鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Office365 SOLO(Microsoft365 Personal)を使って一年が経過した

f:id:hato36:20160910130301p:plain

Office365 SOLOを使って一年が経過した。

2020/09更新:Office365はMicrosoft365と名前を変えているため、一部記載を見直した

 

Microsoft365を使うメリット

MacでもWindowsでも、Galaxy S6でもWord、Excel、PowerPointなどのいわゆるOffice製品が使えるのは非常に便利。
何よりOneDrive(1TB=1,000GB)が便利です。

もちろん、Microsoft365 PersonalではなくOffice2016/Office2019を買うだけでも便利だとは思うが、OneDriveとセットで使うことにより、保存場所がクラウドで、どのデバイスからでもOffice製品を使えるのだ。


私がMicrosoft365 Personalをお勧めする理由は以下の2点である。

  • 1TBの容量を誇るOneDrive
  • Office ProPlusをWIndows・mac・iOS・Androidにインストール可能
  • 最新のOfficeソフトが利用可能

この三つがあるから契約しているといっても過言ではない。
メールアドレスも付いてくるが、正直それは別にいらないw
ぶっちゃけOneDriveとOfficeの利用料だけにしてもう少し安くしてくれればいいのにと思ってしまう。しかし、Amazonで購入すれば少し安く買えることを覚えておいてほしい。

 

OneDriveがなぜそんなにいいのか?

Macbook airがSSDであり容量が多くないので、それをOneDriveで補っている。DropboxやGoogle driveなどもあるが、容量が中途半端で使い込めずにいた。

OneDriveの1TBのおかげで、OneDriveをメインのクラウドストレージにし、ようやく本気で移行できた。やはりメインとして利用するならばある程度の容量が確保されていることは重要だ。

容量だけであれば、Google Driveだって1TBを月額1,200円で使うことができるが、Officeは付いてこない。GoogleにもドキュメントやスプレッドシートなどOffice文書を作成するための機能は提供されているが、他者に見せる文書をそういった互換機能に頼るわけにはいかない。

やはり相手がMicrosoft Officeを使っているのであれば、こちらもMicrosoft Officeで作らなければレイアウト崩れなど余計な仕事が増えるだけである。
PDFで保存して渡せばいいじゃないという意見も聞こえてきそうだが、それはあくまで見せるだけの文書の場合であり、相手にも編集をさせることを考えると結局手間が増えるのである。

ということで、年額で同じ1TBを使えるが、Officeが付いてくるか付いてこないかの差が、Microsoft365 Personalを契約した理由であり、皆さんにお勧めする理由である。

 

まとめ:Microsoft365 Personalをオススメする理由

f:id:hato36:20160910141142p:plain

過去の記事の修正であるため、Office365 SOLOはMicrosoft365 Personalに読み替えていただきたい。また、Microsoft365 Personalの金額は2020/08/22時点で上記の通りである。(ちょっとびっくりw)

 

2020年も更新をしている。
やはりOfficeソフトは不定期で必要になることがあるのと、OneDriveの1TBの容量が魅力。この両方で年1.2万円弱というのは大きい。
使わなくなったら更新しなければいいと思うし、それこそGoogleのサービスだけでいいかもしれないが、仕事をしている関係上どうしてもOfficeソフトを使う機会はある。(プライベートのPCを活用するシチュエーションもある)
そうなるとMicrosoft 365を使い倒す方がむしろ安価と言えるだろう。
最近はMicrosoft365のおかげで、Officeのバージョンが...とか考えることはまずなくなった。もちろんそれだけお金もかかっているということになるが、やはり最新のソフトを使うことによるセキュリティの維持は大きな効果だ。プライベートのパソコンだから...なんて考える人もいると思うが、むしろプライベートのパソコンの方がセキュリティ的には心配なことが多いはずなので、なおのこと最新ソフトで最新のセキュリティ環境にすべきだと思う。
(2020年09月現在のOneDriveは300GBを使用)

 

余談:Officeの機能を正しく使う技術を普段から学ぶべき!

最近はブログの元ネタもWordで書いたりすることもあったり、一部の画像はOfficeで作ったものを利用している。プログラマー・SEという職種だった時代にプログラムを書くこと以外はほとんどOfficeを使って文書(設計書・マニュアル等)を作っていたので、慣れているのだ。

ちなみに、現在は社内IT部門だが、Wordの機能の使い方を知らないがために、時間をかけて文書を作っている人を多く見かける。これは非常に非効率極まりない。
今はSIerに作ってもらった文書を指摘する立場だが、正しく機能を使っていないが故に文書の修正よりも体裁を整えることに無駄に時間を使っていることが多い。
もちろん修正漏れも散見される。

Excelについても同様である。スケジュールをExcelで作っている人はスケジュールの変更があるたびに、スケジュールの修正をする時間よりも体裁を直す時間の方がかかっていないだろうか?
MicrosoftにはProjectというソフトウェアがありそれを使うと体裁は自ずと出来上がるため、スケジュールの修正に集中できる。

スケジュール管理はスケジュール管理ソフトを使う方が返ってコストが安く済むと私は考える。

 

また、Excelで設計書を作成する人も多いが、それもどうだろうか?自由に描きやすいというメリットはあると思うが、そういう目的のアプリケーションではない。
一見使いやすいと思えるが、実際に使ってみて資料を作成するために使っている時間のうち、内容を考える時間と体裁を整えるための時間を自分で分析してみてほしい。
そして、「自分は使える!」と思っている人も本当に機能を知っていて使いこなせているかを確認するために、一度は解説本を読んでみてはどうだろうか?

改ページなどを考えると圧倒的にWordの方が便利だと思うのだが。

よくわかる Word 2019 基礎

よくわかる Word 2019 基礎

 
よくわかる Word 2019 応用

よくわかる Word 2019 応用