鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

トレッキング:金峰山 2016年09月30日

f:id:hato36:20160930075614j:plain

夏休みを利用して、再びトレッキングをしに金峰山に行ってきた。

 

天気が良いなら予定を変更してでも山に登る!

この日も天気は良いという情報を元に、急遽行った。
先日の乗鞍と同様に、東名〜圏央道〜中央と順調に通過し、勝沼ICに向かったが、家を出たのが4時過ぎということもあってか、この日も全くの渋滞なし。
勝沼ICを抜けてからも順調だったが、山道で前の遅い車につかまったw
とは言え渋滞なく大弛峠に到着。

 

8時に大弛峠からトレッキングスタート!

f:id:hato36:20160930080134j:plain

朝日岳を経由して金峰山・五丈岩を目指す。

この大弛峠から金峰山を目指すコースは、登り一辺倒ではなく、いわゆる縦走のような登り降りがある。お手軽に縦走の気分を味わえるので人気があるのだろう。
実際のところ縦走気分でとても楽しい。登りの後に下りがあるので、疲れもたまり過ぎない所が良い。

標高は2300m付近から2600m弱の登山となるが、スタート時は苔むした森の中からのスタートとなる。

f:id:hato36:20160930080948j:plain

きのこ好きにはたまらないと思う。
色々なきのこが色々な場所から生えてるので、私のように写真を撮りながら歩く人はのんびりきのこを探しながら歩くと良いだろう。

f:id:hato36:20160930081255j:plain

でも、下ばかり見ていては良い景色を逃すので、左右だけでなく上もちゃんと見て歩こう(笑)

f:id:hato36:20160930082440j:plain

なんの木か知らないが、赤い実のなっている木が、青空に映えていた。
本当に良い天気であることがお分かりいただけるだろう。

f:id:hato36:20160930084521j:plain

ひと登りして、下ってくるとこんな標識が出てくる。
この時点で8:45。私も妻も撮影時間が長いので、おそらくコースタイムと比較するとかなり遅いだろうが、その辺は全く気にしないw

ちなみに遅いのだから疲れてなんか全然ないでしょう?とお思いのあなた!
違うのだ。写真を撮るときは、手ブレを抑えたりフォーカスを合わせるために集中したりするので、息を止めてしまう。(無意識ですけど)
なので撮影枚数が増えるとかなりの疲労になっているのだw

f:id:hato36:20160930091822j:plain

そして程なくすると、おそらく風に当たって枯れたであろう木々の間からMt.Fuji(富士山)が見えた!雲が一面を覆い尽くしているが、雲の上は晴れていたわけだ!
気持ちいい!しかし、こういう場所は風が当たるので少し冷える。

f:id:hato36:20160930092131j:plain

朝日岳の少し手前で岩場を登ることになるのだが、我が家の盆栽と同じコトネアスターだ。本来はこんな感じで育つ植物なんだね〜。

www.810note.com

何も知らずに盆栽のお店に行き、お店の方に勧められるままに購入した盆栽だが、リアルに育っているところを見れるなんてびっくりだ。

f:id:hato36:20160930092208j:plain

そんなことを思いながら朝日岳にラストスパート!!
金峰山にはこの朝日岳を経由して行くことになる。
この辺は風が強く当たるからか、木々が枯れているが晴れていれば青空を見ながら登れる気持ちの良い場所だ。

 

朝日岳に9時半到着!

f:id:hato36:20160930093452j:plain

何者かが写り込んでいるが気にしないw
ここまでで約一時間半。一般的なコースタイムは1時間15分らしいので、写真を撮りまくって亀の歩みのわれわれにしては十分なタイムかなと。

f:id:hato36:20160930093554j:plain

朝日岳からは目的地の金峰山と五丈岩が見えているが、ちっちぇw
でもめげずに頑張るが、この朝日岳からいきなり急激に下る。
高所恐怖症の私は少々ビビるレベルw
なので写真は無し!(きっぱり)

この先金峰山までは、また数度の上り下りがあるが、金峰山へのルートは急な登りはない。緩やかな登りになるので、それほど苦労しないだろう。
大抵の人は金峰山や五丈岩近辺でお食事でしょうから後少しの辛抱です。

 

また、開けた所で左を向けば、こんな感じで富士山が見えていた。今回の元気の活力はこの富士山かな。本当に天気が良くてこのトレッキングの期間中雲に遮られることなくずーと見ることができた。

f:id:hato36:20160930104349j:plain

 

