鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

OM-D E-M1 MarkIIの実機を見に行った

f:id:hato36:20171001175735p:plain

出典:https://olympus-imaging.jp/product/dslr/em1mk2/index.html

OM-D E-M1 MarkIIは私の行く範囲のカメラ屋さんには置いていなかった。
なので買おう買おうと思っても踏ん切りがつかなかったのだが、都内に遊びに行ったついでに新宿のオリンパスプラザ東京に行って実機を見てきた。

 

想像していたほど大振りではなかった

まず見た目だが、E-M5よりは大きくなるのは理解していたのだが、自分が思っているよりも大きくはなかった。
OM-D E-M1 MarkIIを検討するにあたって、一眼レフの中級機も見ていたからだとは思うがかなりコンパクトという印象。
もちろんE-M5 MarkIIなどと比較すると大きいのは否めないが、コンパクトであるのは間違いない。横に置いてあったPEN-Fはさらにコンパクトなのでそれはそれで魅力的なのだが、AF性能などにおいてE-M1 MarkIIが有利であることを考えると画素数は同じPEN-Fでいいや...という気持ちは少し薄れた。

 

ただ、コンパクトさを追求しようと思うとPEN-Fは最強だ。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

 

私が以前使っていたPEN LITE(初代)よりもコンパクトになるのかな?
何れにしてもメカメカしいボディにあのコンパクトさは機械好きにはたまらない。(私も改めてPEN-Fって良いなと思ってしまった)

 

さて、ようやくOM-D E-M1 MarkIIを触って係りの人に教えてもらいながらOM-D E-M1 MarkIIを触ったわけだが、驚いたことは大きく三点あった。

 

AFはやはり早い

AFはやはり早い。と言っても私の場合はOM-D E-M5との比較になるのと、置いてあったOM-D E-M1 MarkIIはいずれもPROレンズ(300mm、12-100mm)が装着されていたのでその影響もあるだろう。
それにしても、横でやっていたセミナーで薄暗いところに置いてあった鳥(の置物)を狙ったところ、迷うこともなく瞬時にピントが合った。
色々試していたら迷う場面やピントが抜ける場面もあったのは事実だが、それはどんなカメラでもありえる。
しかし、薄暗いところでも被写体をしっかり捉えられる性能はやはり野鳥撮りには必須の性能だ。
ただし!であるが、E-M5を使ってとりあえず野鳥が撮影できていて、普段カメラを持ち歩いている私にとってはコンパクトさも重要な要素だ。
そんな私が野鳥撮りよりも日常のコンパクトさに重点を置くのであれば、PEN-Fという選択肢は十分ありだと思った。(それぐらいPEN-Fも魅力的に見えた)

 

連写性能がすごい!

なんだか、チャップリンの古いフィルム映画を見ているような感覚で撮影ができてしまう。音や振動が全くなく、パチパチパチパチと連写ができてしまう。
性能ももちろんだが、それが静かで全部SDカードに保存できるの?と心配になるぐらい早い。

ただ、私は撮影後の写真整理が苦痛になるのが嫌なのと、連写って一枚一枚を撮影する楽しさをスポイルする気がしているので10枚/秒でも十分なので購入の決め手になるほどの要素ではなかった。
しかし、何かの機会に一瞬でも逃せない被写体があるとしたらこれほど心強い機能はないだろう。設定によっては毎回フォーカスを合わせに行っているらしいので、運動会などお父さんとしては失敗できないようなシチュエーションならばより高速な連写機能のあるE-M1 MarkIIは強い味方であることに間違いない。

 

プロキャプチャーモードがすごい!

Web上の説明を読んでいたので機能自体は理解していたのだが、実際にこの機能を使ってみると野鳥撮影時などには本当にありがたい機能だと思う。
なんとこの機能はシャッターボタンを押す前の映像も保存されているという機能になるのだが、それを係りの人がわかりやすく説明してくれた。

ファインダーに係りの人が持つ布切れを捉えてシャッターを半押しします。
布切れを手放したらシャッターを切ります。
(異常な反射神経がない限りまず写真で落ちる瞬間を捉えることは出来ない)
しかし、布切れを離す瞬間の写真まで保存されているのだ。

何が言いたいかというと、野鳥の飛ぶ瞬間なんてものは撮影するには常時連写でもしていないとダメだと思うのだが、飛んだ後にシャッターを切っても飛ぶ瞬間の撮影もできてしまっているということだ。
これはすごい。残念ながらPEN-Fには無い機能だ。
野鳥撮影で決定的な瞬間を撮りたい!と思う方には間違いなくオススメだ。
先の連写性能は不要だと思っているが、このプロキャプチャーモードはかなり魅力。
アップデートでPEN-Fにもつけてもらいたい(本気)

 

と大きくこの3点が私の気に入った点だ。(E-M5と比較してEVFがすごく綺麗で見やすかったのもかなりの魅力だが初代E-M5比なのでここでは除外)
正直OM-D E-M1 MarkIIの凄さはもっとあると思うが、特に私が気に入ったのはこの3点で、逆に気になった点が1点あります。

 

シャッターの半押しから押し込みなどの感覚が微妙

半押しの感覚やシャッターを切るときの押し込みの感覚が微妙。
おそらく今まで使ってきたどのカメラよりもストロークが長いように感じる。
感覚としては、「撮ろう!」と思ってシャッターを押してもシャッターが切れないことがあるという感じ。

これまでα200→PEN LITE→EOS 60D→OM-D E-M5→α7とカメラを使ってきた私にとって初めての感覚。シャッターが切りたい時にきれなかったなんてことは無かったので。これはたまたまオリンパスプラザに置いてあったカメラがそうなのかわからないが、もしそうだとすると耐久性に問題がある可能性もあると思った。
この点だけはちょっといただけないですね。
その点PEN-Fの方はそんな感覚は無かったのでOM-D E-M1 MarkIIだけの問題?特徴?になると思う。写真を撮る時には必ずシャッターボタンを押すわけで、それがイマイチというのはかなり大きな問題と捉えている。

 

結論としてOM-D E-M1 MarkIIを買うのか?

買おうと思って見に行ったわけだが、イマイチな点(シャッターボタン)がかなり気になっていて、踏ん切りがつけづらい。
慣れで解消できるような気もする。

ちょうど良いことにE-M1の中古の価格も少し下がってきたようなので、いつも通りカメラのキタムラの中古で買うことにして、心の上での購入のハードルを下げようと思っている。現在だと17万円前後だ。

PEN-Fのコンパクトさも魅力であるが、α7を手放さなければα7+Zeiss Biogonは十分コンパクトなので、PEN-Fで全てを賄うのではなく、やはり単焦点はα7にお任せし、ズームをマイクロフォーサーズでという使い方が良いのでは無いかと改めて思っている。
この理由も単純でα7(無印)は購入時の価格も低かったこともあり中古で売っても大した金額にはならない。大した金額にはならないが写りは十分な魅力を持っているので、そのまま保持してしまうのが良いだろうと思っている。

現時点ではこの考えで、そのまま購入という流れになる見込み!

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー