鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

iPhone用バッテリーケースは非常に便利

f:id:hato36:20181031214504j:plain

iPhone7用のバッテリーケースを購入して数週間が経過した。
改めてバッテリーケースについて書きたいと思う。

 

バッテリーケースはiPhoneをお使いの全ての方にオススメしたい

まず、iPhone XやXS、XRを使っている全ての方にオススメしたい。
私のはmophieのものでなおかつiPhone7用であるが、iPhone X、XS、XR用も別メーカーからバッテリーケースが発売されている。XやXSはApple純正もある。

 

改めて便利さを解説

全てはケーブルレス!これに尽きる。
通常丸一日スマホを使うようなシチュエーションの時はiPhoneとモバイルバッテリーとそれを繋ぐための「ケーブル」を持ち歩く。
もちろん、利用時間が長いことを考えると、バッテリーも容量が大きく重いものを持ち歩く必要がある。

本体のバッテリーが無くなったらiPhone - ケーブル - バッテリー という形で接続し、重いバッテリーを本体に重ねてもつか、カバンにバッテリーをしまっておき長いケーブルをブラブラさせて持ち歩くことになる。
これが非常にストレスだ。

満員電車の中でケーブルをブラブラさせるのは引っ掛けてしまうリスクはもちろん、周囲の人に迷惑をかける可能性もある。

これがバッテリーケースを持っていると、どう言う使い方になるか説明する。
iPhone本体のバッテリーが無くなるまでは、ケースを装着しないのがオススメ。
本体のバッテリーがなくなったらiPhoneにバッテリーケースをかぶせ充電を開始する。
充電がいっぱいになったら再びバッテリーケースを外すだけ。これだけだ。

さらに、バッテリーケースのバッテリーが無くなる状況になった場合は、バッテリーケースをカバンの中で別のモバイルバッテリーから充電すれば、再びiPhoneのバッテリーが無くなってもバッテリーケースを使って充電できるようになる。 

私はこんな使い方をしている。

 

 

実際にどれぐらい持続するのか?

私は朝からポケモンGOを楽しむことがある。
iPhone7(バッテリー容量は最大88%)を朝9時からつかって、だいたい昼前には一旦空0%に近くなる。そこでバッテリーケースを装着する。
大体80%ぐらいまで回復する。
そこからさらに3〜4時間使っている間に、モバイルバッテリーを使ってバッテリーケースも充電が復活する。

再度モバイルバッテリーからiPhoneを充電すれば、一日中外出でも全く問題ない。
大型のモバイルバッテリーを一つ持って歩いた方が軽量でいいと言う発想もあると思うが、ケーブルレスで使えるのがポイントだ。


モバイルバッテリー側の容量を上げればもっと長い時間の運用も可能だ。

 

ケーブルを装着してスマホを使っていると、いかにもポケモンGOしている(もしくはドラクエウォークをしている)と見えている気がするので、敢えてのケーブルレスでスマートかつ快適なポケモンGOライフを過ごして欲しい。

モンスターボール Plus

モンスターボール Plus

 
Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)