鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

メモパッド B6サイズはこれを選んだ

f:id:hato36:20180617215317j:plain

以前ノートカバーを購入した際に、ロディア No.14、オキナ プロジェクトペーパー、ライフクリッパーの3種類を購入し、全てを使い切ったので新しいメモパッドを購入した。

 

私はLIFE CLIPPER(ライフクリッパー)を選んだ

写真を見ていただければわかる通り、私が選んだのはライフクリッパーだ!
購入したときの記事のリンクはこちら。

www.810note.com

なぜライフクリッパーなのか?

結果的に消去法で選択した。 

ロディア No.14

ロディア No.14はサイズが微妙に小さいので勿体無い?というかもう少しのスペースが欲しいのでNG。さらにいうとロディア No.14は他の2冊と比較するとコスパが悪い。Amazonでも440円である。

ちょっしたことでもバンバンメモをして、Evernoteでスキャンして捨てていくという私のスタイルには正直合わない。(間も無くApple Pencilも導入予定だがw)
ということで、ロディアはまず消えた。

 

オキナ Project Paper(プロジェクトペーパー)

描き心地は悪くないし、200円を切る価格で購入できるのは非常に魅力!方眼のラインがグリーンっぽい色なのだ。このグリーンがダメということではなく、最後に残ったライフクリッパーの薄いグレーの方が好みだった。それだけだ。 

ちなみにコストパフォーマンスだけで言えば、プロジェクトペーパーは最高だ。
230円でこのメモが買えるのは素晴らしいことである。コストを重視する人はこれを選ぶといいだろう。

 

(LIFE CLIPPER)ライフクリッパー

285円でプロジェクトペーパーよりも50円以上高い。

2020年08月時点での金額は以下の通り。

  価格
ロディア No,14 ¥440
プロジェクトペーパー B6 ¥230
ライフクリッパー B6 ¥285

 

送料も含めるともう少し変わってくる部分もあるが、上記を参考に比較すると、プロジェクトペーパーの安さは際立つ。
そして逆にロディアの高さも際立つ。

ただ、注意しなければならないのはページ数だ。
1ページあたりの単価を計算すると、ライフクリッパーよりもロディアの方が安いということになる。

  価格 ページ数 単価/ページ
ロディア No,14 ¥440 160 ¥2.75
プロジェクトペーパー B6 ¥230 100 ¥2.30
ライフクリッパー B6 ¥285 100 ¥2.85

ロディアが高いのにはちゃんと理由があったが、ページ単価という切り口で見ると実はライフクリッパーの方が高いというわけだ。
今回私は書き心地や用紙に描かれている線の色などからライフクリッパーを選んでいる。しかし、コストを含めて見直しは必須となりそうだ。

 

追伸

本日会社に持って行って買うべきサイズはB6だったのにA5(一番上の写真)を買ってしまったことに気がついた....(涙)

 

ライフクリッパーとペンの相性

ちなみにライフクリッパーととても相性が良いのはこのインク。
若かりし頃は0.3とか細い軸のペンが好きだったのだが、最近は0.7とか少々太いかなと思うぐらいの太さの方がお気に入りである。

三菱鉛筆 油性ボールペン替え芯 SXR-200-07 黒 24

三菱鉛筆 油性ボールペン替え芯 SXR-200-07 黒 24

決して高価な部類のボールペンではないと思うが、筆圧の弱い私にはこのアーバンの重量が非常に都合が良いのだ。

パーカーで使うためにはこのアダプターは必須です。
もちろん私も使っている。

こちらをぜひご覧あれ。

 

www.810note.com