鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

お金って何だろう

f:id:hato36:20200622172620p:plain

お金って何だろう...
何歳まで働くのだろう...

そんな事を考えたある日。

そもそもお金を稼ぐ目的は...

  • 生活のため
  • 老後のため

等々色々あると思うが、実際のところだからいくらあればいいか?は分からない。
誰にも分からないのではないだろうか?
見たこともないし得たこともないx0億円あればとか極端な事を言えば、それも答えの一つになり得ると思うが、それはそれで現実的ではない。
60歳で1億円あったら十分?
60歳で5000万円あったら十分?

保険屋さんのホームページには老後に3400万円ほどあれば豊かな老後が...なんて書いてあったりしているが、それも住む場所によっては変わってくるのでは?なんて思ったりする。都内と田舎とではそもそも衣食住の「住」に関するコストが変わってくるし。

で、何を思ったのかというと、「現在年収xx00万円で、貯金がxx00万円。一体いくら稼いだら仕事辞めていいのかな?」ということ。
このストレス社会で体を壊すなんてことは楽しい老後どころではないし、貯金が少ないから最低でも65歳までは働いて...とか、もはや楽しい老後どころの騒ぎではない。
体を壊すまで働くのか!?ということ。

例えば、4000万円の貯金があって、先の3400万で十分なら600万ほど無駄に稼いだことになる。(私は子供がないので)
甥や姪に資産を分けてあげるという意味では喜ぶのかもしれないが、そこまでしてなぜ私が働くのだ?と思ってしまう。

むしろ、3400万円でいいのなら、それが溜まったところで仕事を変えて時間のある生活をしたほうがいいのではないか?とか思ってしまう。

私は登山(というよりハイキングか...)をやっている(最近は登ってないけどw)こともあって、四隅大輔さんの記事を目にすることが多い。

4dsk.co

4dsk.co

4dsk.co

その中でもこの記事(というかブログ)が一番好きだ。これ確かmac系の雑誌に書かれていたのを目にした気がする。

ここに書かれていることは会社でストレスを感じながらお金を稼ぐ...というよりも「生きている」という感じがする。
お金さえあれば住みづらいことはないし、むしろ何も考えないで生きていたと思うが、ふと時間が出来たので私にも魔が差したということかな。
いや、人間誰しも似たような事を考えているけど、そこに目を瞑ってレールの上を歩くようにだけしているのかなと...考えないようにしているだけなのかなと改めて思った。

また、極端に逆のところにいるのが与沢翼さんかなと。(ふとお名前が浮かんだw)
これまた面白い人生を生きてらっしゃる方で、お金というレールの上ではるか彼方にいらっしゃる方。これはこれですごい事で、とことんお金社会を突き詰めて登っているという状況。(結果というよりはまだ過程にいらっしゃると思います)

どちらにも共通して言えることは、自分なりの生き方を決めて実践されているということと結果を残しているということ。まぁ結果を残さない人は目にすることも無いから結果を残している人しか見ることはないわけだが...。

何れにしても50歳前にして人生について少し考えてみようと思う。

人生やらなくていいリスト (講談社+α文庫)
 
お金の真理

お金の真理