鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

せっかくの桜も天気が残念な週末なので野鳥レンズを考えた

f:id:hato36:20170408145808j:plain

週末までしっかり桜も残ってくれたので楽しみにしていましたが、この天気は残念すぎる。。。

 

青空とオールトラックを撮りたかった

天気ばかりはどうにもならないが、青空とオールトラックの青で桜をサンドイッチにしたかった...無念だ。

 

α7+LA-EA4+SAL50F14

きっとメジロあたりも桜の木の中で楽しそうに飛んでいるのを見れるのも楽しみにしていたが、風も強くてとてもじゃないけれど鳥をファインダーに収めることが難しいと思ったので、今回はα7 + LA-EA4 + SAL50F14という久しぶりのセットでの撮影。

 

もともとこのSAL50F14はシビアで、私はAPS-Cのα200での利用が主だったが、逆にα200ではこのレンズが9割という使い方だった。先ほどピントがイマイチと書いたが、きっと私の使い方の問題だろうと思う。

 

やっぱりα7が好きだ

野鳥撮影ではOM-D E-M5を使っているが、α7を使って撮影をすると、やっぱりα7の写りで野鳥を撮影したい!と思ってしまう。

f:id:hato36:20170408145838j:plain

 

α7(フルサイズ)で望遠はきついがマウントアダプタならば...

SONY純正 Eマウントの望遠レンズだと、SEL70200Gとなるわけだが、いかんせん野鳥撮影に200mmは短いと感じる。しかし!野鳥撮影をされている方々のブログを見て見つけた。α7で望遠レンズを使う方法!その答えはマウントアダプタだった。

私の知っているマウントアダプタは電子接点はなく通常MFしか使えないもので、唯一純正のLA-EA4のみが電子接点を持っているAFも可能なマウントアダプタだ。
※ CONTAX GとMマウントのアダプタがメイン
電子接点のあるものは純正と中華製の怪しいものだけだと思っていたので、実はAマウントの望遠レンズも調べていましたが、いかんせん高いし手が出ない。しかも、Aマウントはボディ側に手ぶれ補正が内蔵されているため、Aマウントのレンズを私の無印α7で使うことは厳しいということで考えることすらしていなかったのだ。

しかし、α7 IIならば、ボディ内手ぶれ補正があるのでそれでAマウントのレンズを使っている方などは見かけるが、α7のボディを買い換えるほどコストをかけるつもりはないというか、α7は気に入ってるのでこのまま使い続けたいと思っているのでα7 IIに買い換えるというのは無いと自分の中では思っていた。 

ソニー マウントアダプター LA-EA5

ソニー マウントアダプター LA-EA5

  • 発売日: 2020/11/06
  • メディア: エレクトロニクス
 
ソニー マウントアダプター LA-EA4

ソニー マウントアダプター LA-EA4

  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: Camera
 

 

キャノンやシグマのレンズがEマウントで使えてAFも可能

そんな中、キャノンやシグマなどボディには手ぶれ補正を内蔵しないレンズがEマウントで使えてしかもAFも使えるなんて考えてもいなかった。

※写真は好きだが、ボディとかカメラ自体はおそらくみなさんほど好きでは無く、新しいボディが出てもあまり気にならないというか、真剣に調べたり読んだりしない方なのだ。

いやー、自分の無知さ加減にびっくりしたw
しかし、知ることができてよかった。もっとカメラ好きな人と会話をしていたらよかったのかもしれないが、先ほど書いた通り私はカメラ本体の談義はあまり興味がない。
今までも何度か写真好きという人と飲んで会話をしたりしたが、大半の人は会話のほとんどが本体とレンズの話ばかりで、私のように一度Zeissを装着したらそればっかりという人間には到底理解できない状態。。。
※カメラの機材好きな人を否定するわけではないです。それはそれで良いです。

私はむしろ、ここの風景がいいよとか撮影スポットとか撮影テクニックとかの話をしたいのですが、なかなかそういう話をしてくれそうな人はいない。
幼稚園の時の友人(女性)にはカメラマンがいるのだが、きっと私のレベルが低すぎて会話になる気がしないwww

ちょいと話が逸れたが、ボディに手ぶれ補正を内蔵しないメーカーのレンズ(キャノンやシグマ)を電子接点付きのマウントアダプタでα7と共に利用することで、手ぶれ補正の内蔵された他社製レンズでもAFが使えちゃうというわけ。

考えればわかりそうなもんだが、ハードの興味が薄いとそういうことすら気がつかない愚かさったら笑っちゃうね。

そんなこんなで以下の図式が出来上がるわけです。

SONY α7 + MC-11(シグマ製) + SIGMA 150-600mm

うーむ。フルサイズで600mmか、機材にかかるお金が他のものより安価なのがみそ。(MC-11 2.9万円、150-600mm 10.5万円 合計 13.5万円)

さらに2017年5月25日までは2万円キャッシュバックというオマケが付くので、11.5万円で望遠600mmのα7で野鳥撮影が出来ると思うと決して安価ではないけれど安いと言っていいのではないかと思う。(現在 絶賛 興奮状態w)

SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSA-E用 シグマ⇔ソニーEマウント

SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSA-E用 シグマ⇔ソニーEマウント

  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: エレクトロニクス
 
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports S014 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports S014 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

  • 発売日: 2014/10/24
  • メディア: エレクトロニクス