鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

雨の多いので、備えの靴磨き&スタンスミスを綺麗にした

f:id:hato36:20170813224650j:plain

梅雨が上がってから雨の降る日も多く天候もいまいち。

 

定期的に磨くべきだが、カビにも注意

季節柄ではあるが湿気も多く、あまり放っておくとカビも生えやすい。
靴を磨いておく事でちょっとした雨ならば雨染みを防ぐこともできる。

以前もここで書いたが、履き潰すことで買い換えれば...と思っているビジネスマンはすごく多いと感じるが、ただ汚い靴を長く履いているだけにしか私には見えない。

 

履き潰すから磨かないのは間違い

靴を磨かないのはビジネスマンの身だしなみとしては良く無い。面倒臭いとか時間がないといった理由があるのだろうが、せめて埃を落としてから↓のようなものでもいいので、靴を磨くべきだ。これならば手を汚すことなく塗って、拭くだけなので時間も手間もかからない。

上記のものを使うだけなら、2分もあれば出来るだろう。
しかし、履き潰す前提の人はおそらく一切それをやっていない...
だから雨染みがあったり、色落ちや汚れの付着が激しかったりしている。
本人は気にしていないのかもしれないがはたから見れば残念な状態だ。

外に出る営業ならばもちろんだし、そうでなくても普段着ではなくスーツなのだから、清潔感を含めた身だしなみにはもう少し気を配るべきだ。

 

私はスタンスミス も綺麗に磨く(汚れを落とす)

ちなみにクリーナーとニュートラルなクリームがあれば、革製スニーカーだって綺麗に出来る。(スタンスミス 、ニューバランス、コンバース など)残念ながら汚れていた状態の写真はないのだが、アディダスのスタンスミスも綺麗にしている。

f:id:hato36:20170815000424j:plain

私の中でのポイントは綺麗にしすぎないこと!だったのだが、微妙な汚れは残しつつ、きっちり白さを取り戻している。
革製のスニーカーならば、汚れ落としとニュートラルクリームで綺麗さと艶を手に入れる事ができる。私が使っている汚れ落としはもっと古いものでデザインも違うが十分である。

コロンブス 抗菌クリーナー

コロンブス 抗菌クリーナー

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
汚れ落としを布切れに若干つけて、それで靴を綺麗にしてからニュートラルのクリームを塗って拭き取る作業となる。基本的には靴磨きと同じ作業だ。
このような手入れをしておく事で綺麗な状態で長く履く事ができる。
定番の白をコーディネートから外れることはないと思うのでぜひ試してもらいたい。

このニュートラルなクリームはそれこそぴったりな色のクリームがない財布やカバンなどの革製品でも使えるので一つ持っておくと便利だ。

 

ちなみにこの商品は当サイト経由で良く購入される品の一つだ。

コロンブス 抗菌クリーナー

コロンブス 抗菌クリーナー

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

使ったことはないが、以下の様な商品もある。
これは普通のスニーカーの汚れ落とし向け。

お気に入りかつ高価なスニーカーなんかはこの手の汚れ落として綺麗にしておきたいと思っているが、もともとあまり汚さずに綺麗に履くタイプなので、スニーカーはあまり洗う機会がないのが正直なところ。
ただ2万円を超える様な高価なニューバランスだったら是非綺麗にしておくことをお勧めする。

 

2020年追記

コロナ禍で在宅勤務となり、履く機会の少なくなった革靴にカビが生えてしまった人もいるのではないだろうか?ちなみに私は生えていたw
以下のモゥブレィのカビ落としと予防のクリーナーで2回ほど吹き上げたら綺麗になった。もちろん綺麗になっただけでなく、予防効果もあるのでその後はカビも発生していない。靴磨き用具の一つにこれも加えておくのが良いだろう。