鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

早速M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIに手を出した!

OM-DとZuiko Digital 75-300mm

1月7日の爪木崎で妻がSONY DSC-RX10で野鳥撮影しているのを指をくわえて観ていたのだが、私も撮影したくて初めて望遠レンズに手を出した。

 

初めての超望遠レンズ

実は8年のデジイチ経験の中でE-PL1(初代 PEN LITE)に付属だったZuiko DIGITAL 40-150mmしか望遠は使ったことがない。
しかし、35mm版換算300mmではおそらく足りないであろうということで、思い切って倍の望遠端を持つ75-300を購入した!(35mm版換算で150-600mm!!)

ちなみに、私はZuiko DIGITAL 40-150mmの写りがすごく好きである。
フォーサーズ用のレンズなのでマウントアダプタを装着している(E-PL1のダブルズームに付属していたものであり、E-PL1は既にOM-Dを購入する際に手放している)わけだが、今回はマイクロフォーサーズ用のレンズなのでスッキリしている。(見た目だけであり別にマウントアダプタがあっても困ることはなかった)

 

M.Zuiko DIGITAL ED 75-300mmの指名買いではなく結構迷った

今回は75-300mを購入したわけだが、実はいくつかの候補で迷った。
α7のおかげでOM-D E-M5(中古で購入)の出番は減っているものの、山に行く際や望遠(レンズが安いしw)では便利に使っている。
とはいえ、α7が好きすぎて高いけれどα7の望遠レンズであるSEL70300GやSEL70200Gの購入を考えてしまった。

www.sony.jp

www.sony.jp

いずれも価格が高くちょっと野鳥を撮ってみたいという私の要望を満たすにはスペックオーバーだと感じたし、やはりフルサイズで望遠というのは手持ちのカメラのラインナップ(α7とOM-D E-M5)を考えても勿体無いと思った。何よりM.Zuiko DIGITAL ED 75-300mmが安価であることが大きい。だって35mm版換算600mmで4.5万円強ですよ。このコスパは認めざるを得ません。

また、昨今ではOM-D E-M1を始めとしたOM-Dシリーズをこれまでのデジタル一眼から乗り換えてメイン機にする人も多いことを考えると、性能的には十分であると考えられると、好きとはいえα7で望遠にチャレンジしなくてもいいのではないかと思った。

しかし、ここで終わりでは無かった。

妻がメインにしているRX10は1型センサーで写りも十分であり、レンズ交換がないことも含めて機動性も高い。何よりRX10 M3は望遠が我が家の無印RX10と比較して3倍の600mmに拡張しているというではないか。(知ってたけどw)

www.sony.jp

しかし、RX10は結構いいお値段するのである。14万円ぴったりw

私がRX10(これも中古w)を購入した時に、すでにRX10 M2が発売されており、M2ですら高いと思って無印RX10を中古で慌てて探したぐらいである。

www.810note.com


今回もRX10M3を中古で...と考えていたが、RX10には超解像ズームなる機能があることを後から知り、現在のRX10でも400mmの撮影が可能であることがわかった。
そう考えると未だ不満の少ないRX10を買い換えるというのもどうかと思うので、RX10M3は諦めた。(ちなみに中古の数も少ない)

 

RX10を購入した際に、新品で売られていたLUMIX FZ1000について調べたら望遠側は光学で400mmということで、野鳥撮影にはいいじゃないか!そういえば、店頭でも野鳥の会推奨とか書かれていたような気がすると思ったのだが、今更新しいメーカーの新しいカメラを買うのも使い勝手が異なることを踏まえると面倒だなということで諦めた。

ただ、FZ1000はすでに終売となっており新機種としてFZH1という機種が販売されていた。こちらは望遠側が480mmとさらに伸びてさらに興味のそそられるカメラとなっていた。

panasonic.jp

が、RX10m3と同等の14万弱というお値段ですぐに興味も失せたw

あとは、α7の前に使っていたCanonのG3Xが気になっており、見栄えも実はRX10、FZ1000と比較するとG3 Xはいいなと思っていたが、やはり異なるメーカーを追加すると、また操作方法を覚える必要があるし、センサーの味付けが違うので色味に馴染めない可能性があると思ったので避けた。
私は所有したことはないのだが、Nikonの色味は気に入っていて、Nikonにも同様の望遠の使える1型センサーのカメラがあることを知ることができた。

どうやら、まだ発売はされていない(というか大分延期している?)のだが、DL24-500というカメラにはかなり食指を動かされた。

追記:その後DLシリーズは発売中止となった
SONY RXシリーズの対抗として面白そうだったのだが残念である

Nikon | ニュース | 報道資料:「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」の3機種を発売

Nikon | ニュース | 報道資料:プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ



結局はコスパで選択した

そんなこんなではあるが、コスパを重視して結局のところM.Zuiko DIGITAL ED 75-300mmを購入した。

OM-DとZuiko Digital 75-300mm

望遠にするとやはりかなりの長さとなるが、それでも非常にコンパクトだし、何よりOM-Dの5軸手ぶれ補正が使える600mmというのは魅力である。

M.Zuiko Digital ED 75-300mm

そして何よりいいのは、望遠レンズを持って歩いたとしても重量が非常に軽い。

  重量(g)
OM-D E-M5 425
M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II 423
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. 100
合計 948

 

望遠レンズだけ持ち歩くのは流石に撮影の幅が限られてしまうので、標準画角のレンズを一本持って行くとしてもこの重量である。
これはすごい。しかも、LUMIX G 20mm/F1.7 はものすごく小さいのでポケットに入ってしまうのだ。1枚目の写真を改めて載せますが、これで1kgを切っており、なおかつ40mmと150mm〜600mmとものすごい範囲をカバーしてくれるのである。

OM-DとZuiko Digital 75-300mm

これはすごいシステムだ。
山登りの時にも最近はα7を持ち歩くことが多かったのだが、夏場は汗の量が多すぎて汗に濡れるのを気にして歩いていた。
ここまでのシステムになれば山登りでもかなり使える。

苔やキノコ、色々な木々は望遠で捉えることができるだろうし、20mmで山からの景色も取れるだろう。レンズ交換をする必要があることを考えると若干手間ではあるが、サコッシュなどを買って手軽に交換できるようにしておけばいい感じのシステムになると思う。冬山には登ることはないので、今から来春が楽しみになった。