鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ホンダから新型 シビックハッチバックが発表されました

f:id:hato36:20210628143938p:plain

出典:https://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

新型のシビック ハッチバックが発表されました。
海外で既にセダンを販売開始しているので、見た目も含めて既に目新しさはあまりありません。エンジンは先代と同様の1.5Lターボ 180psのみからとなりますが、今後ハイブリッドが追加される予定となっています。
※ 北米では 2.0L NA 158psというエンジンもあります
そして、Type-Rはもちろんですが、以前あった「Si」というスポーティーなグレードもすでに予定されているとか。これは楽しみです。
さらに、Siは先代でも海外にはあったので、同じ1.5L ターボの205psが搭載される感じでしょうか?それとも新たに1.5Lターボをチューニングをする感じですかね?180psでも十分なので、エンジンはそのままで、外装や足回り、シートなどをスポーティーにしてくれるだけでも良いかなという気もします。むしろショートシフトになっているとかもうちょっと違う味付けというのもアリですかね。いずれにしても、今回も6速 MTが選べるのは嬉しい限りです。

 

わずかながら大型化したボディーサイズ

f:id:hato36:20210628173646p:plain

f:id:hato36:20210628173653p:plain

誤差のようなものではありますが、今回も先代より若干大きくなっています。

f:id:hato36:20210628143435p:plain

北米をベースに開発したものを日本に持ってくるので、コストは抑えられますが、どんどんサイズが大きくなる方向には正直残念でなりません。

アメリカでもJDMと呼ばれて旧型のコンパクトな日本車が人気なようですが、シビックも昔のようにもう少しコンパクトにしたら売れませんかね?

 

これってハッチバックなの?

f:id:hato36:20210628173719p:plain

先代でも十分疑問だったシビック ハッチバック...。もはや「ハッチバックの基準ってなんだっけ?」という感じです。

アウディでも似たようなスタイルの車はありますし、過去にはギャランなんかでも近いスタイルがありました。そう、「スポーツバック」です。

f:id:hato36:20210628143749p:plain

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a7/a7_sportback/design.html

ハッチバックってEK9あたりのシビックや、ゴルフなんかはしっくりきますが、インプレッサスポーツやMAZDA3などは、従来はスポーツワゴンと呼ばれていましたよね。
性能向上を狙い、その結果としてホイールベースが長くなってきて、ハッチバックと呼ばれる結果になりました。
古い車を知らない若い人には違和感ないかもしれませんが、おそらく50代前後から上の方は、違和感しか無いのではないでしょうか?そろそろハッチバックと呼ばずに、スポーツバックと呼ぶようにして欲しいです。

一応基準としてはタイヤの上にハッチの上番が来ると、ハッチバックと呼ぶようですが、そもそもの基準も変えるべきかなと思います。

 

セダン好きなら抵抗なく選べるデザイン

ハッチバックと言っても、セダンの変則スタイルのようなデザインですが、実は私は嫌いではありません。というのも、私はもともとセダンが好きだからです。
既にアコードも同様の形ですが、セダンと呼んでいますよね。リアハッチの付け根部分がリアドアの上なのかリアドアの下なのかが主な違いだと思います。

セダン自体も少数派になってきている今日の各社のラインナップの中では、この形状は貴重と言って良いのでは無いかと思います。きっとセダン好きであれば、私のようにこのスタイルは受け入れられるのではないでしょうか?(ハッチバックという名前は受け入れられませんけどっ!)

 

デザインは少し落ち着いてきて大人向けなルックスに変更

f:id:hato36:20210628174308p:plain

FKも好きですが、少々デザインがやんちゃだと思っていました。
しかし、今回の新しいシビックは、大人なデザインに変わりました。

それ故に、悲しいかな新しいシビックにアコードのイメージを持ってしまいました。
いずれにしてもホンダっぽいとは言えますけれど(^_^;)

f:id:hato36:20210628175338j:plain

f:id:hato36:20210628175343j:plain

出典:新型ホンダ・シビックが世界初公開。タイプR、e:HEVモデルは2022年発売へ | クルマ | autosport web

そして、純正のエアロを纏うと、それはそれでスポーティーで大人な車になります。

www.webcartop.jp

羽は微妙ですね。羽を見ると、私はやっぱりセダンの方が好きかもと思ってしまいます。
USのシビック セダンのトランクスポイラーの方が大人な感じで格好良いです。
国内にセダンは入ってくるのでしょうか?今回ハッチバックのみの発表でしたが、セダンもぜひお願いしたいところです。

Rear passenger-side view of the 2022 Honda Civic Sport Sedan in Rallye Red with HPD™ Package.

出典:2022 Civic Sedan: Driving Fun | Honda

 

やっぱりコンパクトな車のスポーティーなグレードに期待したい

私は大型化していくシビックも嫌いでは無いですが、もう少しコンパクトなFITのスポーティーグレードに期待したいです。
なんならGRヤリスのように、フェンダーを膨らませてスポーティーになる分には全然ありです。仮にそれが3ナンバーだとしてもです。そして、四枚ドアでVTECならファミリーでも言うこと無しですね。

出ないかなぁ〜RSでもSiでもいいのですけれど、ModuloXでは足りないんですよ。楽しさが。
日産もマーチの代わりにセントラやパルサーを輸入してくれてもよいのですよ。
どちらもNISMOの設定があるわけですしね(*´艸`*)

ホンダならタイで販売されているシティなんかはハッチバックとセダンがあって面白そう。
タイに20年近く前に行った時にびっくりしたのですが、カローラのセダンにLevinとかのステッカーが貼られたタクシーが多くいたのですが、現地ではそう言う名前で売られていたのかな?見た目は普通のカローラセダン(たしかAE100系)だったのですけれどね(^◇^;)

プジョー208なんかは絶妙のサイズ感ですが、国産だとノートAURAとかカローラスポーツぐらいが対象ですかね。他は大きくなりすぎましたよ。絶対。駐車場なんかはちっとも大きくなってないのに...。

あ、アクアがまもなくモデルチェンジですから面白いデザインで出てくると良いですね。
しかし、スポーティーをヤリスに完全に降ってきたので、アクアはスポーティーと言うよりも高級感とか積載性などを狙って、フィットを完全に潰し、ノートやノートAURAの立ち位置をもトヨタに制圧されそうですが、その勢いは嫌いではありません。

もっともっと良い争いをして、輸入車に負けない良い車を安く作ってくれたらと思います。