鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

モンスターボール PLUSをゲットだぜ

f:id:hato36:20181129230246j:plain

ポケモンGO PLUSが店頭から消えて久しくなりるが、後継となるモンスターボールPLUSを手に入れた。

 

ポケモンGO PLUSにモンスターボール PLUSを追加

ポケモンGO PLUSは持っているが、普段はモンスターボールの残量を見ながら使っている。妻と二人ともモンスターボールが多いようなシチュエーションもある。
そう言う場合はTL40の私が妻にポケモンGO PLUS譲るシチュエーションが多いが、TL40と言えど砂もないしモンスターボールを大量に持っていることもあって、ポケモンGO PLUSを使って楽にポケモン集めをしたいシチュエーションが多い。

そんなこともあって、任天堂 switchは持っていないが、このモンスターボールPLUSを買った。

f:id:hato36:20181129230452j:plain

 

モンボ PLUSとGO PLUSの違い

ポケモンGO PLUSはボタンを一度押しても捕獲やポケストップからアイテムを取り始めるのに時間がかかる。一回押しても反応しないことも多々ある。
しかし、モンスターボールPLUSは一度押せばすぐに捕獲やアイテム取得が始まる。
これは相当ストレスレスだ。

また、捕獲やアイテム取得がGO PLUSよりも早いので、信号を待っている間にその周辺にいるポケモンは一通り捕獲(もしくは逃げられる)できるし、ポケストップがあればアイテム取得まで終えることが出来てしまう。
これは非常に効率が良い! 

モンスターボール Plus

モンスターボール Plus

 

 

その他のメリット

モンスターボールPLUSはバッテリー内蔵型だ。GO PLUSのように大量に電池を買い込む必要もなければ電池交換ようのドライバーを準備する必要もない。

USB Type-Cで充電できるので、モバイルバッテリーとUSB Type-Cケーブルがあればどこでも充電ができる。そもそもバッテリーの持ちも良いので一日持つ。
ただし、都内などポケモンの多い場所だと一日持たないこともあったので、バッテリーの減りはポケモンやポケストップの量に依存することになる。
地方ならまず問題ないだろう。 

 

モンスターボールPLUSを使った結果

今までは200個のモンスターボールがあれば週末は大体乗り切れた。
しかし、モンスターボールPLUSはすごい勢いでボールを消費するので400ぐらい持つように変更した。代わりにハイパーボールは300近くまで減らし、スーパーボールは持たないようにした。
その結果、週末はモンスターボールで乗り切って、平日はモンスターボール集め+スーパーボールで捕獲する運用となった。
ハイパーボールが貯まりすぎるとハイパーボールも投げて貯めすぎないように意識し、極力モンスターボールを貯めるようにしている。

そもそもTL40でポケモンを懸命に捕まえるとか、ポイントを貯めることは考えておらず、緩やかに個体値100や色違いが取れたらいいなというレベルで遊んでいるだけなので十分だ。

捕獲率はGO PLUSと比較しても変わらない。ただ、先の通り捕獲スピードが速いので、結果的に捕獲数も上がっている。いつもの散歩コースを歩くと100匹程度になるのだが、120匹で帰宅した。2割増しという結果だ。
もちろんその分ボールもいつもより多く減っている。
地方では大きく変わらないだろうが、ジムやポケストップが多く、ポケモンが大量にいる場所であればモンスターボールPLUSを購入することで、GO PLUSよりも多くの捕獲ができるだろう。

 

難点はモンスターボールPLUSの大きさ

ポケモンGO PLUSと比較してモンスターボールPLUSは大きいのでとてもランニング中に持ち歩けない、散歩の時でも手から溢れるほどの大きさがあるので、ポケットに手を入れることのない夏場は厳しい。

ダウンやフリースを着る冬限定のアイテムとなりそうだ。

ただ、便利なことは間違いないし気にならない人は手に持って歩けば、アイテムも沢山溜まるしポケモンも沢山捕獲出来る。(ポケストップやポケモンが沢山あるところならば...)

 

追記 モンスターボールは持ち歩きづらいが目立たせない方法はある

大きさの影響で持ち歩きづらいのは間違い無いのだが、目立たせずに持ち歩く方法はある。

夏場の持ち歩き

夏場は汗をかく。ここがポイントなのだが、ハンドタオルの中に包んで持ち歩けば目立たずにモンスターボールを持ち歩きながらポケモンGOをプレイすることができる。
私はここ2年ほど同様の方法で目立たずにポケモンGOをプレイしている。

ハンカチだとモンスターボールの厚みが明らかに不自然になるので、ハンドタオルを四つ折りにしてその中に入れ、それをまるっと手で握るような感じにすると違和感がない。

冬場の持ち歩き

冬場は手袋だ。いくつか手袋は使っている。ビジネス用、ランニング用、普段用などなど。この普段用がさらに私はいくつかあり、散歩用と言うのがある。
この散歩用にユニクロのヒートテック手袋を買った。少し大きめのものを買うと、手袋の手のひらの中にすっぽりモンスターボールを入れることができるのだ。
あとはボタンの位置をなるべく手をグーで握る際に指の当たる位置にずらしておけば、目立たずにモンスターボールPLUSを使うことができる。

手袋は毛糸のものなどのほうが伸びて良いと思うかもしれないが、モンスターボールPLUSは捕獲時にLEDが点灯するため、薄手のものは手のひらがピカピカ光ることになってバレてしまう。
なので、ヒートテックの厚手の手袋を大きめで購入するのが理想的だ。

最近は冬場のランニングでも、ヒートテックではないがランニング用の手袋(伸縮性が高いミズノ製のもの)の中にモンスターボールPLUSを入れて走っている。これでも全く目立たず問題ない。いずれにしてもLEDが透けないというのがポイントだ。

 

追記 ポケモン ソード・シールドとの連携

モンスターボールPLUSを使ってポケモンGOをプレイすると、ソード・シールドにもメリットがあります。そのメリットがハンパありません。

ランクマッチをする人ならば、複数のポケモンのレベルを上げて、技を覚えさせていると思います。その際に、レベルを上げることができるアイテム「ふしぎなあめ」がたくさんあったらどうでしょうか?かなり楽になると思います。

それがポケモンGOを楽しみながら実現できるのです。
両方プレイしている方ならやらない理由はありませんよ!

ポケモン剣盾 「ふしぎなアメ」の効率的な集め方 - 鳩ブログ