鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

トレッキング:乗鞍岳 2016年09月27日

f:id:hato36:20160927090033j:plain

遅い夏休みを利用して、久しぶりのトレッキングに行って来た。

 

久しぶりの登山

前回は4月ぐらいに山梨県は山中湖の脇にある石割山に登っているが、今回は乗鞍岳だ。

そもそも仕事が忙しかったこともあり遠出は避けていたが、Fitbitでウォーキーングやランニングをするようになったので、運動不足ということは全くない。
しかし、トレッキング自体は久しぶりなので準備にも時間がかかったが、この週は休みだったので、乗鞍岳に向かった。

 

準備までは良かったが...寝不足で出発

紅葉が始まっているという情報を元に行ったので、平日とはいえ混雑している可能性も踏まえ、2時過ぎに起きる予定としていた。
前日は早起きしてさらに妻とウォーキングに出かけて早寝ができるように心がけたが、21時過ぎに布団に入り、寝ながらGalaxy Note 3で電子書籍の「キングダム」を読んでしまったら、興奮して寝れなくなりおそらく寝たのは0時過ぎ...

結果的に睡眠時間2時間で出発することになった。

 

乗鞍までのルートは良かった!圏央道万歳!

厚木JCから圏央道に乗り、八王子JC経由で中央自動車道に乗った。
そこから松本に向かい、乗鞍行きのバスに乗るためにほおのき平の駐車場へ。
なんと、到着は7時半前だったので、途中休憩を除くと約4時間で到着。
初めてこのルートで中央自動車道に乗ったが、早い!!!圏央道が素晴らしい!
平日だからというのはもちろんあるが、それでも4時間で着くなんて素晴らしい。
今まで国道を使って八王子ICを目指していたが、もうこの快適さには戻れない。今後も圏央道を使わせてもらおうと思う。

 

バス乗り場から畳平までは意外と苦痛(乗鞍スカイライン)

バスはくねくね道を走るので結構苦痛。
行きは素敵なお姉さんドライバーだったが、意外と運転は雑で結構揺れた。(帰りのベテランドライバーは丁寧な運転だったw)

f:id:hato36:20160927093609j:plain

そして、ひょっとしてと思っていたが、やはり乗鞍スカイライン側はあまり紅葉しておらず、むしろ葉が枯れているという感じだった。
しかし、トレッキング中に乗鞍エコーライン側を見た感じだと、こちらは綺麗に紅葉していた。のんびり紅葉だけ見るのであれば乗鞍エコーラインを歩くというのも良いだろう。あまり長い距離を避けたい方は、畳平まで車で行き、そこから歩いて降ってくるというコースもありだ。山登りではなくウォーキング好きな方ならむしろ乗鞍岳を目指すよりその方が良いかもしれない。

 

好天に恵まれた!

f:id:hato36:20160927090709j:plain

鶴ヶ池の先に槍ヶ岳が見えた!(自信ないけどw多分合ってる)
天気はバッチリ。
基本的に私のトレッキングは直前まで予定を決めないという方針で、天気のいいところに行くという感じだ。なので、基本的には雨降りのトレッキングはない。(FoxFireの立派なレインウェアは持っているが、寒い時しか着たことないw)

安全第一な登山を心がけている。

ま、カメラを持って歩いているから濡れて壊れたりということを避けたいという思いと、そもそも写真を撮ることも登山の目的にしているからという事もある。

 

今回の撮影機材

撮影機材は天気がいいことを想定して、α7とCarlZeiss Biogon 35mm F2の一本勝負。(天気が悪いことを想定して、OM-D E-M5も実は持ってはきたw)
普段トレッキングの時は、色々なものを撮りたくなるので、α7用の唯一のズームレンズであるSEL2470Zをセットすることが多いのだが、お気に入りのZeiss Biogon 35mm F2の一本勝負だったらどんな写真がとれるか?という事を試したかったので敢えてズームは持って行かなかった。
本来山歩きならOM-Dの方が防塵防滴で望ましいのだろうがw
山歩き目的でカメラを買うならOM-Dの14-150mmレンズ付きのセットがオススメだろう。実質28mm〜300mmなのでかなり広範囲に撮影できるので風景から花などなんでも対応できる。

