鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

2016年 夏 私的ボールペン事情

f:id:hato36:20161008121338j:plain

現在の私の手帳に使っているボールペンはこれ!

 

LAMYのボールペン

 

私が使っているのはブラックだが、このヴァイオレットはおしゃれだ。
なかなかこういう色のボールペンを使っている人を見ることはないので、オシャレ度はかなり高い。(欲しいけど我慢w)
しかも、このヴァイオレットは2,200円である!
2020年の限定色なので欲しい人はお早めに。

ちなみに私が使っているブラックの方は、1,509円である!!この価格で書きやすいボールペンが手に入るのだ。並行輸入品というのを気にされる方もいらっしゃると思うが、全く問題ないしそもそもボールペンだしw
全く気にする必要はないので、安心して購入して良い。もちろん私もAmazonでこれを購入しているのだ。
 

LAMYのボールペンを使っている理由

f:id:hato36:20161008121324j:plain

現在LAMYを愛用している理由は、持ち手の部分が握りやすいから。これに限る!
持ちやすい形になっているボールペンは数多くあると思うが、私の手にはしっくりくるのだ。好みになるので万人に言えるわけではないが、使ったことない方は是非一度お試しいただきたい。

 

私のLAMY Safariボールペンは一味違う!

f:id:hato36:20161008121348j:plain

ペン先だけチラ見せする。これだけみても違いはわからないと思う。
そりゃそうだ。ペン先で違いがわかるのはマニアな方だけだw

f:id:hato36:20161008121417j:plain

ここまでくると、LAMY Safariボールペンを使っている方でも気づくと思う。
私のLAMY Safariはリフィル部分が普通とは違う。
私はこれ以外にもいくつかボールペンや万年筆を持っており、その中に4C規格のボールペンがある。そこで使っているリフィルがこれ。

f:id:hato36:20161008121500j:plain

ちょっと見づらいかもしれないが、JETSTREAM(ジェットストリーム)と書いてある。城達也の方ではなく、三菱鉛筆の方である。
そう人気の高いゲルインクボールペンの4C規格のリフィルをLAMY Safariボールペンで使っているのだ。純正のリフィルがもちろんあるわけだが、私のはJETSTREAMなのだ。

 

JETSTREAMの書き味をLAMYで! 

ボールペンというか文具に興味がある方であれば、JETSTREAMについては十分知っていると思う。知らない方はこちらをご覧あれ。

かなり昔から文具は好きだったにもかかわらず、このJETSTREAMは避けてきた。
理由は結構単純で、私は文字を書くときにある程度抵抗がある方が安定して書きやすいと思っていたから。なので、スラスラと抵抗無く書けるJETSTREAMはむしろ苦手。
なので、これまでは4C規格のペンでもハイテックCスリムのリフィルを使っていた

先ほどの抵抗がある程度あるのが私には良いのと、ハイテックCスリム0.3mmという極細が用意されているが私には都合が良かったのです。ノートにももちろん使うが、手帳に書くことが多かったのがその理由。ちなみにJETSTREAMは0.5mmと0.7mmのどちらかになるので手帳に書くには私にとっては少し太かった。(慣れたけど)

しかし、現在はこの構成で手帳のスケジュールやメモを書いている。慣れとは恐ろしいw
ちなみにLAMYに4C規格のリフィルをそのまま使うことはできない。
LAMY Safariは4C規格ではないのでアダプターが必要になる。

 上記に以下のSXR-200-05を組み合わせて使っている。

先に書いた様に手帳に書くには私にはヌルヌル滑りすぎて(それが人気の理由だがw)ちょっと苦手なのだが、ノートの方はかなり殴り書きをするタイプなので、このヌルヌルが意外と心地よかった。(今までは食わず嫌いだったということ...)

実は手帳を止めようと思っていて、手帳の代わりにノートを持ち歩こうかなと考えているので、ペンについてはこのままJETSTREAMで継続しようと考えている。

でも、ヌルヌル好きな方は、JETSTREAMの4Cリフィルと握りやすいLAMY Safari ボールペンの組み合わせはかなり使い勝手が良いと思う。使い捨てのボールペンとはやはり違うので使っていてもテンションも上がるのでおすすめだ。

 

何も難しいことはなく、上記Amazonのリンクのものを揃えるだけで最高に気持ちの良いボールペンが手に入るので是非お試しあれ。