鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

しょうぶ園で昆虫とカワセミを愛でる

f:id:hato36:20180715155807j:plain

今年は鎌倉の蓮も観ていないし、仕事も忙しくなかなか出かけられない。
ましてやこんな連休に鎌倉には行きづらいので、カワセミも見れるという情報をもとにしょうぶ園に行ってきた。

 

暑さの中の撮影

連休中日の15日の午後だったのでかなりの暑さだった。
何なら夕立でもあれば良いのにと思うほどw

f:id:hato36:20180715160218j:plain

夏場の野鳥は期待していなかったのだが、これはカワラヒワ。
この季節でも見れるとは驚き。
そして、α7ではなくRX10m4に本当に驚き。35mmなど単焦点でボケ重視でない限りはRX10m4だけで本当にいいかもしれないと改めて思った。

ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4

  • 発売日: 2017/10/06
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

夏場はRX10m4が重いと感じる

RX10m4は重いのでこの季節はしんどい。
いや、しんどいが周りのバズーカを持って歩いている人と比較すれば十分軽量小型ではあるw

f:id:hato36:20180715160315j:plain

野鳥の代表選手であるスズメもこの暑さの中で頑張って餌探しをしていた。
スズメは数が多いが、それがまた可愛い。
集団で移動するくせに各々が好き勝手なことをやっているw
まとまっているようでまとまっておらず、いやそれでもまとまっている?なところが可愛い。ちなみに私はこれをKindleで購入したが、スズメの擬人化したお話で鳥好きならオススメだ。 つぶらな瞳が可愛すぎる。

きょうのスー : 1 (アクションコミックス)

きょうのスー : 1 (アクションコミックス)

 
きょうのスー : 2 (アクションコミックス)

きょうのスー : 2 (アクションコミックス)

 
きょうのスー : 3 (アクションコミックス)

きょうのスー : 3 (アクションコミックス)

 

www.810note.com

 

昆虫の撮影も楽しかった

f:id:hato36:20180715160348j:plain

野鳥も可愛いが、子供の頃から慣れ親しんでいる昆虫撮影が楽しいと感じた。ハチには刺されて良い思い出はないし、だからこそ夏場はハチやヘビなどのいるエリアには近寄りたくないが、しょうぶ園は比較的にこういう写真が撮りやすい。安全な舗装されたエリアからこういう写真がバシバシ撮れるのだ。それもこれもRX10m4の600mm望遠のおかげだ。

昆虫戯画びっくり雑学事典

昆虫戯画びっくり雑学事典

 
ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている

ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている

 

そして昆虫も探せば結構いる。

f:id:hato36:20180715160523j:plain

子供の頃は近所に空き地があったので沢山捕まえたものだが、今の子供たちは網よりも3DSとかスマホとか持ち歩いているので、ポケモンを捕まえる子供が多そうだw
そうなると、今の子供たちが大人になった時に「小さい頃はよくポケモン捕まえたわ〜」という会話になるのだろうか...

f:id:hato36:20180715160651j:plain

しょうぶ園ではこの水色のシオカラトンボ?オオシオカラトンボ?が多く観られた。
時期もあるのだろうか?もっと赤い色のトンボが多い印象だったがそれは秋が近くなってからだろうか。

f:id:hato36:20180715160946j:plain

もちろんセミも多い。これはアブラゼミ。
何れにしても昆虫は種類が多いので種類を判別出来るようになれるのには相当時間を要す。それこそ捕獲してじっくり観察しないとわからない昆虫も出てくる。どこまでのめり込むかは少し考えよう。少なくとも野鳥だけでも十分楽しめている。

f:id:hato36:20180715161140j:plain

夏といえば私が毎年撮影しているセミの抜け殻写真。
目の前ではなくちょっと離れたところだが、600mmの望遠であればまるで目の前にあるかのように撮影可能だ。正面から光を浴びて透けて見える。これは今までで一番良い雰囲気の抜け殻写真になった。お気に入りだ。

f:id:hato36:20180715161128j:plain

途中で花の撮影などもしたが、この季節はしんどい。
この時点ですでに汗だくだ。RX10m4は防水ではないので汗がカメラに垂れるだけで不安になる。是非防塵・防水機能を次のRX10には付けて欲しい。

f:id:hato36:20180715161606j:plain

しょうぶ園は山と水辺と草むらがあるので、ちょっと狙いを変えるとこんな写真も撮影できる。これもやっぱり600mmの望遠側で撮影。撮影の上手い人は35mmでもうまく風景を切り取るだろうが、私のような下手な人間には望遠は本当にありがたい。
一部を切り取ることでそれなりの写真に見えてしまうものだ。

f:id:hato36:20180715162304j:plain

f:id:hato36:20180715162323j:plain

先にお伝えしておくと、蓮とカワセミの写真...通称「ハスカワ」は撮影できなかった。
蓮とトンボの写真...通称「ハスンボ?」は撮影できて満足だw

f:id:hato36:20180715162343j:plain

f:id:hato36:20180715162403j:plain

蓮も朝早く行けば綺麗に開いたところを見れるかもしれない。しょうぶ園ではもう少し楽しめるだろう。

 

カワセミもいた!

f:id:hato36:20180715163048j:plain

蓮の上ではないが、カワセミ自体は観れた。
粘ればきっと蓮の上に乗ったに違いない。数羽いたが人はそれ以上にいて、さらに暑くて途中で断念したw
私の撮影スタイルは常に歩いて偶然の撮影なので「ハスカワ」はまたの機会にしたいと思う。これでまたドライブしながらしょうぶ園に行く機会が増えたと思えば良いと思っている。暑いけど夏場の撮影も楽しむ事ができた。

余談

今回初めてα7だか9だかとFE 400mmを使っている人を目撃。
コンパクトだけどかなりの高級感があった。
フルサイズで400mmだしきっと素晴らしい写真が撮れるだろう。