鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

VW GOLF VII(ゴルフ7)がマイナーチェンジ

f:id:hato36:20161112092717p:plain

2012年に発売が始まったゴルフ7がマイナーチェンジを行う。

 

日本導入時期はまだ未定

マイナーチェンジしたゴルフがいつ頃導入を始めるかはわからないが、結構大きなマイナーチェンジだと思う。

 

外観は間違いなくが進化した 

ヘッドライトとバンパーが変わっている事に気がつくが、その中でもGTEのデザインが気に入った。
GTEといえば、イメージカラーはブルーであり、それはマイナーチェンジ後でも変わらない。今までも専用バンパーではあったが、さらに磨きがかかってGTIと同様に、GOLFの中の一つのブランドになろうとしているように思える。

f:id:hato36:20161112093627p:plain

f:id:hato36:20161112093643p:plain

 

GTD導入は期待できるのか?

以前にもAXELAの記事の中でGOLF GTD(ゴルフのディーゼル)が日本に上陸したら...という事を書いたが、おそらくあの事件のせいでそれもないだろう。

そうなると、GTEがGOLFの中で燃費の良いモデルになるわけだが、いかんせん高い。マイナーチェンジ後で価格に変化があるかどうかはまだわからないが、現在の価格は499万円。GTIは390万円であるのに対して100万円も高いのだ。GOLF Rが540万円なので、ちょっと手を伸ばせばRが買えてしまうほど。
いくら燃費が良いといっても価格が高すぎかと。

1.4LのTSIエンジンにモーターが追加されてスポーティーに走れる!というのが売りとなるこの車はGTI以上R未満というのがVW内の位置付けということだろう。
もっと燃費を重視したいなら、POLOかUP!を買ってねということか。
もう少し魅力的な価格で発売される事を望みたいところだ。

 

ヘッドライトの形状変化

GTEはともかく、他のGOLFもヘッドライトの形状が変わり、全てLEDになるようだが、TSIではオプションなのだろうか?
価格は抑えて売りたいであろうTSI Trendlineあたりはオプション間違いなしだろう。HighlineあたりからLEDが標準ってところが落とし所か。
しかし、バンパーは皆変わりそう。変わる前もなかなか良いデザインだと思っていたのだが、今回の変更で今まで以上に上品になったように思う。
40半ばの私にはこの上品さは受け入れられる変更だ。ヘッドライトと相まって上品さが良い感じに演出されている。平たくいうと高級感が今まで以上になった。
(これで価格が全体的に上がってなければいいのだが、価格が上がっているなら当然と言わざるを得ないでしょうw)

 

リアコンビランプもLED化される

その他大きな変更としては、全社リアコンビランプがLEDになる模様。
なおかつ流れるウインカーになるようなので、今までよりも高級感は増すだろうが、国産にも同様のLEDを装着する車は増えてきているので他と一線を画すようなものにはならない。軽自動車でも流れるウィンカーはあるので。

ただ、今時の「パチッ」と光るLEDのランプ類には憧れる。
しかしだ。流れるウインカーって格好いいのか?なんかトラックみたいで微妙に思うのは私だけだろうか?

 

1.5L TSI evoエンジンが目玉か!? 

1.5 TSI evoという新しいエンジンが搭載される。
TSIもようやく次の進化を迎えるということだと思う。
私は2007年のGOLF GT TSIなので、1.4L TSIエンジンの本当の初期型になるわけだ。
もともとTSIエンジンのコンセプトに惹かれてGOLFを購入したようなところもあるので、できれば次に車を買うときにはエンジンは新しいだけでなく新しいコンセプトのものに乗りたい。
そういう意味ではこの1.5 TSI evoというエンジンには期待したいところだ。

パワーも150psと低過ぎず高過ぎずという感じなのだが、私のゴルフに搭載されるTSIは1.4Lで170psなのでちょっと燃費を稼ぐために低めにしているのかな?という気がする。
うちのはツインチャージャーだからというのもあるが、1.5TSI evoは4気筒ターボなので、まぁもう少し余力はあるのは間違いないだろう。

 

新しい安全装備 

安全装備系の「○○アシスト」といった機能群もかなり強化されているようで、今回は以下の2つが追加されている。

  • 渋滞アシスト
  • エマージェンシー・アシスト

特に気になるのは渋滞アシストで渋滞時に半自動運転が可能になる模様。
これは渋滞の多い地域の人にはかなり強力なアシスト機能だろう。
自動制御をどこまで信用できるか私にはわからないが、本当に自動で動いてくれるならば魅力的な機能だろう。

 

後は、面白いことにキーごとにシートポジションやハンドルポジション、エアコンの設定を自動で変えてくれる機能が搭載されるということだ。
これだけ色々な機能が搭載されるグレードはかなり価格が上がりそうな予感。

 

価格設定が気になる

今でもいい値段ではあるが、車格から考えると結構バランスは良いと思っている。
変にプレミア感を増した価格の車に変わるのは正直嫌だなと思っているが、ゴルフのプレミア感が増すことによって、ポロの車格が少し上がるのでは?と勘ぐっている。
仮にポロも3ナンバーになるとすれば、Audi A1と同じぐらいのサイズ感でしょうか?

 

日本のポロ購入ユーザの多くは、ゴルフよりも小さいボディーサイズでありながらも静粛性や走行性能が国産車よりも良いからという理由で購入していると想像しているが、わたしの想像通りだとしたら3ナンバー化は受け入れられないユーザも多くいるのではないかと予想している。しかし、日本だけをターゲットに作っている車ではないのでどうなるかは分からない。個人的には3ナンバー化して車格が上がるのはAudi A1の対抗でちょうどいいと思っている。(できればゴルフが今一度1750mmぐらいの車幅に戻るのが理想だけどっ)

 

今回のマイナーチェンジで内外装ともに大きく変わりそうなので、それで価格帯にどれぐらいの影響があるか?これが一番のポイントだと思います。
デザイン良し。性能良し。までは分かりましたので、後はコスパ良し!と言えるかどうかだね。

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ

  • 作者:三栄書房
  • 発売日: 2014/06/03
  • メディア: Kindle版