鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

コロンビア セイバー3 ミッドを履いてみた

f:id:hato36:20170728103642j:plain

昨年購入したコロンビア セイバー3 ミッド。
登山ではないがようやく試すことができた。

 

キーン ターギーIIの代替がコロンビア セイバー3だ

私にはASOLO Trive GV MMという登山靴がある。そして、ASOLOの登山靴以外にキーン ターギーII ミッド(下記写真)を併用していたが、キーン ターギーII MIDが壊れたのでその代替として購入した。

f:id:hato36:20170801002758j:plain

キーン ターギーIIの方がASOLOの数年前に購入して履いていたこともあり壊れてしまったのだが、年数だけでなく利用頻度が高かったからということもある。

というのも、数年前まではなんとなく登山靴も革製のものを始めとして、低山であってもしっかりめの登山靴を選ぶ傾向があったのだ。当時はそういうものなのかなと思ってASOLOを履いていたのだが、慣れてくると革製は無駄に重いし私はそもそもあまり険しい山に登ることもないので再びキーンを愛用する様になった。

 

革製はデザインが良いし、重厚感が格好良いけど...

もちろんファッションとして革製は格好良いということもあり、今でも時々履いたりもするのだが、今となってはむしろ軽量で疲れにくい登山靴の方が良いと考えている。
実際に今回はコロンビア セイバー3 ミッドが1万円ちょっとで売っていて、キーン ターギーII ミッドと履き比べたら履き慣れたキーンと比較しても悪くなかったのと、価格が安かったので今回はコロンビアを選択した。

f:id:hato36:20170728103655j:plain

八千穂高原自然園を一周しただけなので大した距離は歩いていないのだが、軽さは十分実感できたし、試し履きにはちょうど良かった。

くるぶし周りもきつすぎず当たりも悪くないので長時間の登山でも全然問題なさそうだ。私がこれまでに登ってきた山々はこれで十分回れると思っている。
私がハイカットの登山靴を必要とすることのない山ばかりに登っていたからかもしれないが、そもそもハイカットが必要な山ってなんだろう?

ローカットは足を捻挫しやすいとか、岩場の間に足を差し込むようなシチュエーションで岩に足が当たって怪我をするようなことを避けるためにもやめるべきなのは理解しているが、ハイカットでなければならない山って?どんなところなのだろうか?

 

ハイカットが必要な登山

雪山ならば確かに雪が入ってくるのは困るのでハイカットの方がいいかもしれない。

砂山?

例えば富士山の砂走りなんかは少しでもカットが高くて砂が入りにくいのはメリットだろう。(ただし、それはゲイターを装着すればいいのではないかとも思う)

ガレ場?

これも確かにそうだろう。ガレ場では足を傷つけたりすることもあり得ると思うが、それでも相当なシチュエーションだと思う。

結局のところそんな重装備は冬山でもない限りはあまり必要はないだろうというのが私の結論だ。繰り返しいうが、ローカットはリスクが高いので絶対にオススメしないが、ハイカットは本当に必要なシチュエーションがあるのか?もしくはあったのか?を改めて考えてみてほしい。

 

オシャレの要素としてハイカットや重厚な登山靴を履くのは個人の勝手だが、素人に無駄に重装備な登山靴を進めるのはおかしいと思う。という話でした。
ちなみに私の最近の基準は、紐を結ぶ時のフックが一段のものを買う!これが私が数年間山登りをしてきて導き出した登山靴の答えだ。

重量とかを無視するならば、安価でオシャレなピレネーがおすすめ。
男性用は青色の靴紐が入っている。それを合わせた方がオシャレかな。

[キーン] KEEN WOMEN PYRENEES 1004156 SYRUP(SYRUP/7.5)

[キーン] KEEN WOMEN PYRENEES 1004156 SYRUP(SYRUP/7.5)