鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

そしてiPad Pro10.5を購入した

f:id:hato36:20180517204642j:plain

Amazon FireHD8には感謝しなければならない。
セール中で1万円もしなかったとはいえ、Webの閲覧や雑誌を読むのにはやはりタブレットだということを再認識させてくれた。

 

今回のiPadも整備済み品から購入

上の写真を見ていただくとわかるが、今回も整備済み品を購入している。
クラウドを多用する私の使い方ならば32GBでも十分だと思っているが、10.5インチのiPad Proの最小容量は64GBなので致し方なく64GBとした。

 

Kindle Fire HD8で分かった!8インチでは小さいという結論

Kindle Fire HD8が「タブレットがとてもメリットのあるデバイス」であることを認識させてくれた。Kindle FireHD8も当初は読書(小説)ができるだけで満足していたが、雑誌も読むようになったら画面の小ささが気になった。そもそも画面の大きいタブレットが無ければそういうもんだと思って使い続けたのかもしれない。
しかし、妻のiPadを使って読んでみたら雑誌を読む上では9.7インチが快適すぎた。
念の為にKindle FireHD8にEvernoteやPostEver2などをインストールして使ってみたが、Kindle FireHD8の動作の遅いこと遅いことw
Kindle FireHD8は、ブラウジング・読書・動画視聴意外ではやはり厳しい。
 
Kindle FireHD8はそもそもAmazonのサービスやAmazonが提供しているアプリを動かすためのタブレットなので、普通のタブレットと同じような使い方をすること自体間違いなのだろうと思う。まぁ普通のタブレットの定義が怪しいが、明らかに他の製品よりも安いところを考えれば、同等の動きをするとは思えない。
※それでもFireHD10は少し早いらしいが...少なくともゲームには向かない
 
そこで、通勤時間の長い私は急遽昨年末に買ったKindle FireHD8からiPad Pro 10.5インチへ乗り換えた。
 

iPadの大きさなら雑誌も技術書もOK

これは久しぶりの自分への大きな投資だ。
先日日経xTECHの有料版を契約したが、その閲覧もiPadならば快適だ。
もちろんKindle unlimitedもそのまま契約して利用している。
本当はdマガジンか楽天マガジンに乗り換えようと思っていたが、最近面白い書籍もunlimitedの対象になっているので、そのままKindle unlimitedを継続する。
 
面白い本の例としては、「一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 一生使えるシリーズ」や「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」など、仕事に対してプラスになる要素の書籍が増えてきている。(本当はもっと小説とかも増えて欲しい)
書籍はスマホでも文字の大きさが変えられるので十分読みやすいが、雑誌的なものはやはり画面の大きいタブレットで読むのが最適。むしろiPadのサイズでないととても読めないと今では思っている。
しかし、書籍でも以下の様な技術書は図形などの解説が加わる為、スマホだといちいち拡大しないと図も見ていられない。
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

 

そんな非効率な状態で昨年末までスマホで読んでいたと思うと我ながら恐ろしい...

 

Smart Keyboardは買わなかった 

そんなこんなで私のiPad Pro 10.5との生活が始まるわけだが、私なりの使い方で長く付き合っていこうと思う。
iPad Proのオプションは液晶ガラスフィルムとケースはもちろん購入している。
しかし、キーボードはMicrosoft Foldable Keyboardを持っている為、Smart Keyboardは買わなかった。
  
より使い込んで見て必要だと感じたら買えば良いかなと思っている。