鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Kindle unlimited:「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である/中島聡」を読んで

f:id:hato36:20161008120645j:plain

まず、ビジネスマン諸氏にはおすすめの一冊。
私のようにITに関する仕事をしている人であればさらにオススメ!

 

中島聡さんは元マイクロソフトのプログラマー

この本を書いた中島聡さんは元マイクロソフトのプログラマーである。ちなみにこの本はKindle unlimitedだから定額で読めるが、普通の書店ならば平積みされているぐらい新しい。

 

 

最初も入社当初はプログラマー

この本はプログラマーである著者がやっていた仕事術を説明されている。
元プログラマーの私もすごく理解できたし、私も無意識に実践していることがあり非常に共感が持てた。それはロケットスタート仕事術。
著者のように、最初の2割で仕事のほとんどを仕上げて、残り8割で「流しながら」仕上げるというところまでは出来ていなかったが、少なくとも私は、テストをじっくりするために、そして仕様変更が入ることが当たり前のようにあったので、少しでも余裕を持てるように開発作業を予定よりもかなり早めに仕上げていた。

しかし、著者はそういったことを理論的に考えて実行されていたようだ。
各行動を理解しやすく説明してくれている。

 

現在は情報システム部員です

現在は、情報システム部員で、ITに関する仕事ではあるが、プログラマーという職からはかけ離れた仕事内容。
しかし、この本で紹介されているロケットスタート仕事術は仕事の内容は違っても使えることを説明してくれている。
読み始めていたときは、プログラマーならば確かに私もそうだったように実現できるのだが、同時に多くの仕事をこなすような場合にはとても使いづらいと思って読んでいた。しかし、プログラマー以外の仕事をしている人のことも考慮したロケットスタート仕事術も書いてくれている。(ちょっと疑問符がつかないこともないのだが...一応理屈ではわかるw)
なので、プログラマーじゃないから読んでも意味ないや...なんて思わず是非手に取ってみることをお勧めする。

 

やってはいけないことに気がつかされた

よく馴れ合いの仕事をしていると、「なる早で」という早そうで実は早くもない微妙な期限を使っている。

わかってはいたけれど「なる早は期限が曖昧である」ということを書かれている。
こういう基本的なやってはいけないことも書かれているので、改めて部下に対する指示の仕方を変えないといけないなと反省した。

やはり指示をする方も、希望の期限で仕事をして欲しいわけだし、作業をする方にしても明確な期限があった方が仕事の優先順位もつけやすいので結果として進捗が思った通りに進むことにつながる。 

そんなビジネスの小ネタが多数書かれているし、例示も多いのでプログラマーでない方でも活用できる仕事術が見つかると思う。

 

やっぱりKindle unlimitedにしてよかった

今年の6月に発売されたこの本。先に書いたように、本屋によってはまだ平積みされている。こんな本ですら定額で読めちゃうのだからいいサービスである。
もちろんKindle Paperwhiteもセットで購入をお勧めする。
バッテリの持ちも良いし、何より目が疲れにくく読みやすい。
iPad miniで読むのよりも確実に快適だ。