鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

西湖 野鳥の森へGO!

f:id:hato36:20170402141253j:plain

この日は山登りに行きたかったのだが、天気がイマイチだったので、Webで検索して行って見たかった西湖 野鳥の森に行ってきた。

が!いきなり洗礼を受けました...

 

蜂に刺された 

野鳥の森の建物ではなく、周囲を歩きながら野鳥観察をしようと思ったら、いきなり蜂に刺されたのです。
ほんと森の中に入って1分も経たない間に...

 

妻が「痛い!」って言ったので何かと思ったら蜂に刺されたと言うのだ。
で私が振り返った瞬間に私の視界にも蜂が見えた。(暗くて種類はわからなかったがオレンジ色のスズメバチに見えた)

その瞬間、その蜂が私の方に向かってきたので走ってその場を離れようとしたのだが、なんと頭に蜂が取り付き、手で振り払ったのだが、髪の中に入ってしまい私もチクリとやられてしまった。

慌ててその場を離れ、野鳥の森の建物に入り、おじさんに蜂に刺されたことを告げたら「ポイズンリムーバー」で毒を吸い出そうとしてくれたのですが、妻は刺されたのがくるぶし近くで痩せてるから平面ではない場所にリムーバーが使えず(笑) 

ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー 00050008

ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー 00050008

 

私に至っては頭の中なので赤いと言うのはわかるようだが、具体的にどこと言うのがわからない(笑)

 

野鳥の森から病院に急行

西湖から近い病院を探したところ、大きそうな病院は山梨赤十字病院らしかったので急いで向かったら皮膚科の先生がいないと...
この時点で末に30分は経過していると思うので、なんとなくそれだけ時間がかかって何もなければ死ぬことはないかな?と思いつつも紹介された皮膚科を目指す。

 

雨も降ってきて気分も最悪なのだが、その皮膚科がまた混んでる....
どうやらお盆明けの最初の診療日だったらしく、信じられないほど混んでいた。
しかしながら、私が駐車場に車を止めている間に妻が病院に駆け込んで事情を説明したら、割り込んで見ていただきお薬を処方してもらった。
あれ?と思ったのは、治療時に毒を吸い出すとか蜂の針を抜くとかそう言うのは無かった。時間が経っていてすでに意味がなかったのかもしれないが想定と違って拍子抜けしてしまった。結果的に問診のみ...
 

とりあえずすでに数時間が経過しているが今の所生きている。
この後更新がなければ死んだと思ってください...(´・_・`)

 

ちなみに写真は以前宮ヶ瀬で撮影したルリビタキです。
カメラはOM-D E-M5 + M.Zuiko Digital 75-300mmだ。
今回は今まで撮影したことのないカワラヒワが見れたかもしれないのにと思っていた。
しかし、また行こう...と現時点では思えない。ちょっと蜂恐怖症になってしまった。

 

野鳥観察にはこういう危険もあるのだなと思った1日だった。
散々な休日だった。