登山時のカメラバッグ

登山時のカメラの持ち歩きは、首掛けのストラップを使うこともあるが、大抵はハンドストラップのみで持ち歩く。これは普段の散歩の時も同様。
EOS 60Dを使っていた時にはこんな持ち方はやらなかったが、α7では最初からこの方法。一眼よりも軽量なミラーレスだからこそだ。

f:id:hato36:20161001163822p:plain

実際の持ち歩きは上記の通りだ。

しかし、レンズを追加で持って行きたい時や、雨の可能性がある時などは、パーゴワークスのカメラバッグをザックのショルダー部分に連結してカメラをそこに入れる様にしている。EOS 60Dの時はそれが通常だったが、60Dを売った今ではまずこのスタイルにはしていない。

これはこれでメリットがあって、汗っかきのカメラマンはカメラが汗で濡れることが多いと思う。私もかなりの汗っかきである。
でも、このバッグに入れておけば、濡れるのはバッグだけなので安心してカメラを持ち歩ける。もちろん両手が使えるので安全面でも良い。トレッキングポールを使って登る人には最適だろう。
撮影時にサクッとカバンから出して撮影し、再びバッグに入れればいいので、ザックの中にカメラを入れるような手間がないのがメリットだ。

f:id:hato36:20161001164439p:plain

強いて問題点をあげるとするならば、このカメラバッグを装着するとザックの上げ下ろしが面倒だという事ぐらい。ザックの腰ベルトと同じ仕組みで簡単に外す機構は付いているが、何も付いていないのとは訳が違うし、入っているものが大切なカメラであればなおのこと気を使う。とは言え大型の一眼レフだったり、ミラーレスで小型だとしてもレンズを持って行きたい様な時には便利なのでオススメだ。

レインカバーも標準で装備していて、かなり安心して持ち歩ける良いバッグ。カメラはコンパクトカメラだとしても、他のものを入れて使うことも出来るので、小さめのザックの人には何かと便利だろう。ちなみに私はカメラと財布と車の鍵はこのバッグに入れておくことが多い。(目の前に重要なものがあるのはやはり安心ということだ)

 

天気は良くても寒かった

さて、乗鞍岳の話に戻るが、ほおのき平はそれほど寒くはなかったのだが、畳平まできたら風が強く寒かった。体感で10度ちょっとぐらい?
下界の暑さからすると天国ともいえるが、流石に長い時間いるとしんどくなってくる。風がかなり強かったのでその影響だろう。風裏に入るような場所ではむしろ暖かかった。

f:id:hato36:20160927091301j:plain

でも、だからこその紅葉。エコーライン側はかなり紅葉が進んでいた。

f:id:hato36:20160927093112j:plain

見る方角によってはかなりの紅葉。近くまで行ってないので綺麗に紅葉しているのかわからないが遠目には美しい紅葉だった。
強風のおかげか遠くまで見通せるのは良かったかもしれない。

遠景でも、Biogon 35mm F2は綺麗に撮れる。お気に入り度は今まで以上に上昇。

 

登山コース内でも紅葉は感じられた

f:id:hato36:20160927100407j:plain

f:id:hato36:20160927100433j:plain

登山コースでも紅葉を感じることはできた。
こういう寄った撮影ができるのは、VM-E Close Focus Adapterの恩恵。
Biogon 35mmはオススメだが、このアダプターを使わないと意味は薄れると思うぐらい便利だ。α7でMマウントを使うなら絶対にこのアダプタである。

f:id:hato36:20160927100850j:plain

剣ヶ峰方面から乗鞍観測所や畳平方面も綺麗に見えたが、風が強かったので雲で隠れたりもしていた。

f:id:hato36:20160927105648j:plain

頂上にいた時間(15分ぐらい)も、タイミングによってはこのように雲の中だったり、青空が見えたりという感じだった。

 

この時期は花は終わっていますが、よーく探すと...

f:id:hato36:20160927122122j:plain

リンドウが咲いていた。他にも何輪か咲いていた。リンドウを見ると山に来たって感じるのは、初めての登山が那須岳でリンドウが沢山咲いていたからだろうか?
しかし、すでに枯れているものも多く、やっぱり秋は花ではなく紅葉だなと改めて思った。

 

私には山登り以外の楽しみもある!

私の登山時の楽しみは以下の通り。

  • 歩く(運動をする)
  • 起伏のあるコース自体
  • 花、紅葉、風景の鑑賞と撮影
  • 食事

これはおそらく山歩きをする方全てに言えることだと思う。
最近だと食事時にかなり凝った料理をする方が多いようだ。友達と登る人の場合は特にその傾向が高い。(周りの山登り仲間はそんな感じ)
私の場合は妻以外の人との登山はないので、食事にはあまり凝らない。基本的にはセブンイレブンのおにぎりw特に「とり五目」が気に入っている。
場合によってはお湯を沸かしてカップ麺という時もあるし、カップ麺のスープの中におにぎりを落として食べたりする事もあるがそれは長丁場となる時ぐらい。

食事以外に「盆栽」も好きだ。

山も高いところまで登って行くと、ハイマツやコトネアスターが見られる。
どちらも盆栽となるので、まるで盆栽を眺めているようで楽しいのだ。

f:id:hato36:20161001180443p:plain

盆栽をやっていなかったら、絶対名前も調べようとしなかったであろうコトネアスターはこちら。私が最初に買った盆栽がコトネアスターなのだ。

盆栽を持っていたので、妻と「あれ?うちのコトネさん(盆栽をそう呼んでるw)に葉っぱが似てるし、秋には赤い実がなると聞いていたけどまさか同じじゃ??」ということになり、自宅に帰ってきてから調べたらやっぱりコトネアスターだったという感じ。
盆栽について色々調べると山野草という単語が一緒によく出てくるのだが、そもそも木は山にあって、その一部を育てるのが盆栽なわけですからそりゃ山に行けば見れるわなと変に感心したりして。

今まで以上に盆栽展、山野草展を見に行って色々な木や花を覚えようと改めて思った。

f:id:hato36:20160927121005j:plain

真柏のジン・シャリはどうして白いのか。 | SEKAI BONSAI

盆栽には、「ジン」「シャリ」というテクニック?がある。それについては、上記リンクを見ていただけるとわかると思う。
上記の写真は完全に枯れているので、正確には「シャリ」とは違うのだが、真緑のハイマツの中に真っ白な枯れ木の美しいこと。枯れているので美しいというのは失礼かもしれないが、私は山のこのごく一部を切り取った風景がすごく好きだ。風に当たって不思議な形で成長し、さらにそのごく一部だけ白く枯れている。これが大好きなのだ。

盆栽を見るように形のいいものを見つけるとワクワクする。今回は望遠寄りのズームレンズを持って行かなかったので、構図には限界があるのだが、上記写真は私のイメージする「緑の中の白」を表した美しい風景で、今回の乗鞍岳トレッキングで撮影した写真の中でベストな一枚だ!!

 

乗鞍岳で残念だったこと

乗鞍岳はバスで畳平まで行けて、その先もそれほど苦労せずに登頂できる山だ。
もちろん多少の装備はあった方が良いとは思うが、普段着と運動靴で登っている方も多数いた。なので山のマナーを知らない人が多かった。
今回特に問題だと思ったのは以下のこと。

  • 登り・下り で歩みが遅いがために後ろに列ができた時に、先に行かせることをしない
  • 登りを優先しないで下の人が強引にすれ違って歩く

おかげで行列が出来てしまっていたり、危険な状態ですれ違うことになっていて、私自身も不快かつ怖い場面があった。

この点は飛騨乗鞍観光協会の方からちゃんと伝えてあげて欲しい。マナーなんて知らないからすれ違いでぶつかって転びました...怪我をしました...では楽しいトレッキングも台無しだ。大抵の人はバスで畳平まで行くわけなので、バスの中で登る方に対してマナーをTVで流すとか考えてもいいのではないだろうか?

少なくとも私は乗鞍岳にもう一度登ろうという気持ちにはならなかった。
せっかくの美しい風景だが正直台無しだ。