鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Pokemon GOを楽しむために必要な「モノ」(通年)

f:id:hato36:20160724201035p:plain

ポケモンGO人気はすごい!
私の住む町でも、いたるところでポケモンを捕まえている人がいる。
元イングレスプレイヤーとして、夏でも冬でも通年通してプレイするために必要なものをピックアップして行こうと思う。

 

イングレスプレイヤーからすると当然のモバイルバッテリー

イングレスでもそうだが、一日中と言わずとも画面をつけたまま歩き回っていると、数時間でバッテリーが無くなる。GPSも常時ONにする必要があるのでバッテリーの消費はゲームをやらない時の消費とは比べものにならない。そんなあなたには、一日戦うために 10000mAh以上のバッテリーが必要なのである。
私は軽量な3000mAhのバッテリーと10000mAhのバッテリーを二つ持ち歩いてプレイしていたが、大抵は10000mAhのバッテリーがゼロになったらプレイをやめるようにしていた。(通話ができなくなるほどバッテリーを使い切るわけにはいかないので)もっと容量の大きいものもあるが、スマホを何台も持ち歩いているとかタブレットを持っていない限りは必要がないと思う。理由は単純。体力の方が持たないからw
私のオススメはAnker。私の周りのイングレスプレイヤーもこのメーカを使っていることが多い。

 

 

両手をフリーにするためのザック

ザックなんて持ってるよ!って方が多いと思うが、これから季節は機能性の高いザックが良い。karrimor tribute 25は安価(12,000円弱)だし、ロゴも含めてブラックであるため、変に服に干渉せずどんなスタイルにも合わせやすい。

[カリマー] デイパック tribute 25 Black(ブラック)
 

登山用ザックを作っているメーカーのザックらしくシンプルイズベストという見た目以外にも非常に意味がある。ブラックでロゴまで真っ黒ということで、ビジネス時にも使える。ニューヨーカーがスーツにザックで出勤!なんてTVドラマや映画はよく見る。
なので、ポケモンGOの時だけでなく、ビジネスにも使えるならばこの金額でも手が出しやすいと思う。

25Lという容量もちょうど良いサイズで、小さすぎると冬場に歩いていて暑くなった時に、脱いだ上着をしまうことが出来る。サイズを小さくすると季節ごとにザックを変えることになるので、無駄に物が増えるのを避けるためにも、機能美を持つこのザックを一つ買って使い倒すというのが良い。

 

ザックにモバイルバッテリーをしまうので長いケーブルが必須!!

先のモバイルバッテリーを購入するとケーブルは付いてくる。
そのケーブルでもちろん充電出来まるが、手をフリーにしてストレスなくプレイするには少し長めのケーブルがオススメ。多少長くても、ザックの中で丸めておけばいいので長ければ長い方がいいというのがイングレスをやっていた私の結論。

ちなみにザックのサイドポケットにバッテリーをしまっておくと出し入れも楽だし便利である。出し入れなんかしないじゃん?という方は次の項目も読んでいただきたい。

ちなみに急速充電に対応している機種は、是非急速充電に対応しているケーブルを選んで欲しい。

 

喫茶店や食事などの休憩時には短いケーブルも必要!!

長いケーブルがあるのだから不要じゃん?という方もいると思うが、狭いお店で長いケーブルは邪魔である。ケーブルが引っかかって大切なスマホを落としたりするのはもちろん困るし、モバイルバッテリーなどのバッテリー製品は衝撃に非常に敏感だ。
バッテリーを落とすということは火事になる危険性を含んでいるのだ。

なので、店舗内ではモバイルバッテリーとスマホを短いケーブルで接続し、落とさないように配置した上で食事などの休憩を取ると画面も見やすく安心して急速出来る。

あとは歩きやすいスニーカーと汗が乾きやすい服があれば夏場は大丈夫だろう。
冬場でも長時間歩くと暑くなることも想定し、軽量ダウンを着ると良い。
軽量ダウンならば暑い時にすぐに脱いでコンパクトにしまえる。
あと、冬場はスマホ用の手袋も必須である。歩き続けているとはいえ、足を止めることもあるので体が冷えることもある。そういう時のために手袋はあった方がよい。

スニーカーはやっぱりNew balance

イングレスではとあるイベントの時にニューバランスとイングレスのコラボというものがあった。靴の長さだけでなく幅も含めていろいろあるバリエーションの中からオシャレで歩きやすい靴を選びたい。
ちなみに私はM991とM1500を好んで履いています。
某アルファベット3文字の量販店でもニューバランスは大量に扱っていますが、安価なモデルは安価な機能しか搭載していない。運動のしやすさなどを追及したモデルは値段もそこそこではああるがやはり足への負担も違う。
安価なものと違ってデザインも凝っているので、どうせ買うならばオシャレな一足を選んで長く履く事をおすすめする。