい被写体ができたことは写真を楽しむ上で良い刺激になる。さらには夜景なんかも楽しめるので、季節を選ばず楽しむことが出来る。
山には最近行っていないが、7月半ばまで続く忙しさを抜けたら少し羽目をはずすぐらい楽しみたいと思う。それまでは近場でも楽しめる被写体を選んで楽しもうと思う。

 

久しぶりの写真雑誌を購入

そういえば、先日リアル書店でこの雑誌を買った。
私は誰に写真を教えてもらったわけでも学んだわけでもない。
なので基本の「き」について改めて知る良いきっかけになった。4月号はおすすめだ。

写真ライフ 2017年 04 月号 [雑誌]

写真ライフ 2017年 04 月号 [雑誌]

 
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

 
OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO