鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

初の本家ポケモン ウルトラムーン にチャレンジ

f:id:hato36:20190727141541j:plain

私はロールプレイングゲームを楽しむことはほぼなかった。
ストーリーに沿って進めるタイプの自由度の低いロールプレイングはやったことはあるけれどそのレベルw

 

ポケモンも「ポケモンGO」と「ポケとる」と「ポケモン 超不思議のダンジョン」と「ポケモンスクランブル」のプレイ経験しかなく、アニメはもちろん見たこともない。
そんな私がニンテンドー 3DS用のポケモン ウルトラムーン を購入してプレイをしてみた。

 

ポケモン ウルトランムーンとは?

そもそもウルトラムーン というのは3DS/2DS用のソフトウェアだ。

Newニンテンドー2DS LL 【ブラック×ライム】

Newニンテンドー2DS LL 【ブラック×ライム】

 
Newニンテンドー2DS LL 【ホワイト×オレンジ】

Newニンテンドー2DS LL 【ホワイト×オレンジ】

 

Newニンテンドー 3DSは生産が終了したというニュースが先日出ていたが、目のためにもLLという一回り大きい3DSを選ぶと良い。子供はもちろんだが、大人にもLLがおすすめ。さらに2DSと3DSが選べるが、3D用のゲームをやらない限りは2DSで十分。価格的にも2DSがおすすめ。
買うならば「ニンテンドー 2DS LL」がおすすめだ。
そのDS用のポケモンゲームの現時点の最新版ソフトが「ポケモン ウルトラサン」と「ポケモン ウルトラムーン 」 だ。

 

私がウルトラムーンを選んだ理由

両方プレイしているわけではなく、私はウルトラムーンだけを購入した。登場するポケモン(伝説含む)が一部異なるという点とゲーム内の時間が12時間ずれる事が大きな違い。
どうやらサンで捕獲できる伝説の方が強いという理由からサンを選ぶ方が多いというのがネット上に書かれている理由だ。しかし、日中帯のプレイ時間はそれほどないであろう私は12時間時間のずれる(要は現実世界の夜がポケモン世界の昼になる)というウルトラムーンを選んだ。 

ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS

ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS

 
ポケットモンスター ウルトラムーン- 3DS

ポケットモンスター ウルトラムーン- 3DS

 

 

ダウンロード版がオススメな理由

ゲームソフトのケースですら邪魔だと考える私はダウンロード版を購入。インターネットに接続できる環境は必須だが、Amazonから送られてくるコードを3DS LLに登録し、ダウンロードされるのを待つだけですぐにプレイ開始できる。

ポケットモンスター ウルトラムーン|オンラインコード版

ポケットモンスター ウルトラムーン|オンラインコード版

 

最近だとブックオフなどの中古販売店などにもおいてあるし、人気ゲームは数が多く出回るので安価に購入できる。ソフトの抜き差し(ファミコン世代で言うところのカセットのようなもの)が気にならない方や、ゲームの交換なんてそうそうしないよと言う方は中古ソフトを買ってくるのが良い。

 

ロールプレイングって難しいのでは?時間がかかるのでは?

私もこれが1番の懸念だった。自由度の高いロールプレイングゲームは、あれをやってこれをやらないととか...このタイミングをあれをやっておかないとあとでこれが取れないとか難易度を上げる要素が盛りだくさんだったりする。しかし、ポケモンはそもそも子供が対象になっているからか、そう行った要素は限りなく少ない。言われた通りにストーリーを進めておけばクリアは簡単だ。最近だと攻略情報が公開されているが、そういった情報を見ることなくクリアは出来る。実際にプレイした私がいうのだから間違いない。

さらに、ロールプレイングにありがちなレベル上げ...という要素。これも私のようにものぐさ人間はそれすら億劫になるが、これが意外とサクッとレベルも上がるし、のちに説明する交換という仕組みで強いポケモンを入手できたりするので、時間をかけずにプレイできる。

時々出てくるボス的なポケモンとの対戦もあるが、ストーリーに応じて相手がLv10だったりLv20だったりして、自分と同等レベルでは勝てない状況でも、自分をそれ以上のLv20やLv30にすることが容易なので全く苦にならない。さらにいろんなポケモンが出てきて、そのポケモンを捕獲すれば自分のポケモンとして使えるし、そのポケモンが強くなっていく(Lvを上げていく)のも楽しめるので億劫になることが少ない。

そういう意味でゲームのバランスが非常にうまくできていると感じた。

RPGの部分はゲーム機内でポケモンGOをやっている感覚に近い

ストーリーの方は、それほど重厚なストーリーではない。サクッと進められる点で好感が持てるし、このゲームはストーリーが全てではない。

そもそもポケモンのアニメもみたことがないポケモンGO世代の私は、ピカチュウぐらいしか知らなかったが、ポケモンGOに登場するポケモンが出てきただけで大喜びだ。

例を挙げると、ポッポが登場しても大喜びだったw
もちろん、知らないポケモンが出てくれば、「これが今後ポケモンGOにも出てくるのか?」なんて思いながらプレイしているので全く飽きが来ない。
ちなみにポケモンは、ポケモンずかんで調べている。

www.pokemon.jp

そもそも出てくるポケモンの種類が膨大なので、新しいポケモンが出てくるたびに、「おっ!これ強そう!」とか「なんだこのポケモン?」という感じで驚きが止まらない。また、それ以外にミニゲーム的な要素が多数ある。

たとえば、マンタインサーフがその一つ。詳細はYoutubeで動画を公開されている方の動画をみて欲しい。

マンタインに乗って、サーフィンをし、色々な回転技を繰り出して高得点狙うと言うミニゲーム。なかなか難しいが、慣れてくると結構面白い。
最低限の技が繰り出せるようになれば、あとはクリア後のミニゲームとなる。

 

インターネットを通して他のプレイヤーとポケモンの交換ができる!

私は全く知らなかったが、ミラクル交換というゲーム内のシステムでインターネットを通じた他のプレイヤーとポケモンの交換ができる。

これは全く知らないままウルトラムーンを購入し、なんだこれ?と思ってやったところ、私のアローラコラッタが交換されてラルトスになった。
当然欲しいものばかりではないが、ウルトラムーンでは捕獲できない他のポケモンと交換できたりするのだから面白い。ある意味ガチャみたいなものだ。

 

伝説と交換してもらえたが喜ぶのは早い

時々伝説のポケモンと交換してもらえたりするものだから興奮が止まない。

しかし、伝説のポケモンの多くは改造と呼ばれるポケモンで、誰かが捕獲したものではなくゲームデータを改造して作られているらしいので逃すようにしている。

実際私はオニスズメがウルトラサンでしか入手できないディアルガ Lv100と交換されて驚いたとともに興奮が止まらなかった。

しかし、調べたところ改造という方法で生成されたであろうポケモンだったので、なくなく逃すことにした。自分のゲームデータに影響があっては元も子もないので致し方ないところだ。

最近ブログの更新が滞っていたのは、仕事もプライベートも忙しいのが理由だが、このウルトラムーンにハマっていたのも理由の一つだ。

夏場は野鳥観察も厳しいし、カメラを持って散歩に行くのも暑くて厳しいので都合の良い楽しみを見つけることができた。