11時に金峰山到着!

f:id:hato36:20160930105940j:plain

一般的なコースタイムだと1時間50分だそうだが、我々は1時間半で到着。
写真撮りまくりの亀の歩みチームがコースタイムを上回るのは珍しいw
というか2014年に購入した「週末登山詳細ルートガイド」の本のコースタイムがおかしいのかな?でもこの本は重宝する!(オススメです)

週末登山詳細ルートガイド 改訂版 (エイムック 4003)

週末登山詳細ルートガイド 改訂版 (エイムック 4003)

  • 発売日: 2018/02/19
  • メディア: ムック
 

f:id:hato36:20160930110029j:plain

金峰山の頂上にはこんな岩潜りもある。

f:id:hato36:20160930110648j:plain

そして五丈岩である!
これが目的地であり、お昼休憩の場所となる。
この日のご飯は、私の定番であるセブンイレブンの「とり五目」のおにぎりを妻と半分こして、あとはジェットボイルでお湯を沸かして、尾西の山菜おこわとカルボナーラをこれまた半分こしていただいた。げぷー。
これだけ食べるとかなり満腹である。(山菜おこわとカルボナーラはあまりに山に登ってなかったので賞味期限が近かったという理由により決定したお昼ご飯)

 

f:id:hato36:20160930114502j:plain

そして最後にコーヒーだ!食後は帰りのエネルギー(すでにご飯で十分のような気はするが)ともなるちょっと甘めのコーヒーである!!
これも我が家の定番。近くにちゃんと豆を挽いて美味しそうなコーヒーを飲んでいる方がいらっしゃったが、我が家はBlendyのスティック カフェオレである。
普段家ではブラックだし、ちゃんと豆を挽いて飲んでいるが、山の上だとそもそも極上の環境で飲んでいるからこのコーヒーで十分なのである。何よりスティック一本でコーヒーも砂糖もミルクも入っているのでゴミも少なく便利だ。

 

そんな感じで全てのイベントをクリアして帰路についた

往路がそうであったように、帰路も起伏がある。
帰路の難所は先ほど記載した朝日岳の手前の登り...。
このトレッキングでいちばんの急登である。帰りも往路に見逃したポイントで撮影をしつつ、2時間20分で大弛峠にもどってきた。

 

撮影機材

今回も前回の乗鞍岳と同じα7 + Carlzeiss Biogon 35mm F2の組み合わせだ。

  • SONY α7(475g)
  • VM-E Close FocusAdapter(125g)
  • CarlZeiss Biogon 35mm F2(240g)

上記の構成なので、重量の合計は840gとなる。
ザックの重量とか色々気にする方もいるが、カメラだけでこの重量なので気にしないわけにはいかない。

EOS 60Dを使っていた頃は、本体で680gでEF 24-105 F4で670gだったので合計1350g。もちろんズームとそうでないレンズとの違いはあるが、仮にα7にもう一つ持っているSEL2470Z(Vario-Tessar T* FE 24-70mm)を装着したとしても475g + 426gの合計 901gとなり1kgを切る。

でも、Olympus OM-D E-M5だと本体は425g、Olympus M.Zuiko 14-150mm F4-F5.6 II 285gは山向けの軽量システムとなる。もちろん全てのカメラで本体の性能やファインダー、もちろんレンズの性能など違いがあるので全く同じ次元で比較できるわけではないが、Olympusの写りに対して問題がなければ14-150mmは35mm換算で28-300mmなので、広角から望遠まで一本でこなせる万能選手であることは間違いない。今回のトレッキング2連発で初めて単焦点レンズだけを使ってみたが、やはり望遠は欲しくなる。特にきのこを撮影するときにw

近場にばかり被写体があるわけではないし、遠くの山々を望遠で撮影したいと思うことが多々あった。次にいつトレッキングに行けるかわからないが、次はSEL2470Zで試してみて、さらにその次はOM-D + Zuiko 40-150mm+M.Zuiko 14-42mmあたりを持って行って写りはもちろんのこと、システムとして何が最適なのかを見極めてみようかなと思っている。

VoightLander VM-E Close Focus Adapter 631908

VoightLander VM-E Close Focus Adapter 631908

  • 発売日: 2013/12/21
  • メディア: Camera