鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Garmin vivoactive3+Instagramでランニングも定着!

f:id:hato36:20180310212433j:plain

Garmin vivoactive3を購入して少し期間が経ったので改めてレビューをする。

 

FitbitからGarminに変更したら何かが変わったか?

残念ながら何も変わっていない。
変わっていないと言っても問題があるわけでは無い。
Fitbit時代の良い流れがそのまま変わっていないということだ。

理由は単純でFitbit時代に良いと思っていた下記の機能がGarminにも用意されているからだ。

  • 日々の成果(歩数、消費カロリーなど)の把握

さらに、Fitbitにはなかった機能がGarminにはあり、それがさらにモチベーションにつながっている。それが何かと言うと...

  • 毎週自動的に同じ一週間の総歩数が同じレベルな方々を自動で10人ピックアップして総歩数を競う

である。

これがなくても、毎週走りたい(もはや走らなきゃとかではなく楽しみなイベントの一つになっている)と思っているのであまり関係ないが、周りの人たちがどれぐらい運動しているのか?を知ることで刺激を受けていることは間違いない。

ランニングをやっている人はGPSが正確なGarminだとユーザが多いのと、自動で相手を選んで比較してくれるので刺激を受けると思う。
一週間のトータル歩数が同じレベルの方を自動的にチョイスしてくれるので、勝負にならない様なことはないのは素晴らしい。

Garmin vivoactive3のメリットとデメリット

vivoactive3を買った理由は、ランニングが楽しくなってきて、ランニング中の心拍を測りたかった為だ。実際購入して早々は心拍を見ながら走って負荷を上げすぎないようにしている。これは良い。負荷が高すぎて体を壊すようなことがあっては困るし。
心拍意外に今まではスマホを開かないとみれなかった走行ペースが腕時計で見れるようになったことも非常に良かった。
しかし、メリットだけでなくデメリットもあった。

メリット(良かったポイント)

  • 距離を走るために心拍を抑える走りができる
  • 負荷を上げるために心拍を上げる走りができる
  • 心拍を上げすぎず無理を抑制できる

デメリット(悪かったポイント)

  • 心拍を気にしすぎて走りに集中できない
  • ペースが気になって走りに集中できない

 

デメリットは最初の数回だけだった。
ペースを気にして走ったことで、自分のペースを制御できるようになったのだ。

今では、「あっ遅くなっている」とか「あっ早すぎる」といった感じで感覚でわかる。
あれ?と思う様な時だけGarminを見るレベルで大体一定のペースで走れるし、上りなんかはペースが落ちている時にペースを一定にするための役に立っている。

使いはじめの頃にデメリットが顕著になって、数回のランニングでvivoactive3を外そうと思ったが結果的に杞憂に終わった。

その結果、上りも含めて一定ペースで長い距離を走れる様になってきた。
後半のペース落ちなども数字で見ることができるのでなんとなく感じていたことが明確にわかる様になったので頑張りどころも明確になった。

他に副次的な効果がいくつかあった。

機械式腕時計は結構な頻度で時間合わせが必要だ。
vivoactive3にしたことで、常に正確な時間を知ることができて、当たり前のことがすごく便利だと感じている。

 

結果的に全てにおいて大満足だった。

 

Garminはランニングの人だけに向くのではない

ランニングをする人には、先の通り多数のメリットがある。
しかし、ウォーキングをする人にもフィットする。
そもそもメニューにランニングとウォーキングがあるのだ。

ランニングでペースやGPSによる走った場所の記録がされるのと同じ様に、ウォーキングだってペースや歩いた場所が記録される。
なので、私はあ走る時はランニングのメニューを選んで走り、歩く時はウォーキングのメニューを選んで歩いている。いずれもスマホを介してGarminのWebサイトに記録されるので、あとからあの時xx歩いたっけとかあの時xxをxxkm走ったっけとかの記録として見ることができるのもモチベーション維持や記憶の補完に使えるのだ。

f:id:hato36:20201023165820j:plain

近所のランニングやウォーキングはもちろんだが、先日ヒレンジャクを見に行った際も記録しているので、どこをどう歩いたのか?写真の撮影時間などと合わせると、どこで撮影したのかも把握することは可能だろう。(機能はないので自分で計算すればOKだし、ある程度の場所が地図でわかれば記憶から辿れるだろう)

決して安価なものではないが、海外製の機械式時計と比較したらぜんぜん安価だし、ランニング以外にも位置情報を踏まえた使い方が出来れば他にも使える。

 

私の過去の趣味で活用法を考えてみたのだが、釣りをしている時にこれを付けていたら何時にどこで釣れたと言ったことも記録に残しやすい。

特にルアーフィッシングだと、結構な距離を歩いたり、ボートで移動したりするだろう。そう言う時にこのGPSで位置情報が補足してくれているとメリットがあるのではないだろうか?(エギングやメバリングの際に結構な距離を歩いて磯場の移動をしていた)

最近は同じカテゴリの製品がSUUNTOからもリリースされている。
デザインはかなり被っているがSUUNTOの方が高級感がある様に思う。
個人的にはランニング=Garminって意識があったので、Garminを選んでいるが、デザインとかブランドイメージで言ったらSUUNTOの方が上の気がする。ちなみに山登りでは明らかにSUUNTOのイメージだ。

私がGarmin vivoactive3を買った時にSUUNTO 3 FITNESSがあったら、SUUNTO買ったかもと思う。やっぱり北欧ってイメージが良いw

 

Instagramはモチベーションに影響する!

なぜ?と思うだろうが、そう言う方にはInstagramにアカウント登録していただき、「#ハシリマスタグラム」と検索をした結果を見ていただきたい。
RUNNING STYLEと言う雑誌で企画されたタグだ。

これも素晴らしくモチベーション維持に貢献している。

その理由は下記の通り。

  • 皆の走っている写真が共有されていて自分も走ろうと言う気持ちになる
  • GarminやNRC(NIKE RUN CLUB)のアプリで計測したタイムを写真に載せているので自分と同じぐらいの年齢の人には負けたくないと言う気持ちになる
  • 女性の写真も多く、しかも早い....負けられないと言う気持ちになる
  • オシャレな方も多いので、自分もオシャレな格好しようとか、オシャレなシャツやパンツ、シューズなどを買ってきて走りたいと言う気持ちになる

そんなことが重なってくると、もう走らざるを得なくなるのだ。
これを書いている時最中でもそう思ってしまう。
さらに、地元の人の写真を見つけたりすると会話したくなるし、皆で走るなんてのもやってみたくなる。SNSに夢中になるのは久しぶりだ。

こんな感じで、走ることに対するモチベーションが維持できるのでツール(Garmin vivoactive3)とサービス(Instagram)を組み合わせてダイエット...いや、フルマラソン完走と言った目的を持つことも出来るだろう。

私といえば、フルマラソンというつもりはないが、まずはハーフを2時間切って走れるように頑張るのが目下の目標だ!(レースに出る予定はないw)

Running Style(ランニング・スタイル) 2018年6月号 Vol.111[雑誌]

Running Style(ランニング・スタイル) 2018年6月号 Vol.111[雑誌]