鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

腕時計のベルトが壊れたので交換した

f:id:hato36:20150923140428j:plain

腕時計のベルトのループの部分が壊れてしまったので、新しいベルトを探しに東京駅の大丸の時計フロアに行ってきた。

※ 写真は壊れた方のベルト

 

散歩がてらオンワードのセールに行った

オンワードのファミリーセールが芝浦であったので散歩のついでに行ってきた。
今回は土曜日であるということと、場所がビックサイトからオンワードの倉庫?に変わった(ビックサイトの前はオンワードの倉庫でやっていた)ので、以前使っていたレインボーブリッジの足元にある駐車場に止めるという手はあったのだが、そもそも土曜日の午前中に予定が入っていて、朝一で出かけることができなかった。
朝イチでないと駐車場が混雑していることが予想されたため、電車で向かうことにした。

 

芝浦を目指すのには田町駅に行くのだが、今回は三田駅から歩くことにした。(三田駅と田町駅はすぐそば)田町駅からはオンワードのビルまでの循環バスが出ているのだが、そこそこ並んでいたのと歩いても大した距離では無いので歩いて向かうことにした。

軽くビジネスウェアを買い物し、今度はそこから東京駅の大丸を目指したわけだが、散歩をするのも目的の一つであるため、新橋-銀座-大丸と歩いて向かった。
午前中にオンワードのある芝浦に到着して、昼すぎには芝浦を出たが、お腹もすいてきたのもあってお店を探しながら東京駅へと向かった。

 

散歩しながら浜松町でラーメンを食す 

浜松町あたりで、食事のできそうなお店がいくつか見つかったので、向かって行くといい匂いがしていた。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13164970/

麺屋土竜(もぐら)というお店。
980円のチャーシューのたくさん乗っているつけ麺を食べたが、かなりのボリュームで、お腹いっぱいになった。魚介系の濃いスープだったがちょっと麺との相性がイマイチ。妻が食べたゆずつけ麺は細麺で、どちらかというとこの細麺の方がスープに合っている。麺を選べると良かったなと。(私が細麺好きだからかも)

 

ベルトを修理してくれた!

そんなこんなでお腹を満たしてからのんびり散歩をしながら(ポケモンGO PLUSでぽちぽちしながらw)大丸に到着した。
到着して時計売場の端にあるメンテナンスや交換ベルトを販売しているコーナーに行った。「以前ここで購入したベルトのループが壊れちゃって...」ということを伝えたら類似品で直せますよ。(しかも無償で!)と言われた。
いや、装着していたベルトはここで買ったものであることを伝えたからかもしれないがなんとも嬉しい提案!
しかし、ここに向かうまでに散々スマホで妻と次のベルト談義をした後だったので、直してもらうものの新しいベルトも買うことにwww

もともと装着していたヒルシュというメーカーのベルトがすこぶるよかったので、同一メーカーのベルトを買うことを考えていた。

ヒルシュのベルトの何が良いのか?

もともと装着していたのがジョージという商品。

HIRSCH GEORGE /ヒルシュ ジョージ(300M WR)|ヒルシュジャパン HIRSCH 時計革ベルト

簡単にいうと表面は革なのですが、裏面がゴムになっていて、肌に触れる部分が密着しすぎない。裏面がゴムとなっていて汗をかいても安心というのが一つ目のメリット!

もう一つは裏面がゴムだからか、ベルトが柔らかくて馴染みやすい。腕の太い方にはわからないだろうが、腕の細い私の場合はベルトが硬いと腕への馴じみが弱くベルトが硬い場合は時計が浮いてしまうのだ。しかもベルトが当たる部分が痛くなる...。
以前購入したモレラートのベルトはまさにベルトが硬く腕に合わなくて緩めに装着せざるを得なかった。装着感も悪くて見た目だけのベルトとなってしまった。
※ モレラート自体は良い革ベルトですが、腕の細い私には合わなかっただけ

 

ベルトは無償で直してもらったが改めてヒルシュのベルトを購入!

f:id:hato36:20171001174605j:plain

今回はこのロビーというモデルを購入。

HIRSCH ROBBY /ヒルシュ ロビー(300M WR)|ヒルシュジャパン HIRSCH 時計革ベルト

カーボンのような型押しのモデルも良いかなと思っていたが、この一瞬布っぽい雰囲気もあるこのロビーのブルーが明るい青に変わってしまうらしく、最後の一本ですという日本人の弱い部分を突き刺す営業トークで思わず購入。
 

f:id:hato36:20171001174708j:plain

質感が伝わると良いのだが、わかるだろうか?
一見布なのかナイロンのベルトなのかというカジュアルさがあるのだが革である。

f:id:hato36:20171001174640j:plain

ベルトの裏側はこんな感じ。
汗に強いのは見ていただければわかると思う。
そしてこんな感じになっているからこそ、ベルト自体が柔らかく肌に馴染みやすいのだ。腕周りだけで言えば女性並みに細い私でも全然ぴったり腕に装着できる。このベルトは汗に強いというよりもこの馴染みの方をアピールした方が良いと思う。
ヒルシュのこの手の防水?ベルトはきっとどれでも安心して装着できると予想されるので、手首が細い人にオススメだ。
私はクレドールを購入してからすでに三本目のベルト交換。(純正メタルベルト、モレラート、ヒルシュ ジョージ、ヒルシュ ロビー)
ベルトは安価に時計の雰囲気をガラッと変えてくれるアイテムなのでベルト交換はおすすめ。私のクレドールは文字盤が紺色なのでベルト選びも少し限定されてしまうが、例えば白色の文字盤の時計であればカラーはなんでも合わせやすい。後々のベルト交換を想定して腕時計を選ぶのも良いだろう。

 

私のおすすめ且つ安価な腕時計

ちなみに私が現在20台そこそこだったら、以下のような1万円もしない腕時計(セイコーが好きなのと、逆輸入モデルはなかなか良いものが多い)を購入して、メタルベルトから、おしゃれなグリーンとかブルー、レッドなどの革ベルトに交換して楽しむのが良いと思う。

[セイコーimport]SEIKO 腕時計 逆輸入 海外モデル SND363PC メンズ

[セイコーimport]SEIKO 腕時計 逆輸入 海外モデル SND363PC メンズ

 

ベルトを交換することで他人とも差が出ておしゃれ度もワンランクアップするし、何よりベルトが変わることで時計もワンランクアップする。若い方はスマホを持っていて腕時計なんて...と思うかもしれないが、腕時計はおしゃれには欠かせないと私は思う。