鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

尾瀬に行く(準備編)

f:id:hato36:20180925102621j:plain今年は全く登山に行っていない。

毎年夏期休暇では必ず登山を絡めているのだが、今年は登山ではなくハイキングということで尾瀬を目指すことにした。

 

 

何を準備する?そりゃ木道の滑り止めでしょ!

登山用具は一式持っているので新たに買うものは何もないが、尾瀬の木道が少々厄介だと思っている。

また、尾瀬に入る前日である本日が雨であることを踏まえた準備を考えた。
それが先の画像に乗っているモンベル リバーシブルグリッパーだ。

f:id:hato36:20180925102650j:plain

登山靴は地面の凸凹の影響を受けないように大抵硬い靴底になっていると思うが、木道ではこれが仇になる。(ビブラムでもこれは避けられない)

濡れた木道では転んで骨折なんてことをよく聞くので、この対策は非常に重要だ。(尾瀬で山に登らずにハイクだけなら運動靴の方が安全ではないかと思うが、そのへんは帰って来てから改めて記事にする)

 

f:id:hato36:20180925102837j:plain

この製品の優れているところは、名前の通りリバーシブルとなっていて、片面は木道を傷つけない滑り止めで、もう片面は凍ったところを歩くためのピンとなっている。(木道では絶対にピンの方は使ってはいけない!傷をつけたら補修が大変!)

木道を歩いたことがないわけではないが、私は山に入るときにはほぼ晴れの日を狙っているので、濡れた木道というのは正直経験がほぼない。

 

ゴムが固くてはめづらくないか?

最初に見たときにゴムが硬そうではめられるかな?女性でも大丈夫なのか?と思ったのだが、結構すんなりと装着できる。

f:id:hato36:20180925103241j:plain

力がいらないわけではないが、思っていたほど大変ではなくすんなりはけるので女性でも問題ないだろう。
自宅で歩いている感じだと、裏面のスパイクが邪魔に感じるのだが、凸凹道ならばそもそも気にならない。(むしろ滑る方が怖くてそちらに意識が行くと思うので、滑らないという安心感があれば邪魔に感じる気持ちも薄まる)

f:id:hato36:20180925103315j:plain

27cmの私の軽登山靴で上記のような感じ。同じ製品を妻の23cmぐらいの登山靴でも合わせてみたが、小さい分はめやすいし、靴の底面に当たるスパイクのおかげでずれることもなく歩くことが出来る。
この辺の詳細レビューも後日行いたいと思う。

 

転んで骨折して周りの方に迷惑をかけるようなことにはならないことを祈りたい...。
そもそも天気が晴れることを祈りたい...。
本日時点での天気予報は以下の通り。

f:id:hato36:20180925173706p:plain

出典:てんきとくらす

晴れ男と晴れ女の夫婦なので、何とか天気が持ってくれると期待したい。
なにせ初めての尾瀬なのだ!楽しみで仕方ない!

山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山・会津駒ヶ岳 (山と高原地図 14)

山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山・会津駒ヶ岳 (山と高原地図 14)

 
るるぶ尾瀬 (国内シリーズ)

るるぶ尾瀬 (国内シリーズ)

 
ヤマケイ アルペンガイド3 尾瀬 (ヤマケイアルペンガイド)

ヤマケイ アルペンガイド3 尾瀬 (ヤマケイアルペンガイド)

 
尾瀬自然観察手帳(大人の遠足BOOK)

尾瀬自然観察手帳(大人の遠足BOOK)

  • 作者: 猪狩貴史,尾瀬保護財団
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/20
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

番外編:カメラはどうするの?(好きな方だけお読みくださいw)

今回天気が怪しいこともあって、カメラはα7ではなくOM-D E-M5 + M.Zuiko Digital 12-100mm Proの組み合わせで出かける予定。
しかし、翌日以降の楽しみもあるので、OM-Dとα7の二刀流で行こうと思う。
尾瀬で使うためのOM-D E-M5用広角レンズが本当は欲しい...

ここは我慢。以前カメラに悩んだときにE-M1を買っておけばこれ一台で済んだのかもしれないとか思ったりw
いや、普段使いでE-M1は仰々しいとも思えるので、PEN-Fがあったらとか思ったり...

最近α7でも大きいと思うことが多々あり、カメラを持ち歩く機会も若干減っていることを考えるとすでに4年半が経過したα7からPEN-Fに乗り換えてもいいのではないかと考えている。

フルサイズからm4/3に?と思うかもしれないが、m4/3、APS-C、フルサイズと経験した私はm4/3が正解ではないかと思っている。

理由は単純。

  • 高価なものも含めてレンズラインナップはだいぶ揃ってきた
  • 焦点距離は変わってしまうもののケラレもあまりなく他社製レンズもほぼ使える
  • センサーサイズが気になるほどの写真の腕はない
  • 機材に凝りたいわけではなく、素人なりに満足できる写真が撮れれば十分
  • 持ち歩くならやっぱり小型軽量でどこでも撮影したい(スナップが好き!)

といったところ。
特にレンズラインナップは今までは意識したことがなかったが、最近ようやく使い分けも含めて理解できてきた。また、最近は自然に写真が撮れるようになってきたので、いつでも使えるようにカメラを持って歩きたいと思った。

私はコンデジもそこそも使っていたが、SONY α200からデジイチを使い始め、Olympus E-PL1(初代PEN LITE)を使い、EOS 60D、OM-D E-M5、α7とシフトしてきた。

※現在RX10m4も所有しているが、基本的には野鳥用(普段持ちには大きすぎw)

EOS 60Dが過去で一番使っていた期間が短いように思う。(3年ぐらい)
もちろん気に入って山でも使っていたが、あまりに大きく辛くなってきてE-M5になった。その後α7が安価だったこともあり初めてのフルサイズにチャレンジしてきて現在の構成(OM-D E-M5 / α7)であるが、これを完全にOM-D E-M5 / PEN-Fにしてレンズをオリンパスに寄せてしまうのが良いのではないかと考えている。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

 

私に普段からカメラを持ち歩く楽しさを教えてくれたのはE-PL1で、おそらく過去で一番撮影枚数が多かった。また、他社製レンズを使う楽しさを教えてくれたのもE-PL1だ。使い勝手の面でダイヤルが不足して、何度かE-P3を買おうと思ったが、当時はEOS 60Dもあったしなかなか手を出せなかったし、E-PL1とのスペック差もダイヤル以外はあまり大きくなかったこともあり手を出せずにいた。

そんなこともあり、Olympusには少々思い入れがあるのと、これまでずっとOlympusを手放さなかったのはSONYと同じぐらいオリンパスの色味が好きだからだ。
そんな思いを込めて、フルサイズというセンサーサイズの呪縛から解き放たれてm4/3にシフトしてもいいかなと考えている。
まぁそれは帰ってきてからゆっくり考えることにしようと思う。
さぁどうなることかな。