鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

パーカー・アーバンもカスタマイズ

f:id:hato36:20161119181328j:plain

数年前より、パーカーのアーバンというボールペンを使っている。
実はLAMY Safari ボールペンよりも前に使っていた。

 

初めてのパーカーがアーバン

実は使ったことのなかったパーカーのボールペンを(インクも含めて)使って見たかったという理由で購入したのだが、正直パーカーのペン先は細字であってもちょと太くて馴染めずにあまり使っていなかった。あまり使っていなかった...とは言え、リフィルで言えば3本分は使っての感想。(当然ながら感じたことには個人差があると思うのでパーカーを否定するわけではない)

 

パーカーのリフィルが馴染めない理由

ノートはもちろんだが、これまでの私はバイブルサイズの手帳を多用していた。
バイブルサイズの手帳に5mmのノートを挟んで使っていたのだが、この5mmに対してちょっと太すぎたのだ。これが馴染めなかった理由。
また、普通のボールペンで少々筆圧を要したのも私が馴染めなかった理由の一つ。

※ 私の筆圧は妻が呆れるほどに弱い(らしいw)

また、これまでに安価なゲルインキボールペンを多用したこと、特に人生で一番文字を書いたであろう学生時にゲルインキボールペンのハイテックCを多用したことが原因ではないかと思っている。ちなみに私はこのボールペンを学生時に箱で買っていた(笑)
ちょっと懐かしい思い出である。

パイロット ハイテックC 0.4 LH-20C4-B ブラック

パイロット ハイテックC 0.4 LH-20C4-B ブラック

  • 発売日: 2014/10/01
  • メディア: オフィス用品
 

このHI-TEC-Cに慣れすぎたおかげで、筆圧のない書き方が染み付いてしまった...ということだ。それぐらい滑らかで書きやすいと思っていた。もちろん最近のゲルインキはさらに書きやすいものも多数出ているが、あくまで学生時代...の時のこと。

 

パーカー・アーバンを選んだ理由

f:id:hato36:20161119181343j:plain

それまでも色んなペンを使っていて、一番使い込んだのはタイムラインのボールペンだと思う。
それ以降は多色ペンが多く、ステッドラー アバンギャルドだとか、安価なハイテックC コレトを使っていた。ハイテックC コレトについては、ボディーを5回ぐらい書い直したぐらいなので、かなり使ったと思う。
ハイテックC コレトの良いところは、インクが安くてどこでも売っているという点である。色も豊富なのもちょっとした楽しみや気分転換に繋がるので良い点である。
学生時代も今もハイテックCとは非常に相性が良いのですが、社会人になってからは筆圧の弱さをフォローするためにボディーに重みを欲するようになった。ハイテックCに対応したボディーもこれまでに何度か新しいものが発売されていると思うが、安価なボディーばかりで、少し高級で重量のあるボディーがなかったのだ。

f:id:hato36:20161119181349j:plain

これがハイテックC コレトから離れていった理由である。その後(といっても今もだが)、万年筆にシフトして、LAMY Safariやパイロット CUSTOM 74(カスタム74)を使っていたが、再びボールペンに戻ってきたという感じ。

そこで私の問題点である筆圧を補うべく、重量のあるパーカー・アーバンを選んだというわけだ。2年ぐらい前に買ったと思うが、その当時は4,000円ぐらいだったかな。今は2,782円とかなり安価に買うことが出来る。いい時代でである(笑)

 

私見だが、このプレミアム エボニー メタルCTというボールペンは重量だけでなく、高級感もありさらには安価であるという非常に優れたボールペンである。
変な装飾がないので嫌味は無いし、ボディーの色がチャコールというか茶なのだが、メタリックな質感なので、光の当たり具合ではブラックにも見えなく無い。

その辺りがうまく高級感を演出してくれている。

 

やっぱりカスタマイズ!

f:id:hato36:20161119181428j:plain

カスタマイズといえば、これまで同様のカスタマイズとなる。

 

www.810note.com

 

UNUSというメーカーにはだいぶ貢献してそうw

リフィルのアダプター以外にも製品を作ってらっしゃるので、個人的には先に書いたハイテックC コレトの少し重量と高級感のあるオリジナルボディとかを作って欲しいと思っているがまぁ作ってくれないだろうなぁ。

 

 

カスタマイズには賛否両論あると思う

f:id:hato36:20161119181441j:plain

パーカーにはパーカーのインクを!LAMYにはLAMYのインクを!と言われてしまいそうだが、同じリフィルが使えるのでリフィルを買うときにペンごとに高価なリフィルを買う必要がないのと、純正リフィルは高価なので予備を買いづらい。
しかし、このリフィルアダプタを使えばボディーは色々使えるのにリフィルは4Cの安価なものを一種類買っておけば良いのである。このアダプターのおかげで、どのペンでも同じリフィルなので、余ることもないし予備を別途用意することもない。これは本当に素晴らしい。
UNUSさんに感謝!感謝!感謝!

おかげでカランダッシュ エクリドールを買おうという気持ちになっているw

 

実際に使った感想は、また別の記事に。